2019年9月29日 更新

【京都街角ぶらり】縦横無尽に古都を走る市民の足!進化し続ける『市バス』を集めました☆

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都市内を走る、市民の足でもある京都市営バス『市バス』。最近は進化の一途、その機能的バリエーションも増えています。

進化し続ける市バスを集めました!

 (164897)

京都市内を縦横無尽に走る、市民の足であり、多くの観光客も利用する京都市営バス。通称『市バス』。

つい先日、円町交差点で通り過ぎる市バスを撮影しようと一眼レフカメラで待ち構える『撮りバス』グループに遭遇。内心、市バスにそんなビジュアル的バリエーションあるわけないやろ、と思ってそれ以降注意して市バスを観察すると、意外と車両や行先表示に違いあり。

で、私もスマホではありますが、撮りバスしてみることに。
お馴染みのうぐいす色に緑のラインをあしらったデザイン。個人的にミドリスキーなので気に入ってます(笑)
 (164898)

とりわけ市バスが行き交う、四条烏丸でバスを待ち構えます。

保有車両数は平成29年3月18日時点で808両。その内訳はノンステップ型776両、ワンステップ型32両。現在はもっと増減あるかもしれません。また保有車両数808両の内、低公害・低燃費車両796両 (内,60両はハイブリッドバスと重複)、 その他12両となっています。
 (164899)

ハイブリット車はこんな風に天井部分に「Hybrid」と涼しげなブルーで表示。

車両導入メーカーはいすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、日野自動車、日産ディーゼル(現在のUDトラックス)の国内4メーカー。外国メーカーは一切導入していないそうです。
 (164896)

さらに行先表示ですが、一般的には昔から導入されている表示幕が回転するタイプ。
最近では電光掲示板タイプも登場し、それも2色のものとフルカラーとあります。こちらは2色タイプ。
 (164900)

電光掲示板タイプはLED表示になってますが、どういうわけかスマホ撮影だと文字化け(汗)
 (164907)

 (164908)

さらにこちらはLED表示のフルカラータイプ。これも文字化け(汗)
連続点灯してないってことですかね。扇風機が回転してる時、まるで羽が止まっているように見えるけど、ちゃんと回転してるみたいな。例え、これでよかったですかね(笑)
 (164903)

さらに、入り口もツーステップ、ワンステップ、ノンステップ車があり、こちらはノンステップ車。よりフラットになり、最近では車椅子の方やベビーカー、さらには高齢者の手押し車乗車も増えました。その都度運転手さんも介添えされてたり。昔とかなり変わりました。
 (164901)

 (164902)

 (164906)

京都の公共バスはどこも後ろまたは真ん中から乗車して、前で運賃を払って下車する後払い方式ですが、最近増えた急行バスでは前乗り先払いで真ん中から下車する方式。

個人的にはこの方式のほうが下車する時にお財布忘れた!みたいなことにならずに済むのでうれしいですが、市バスは区間で料金が違う系統もありますから全車両統一は難しいのか。
 (164904)

 (164905)

あと、岡崎エリアではこんな小型の巡廻バスも。ロームシアターやみやこめっせ、美術館や動物園など、主要スポットを回る系統。

こうして少し調べただけでも、そのバリエーションいろいろあり。普段あまり気にもとめずに利用してましたが。その変遷にも歴史あり。そんな視点で市バスを観察してみるのも面白いですね。

京都市営バス へのツイート

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers