2018年4月6日 更新

京都を満喫する「都をどり特別展」開催中!舞妓さんによる京舞や名店の特製弁当あり!

京都に春の訪れを告げる「都をどり」と同時開催、祇園甲部歌舞練会では、芸舞姑さんによる京舞や、歴史写真展、草間彌生の作品展などが実施されています。会期は4月末まで。

京都らしさを凝縮した祇園甲部歌舞練会

 (119905)

京都祇園の中心部、花見小路にある祇園甲部歌舞練場。京都に春の訪れを告げる祇園の風物詩「都をどり」、祇園甲部歌舞練場は耐震調査中のため、今年も京都芸術劇場春秋座(京都造形芸術大学内)に舞台をうつして公演が行われています。
 (119908)

その歌舞練場では、都をどり特別展「祇園 花の宴・草間彌生・花の間展」、また「昭和の祇園街」「祇園の四季ごよみ」をテーマにした写真展なども2018年4月10日まで行われています。
 (119906)

昨年、話題になった水玉かぼちゃも再登場!桜との共演も絵になります。
 (119907)

祇園甲部歌舞会とフォーエバー現代美術館の共催にて開催。
開館時間は10時~18時、観覧料は一般1500円、中高生1000円になっています。
 (120130)

都をどりと祇園町の歴史をめぐる写真家 溝渕ひろし氏の写真展も実施中です。

草間彌生の世界観を堪能

 (119910)

フォーエバー現代美術館では、特別企画として「草間彌生・花の間展」開催中です。
基本的には撮影禁止ですが、今回は特別に撮影させて頂きましたので、少しご紹介いたします。
(一部、撮影可能エリアあり)
 (119909)

貴重な初期作品から2000年代までの29点の作品がご覧頂くことができ、
草間彌生の作家活動の軌跡を楽しむことができます。
 (119911)

2階の展示室の花の間では、花をモチーフにした作品が47点公開されています。

芸舞姑さんの雅な京舞

 (119919)

1日5回、芸妓さん、舞妓さんがミニ舞台で舞を披露されます。
11時半、13時、14時半、16時、17時、各回10分程度。
 (119916)

この舞を見るだけでも、観覧料の価値はあります。
雅な舞を楽しんでください。
また500円の有料にはなりますが、芸妓さん・舞妓さんとの記念撮影も実施されます。
(整理券配布。17時の舞はをの除く)
 (119917)

2階のお食事席ではゆったりと京都を代表する名店の特製弁当(3000円)を頂くことができます。

お弁当の注文は、先着順・完全予約制、
辻留、中村楼、萬亀楼、竹茂楼、平八茶屋、瓢亭、菱岩といった名店のお弁当が日替わりで用意されます。
またビールや日本酒といった飲み物を注文することができます。
 (119922)

お食事席には、舞を終えた芸舞妓さんがまわってこられることもあります。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

【京都春イベント】水玉カボチャ再び!京料理の特製弁当や芸舞妓の舞も!都をどり特別展☆「祇園花の宴」「草間彌生花の間展」

春を彩る祇園の風物詩『都をどり』と同時開催として、祇園甲部歌舞練会では、祇園甲部の京舞、都をどりと祇園町の歴史写真展、庭園を眺めながらの食事が楽しめる「祇園・花の宴」と花をモチーフにした作品展「草間彌生・花の間展」を実施。内覧会に行ってきました。
とろける口どけ☆イタリア仕込みの技あり和パフェ★ぎおん楽楽(らくらく)【京都祇園】

とろける口どけ☆イタリア仕込みの技あり和パフェ★ぎおん楽楽(らくらく)【京都祇園】

祇園で話題の伊と和が融合した和パフェ。 座敷のお席ではんなり、ジェラートの爽やかさときな粉の風味でトレビアーンなひと時を。
毎年恒例!知恩院の風変わり行事「ミッドナイト念仏IN御忌」夜通し木魚をたたき、念仏を

毎年恒例!知恩院の風変わり行事「ミッドナイト念仏IN御忌」夜通し木魚をたたき、念仏を

毎年恒例、知恩院の三門で行われるミッドナイト念仏。夜通し、木魚をたたき、念仏を唱える、そのインパクトの強さに、年々参加者が増加しています。
【京都朝活観光】早起きは三文の徳!京都最古の禅寺で朝活!!無料体験の坐禅会☆「建仁寺」

【京都朝活観光】早起きは三文の徳!京都最古の禅寺で朝活!!無料体験の坐禅会☆「建仁寺」

四条花見小路を南へ。京都最古の禅寺として知られる建仁寺。そこで毎月第二日曜日に行われる坐禅会。参加してきました。
祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

多くの飲食店がひしめく激戦区、祇園エリア。美味しいご飯やお酒を楽しんだあとは、〆がほしくなりますよね。今回ご紹介するのは、お昼から深夜4時まで営業しているミヤタヌードルさんです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部1号 Kyotopi 編集部1号