2021年8月12日 更新

【道の駅】『お茶の京都』が誇る抹茶スイーツや農産品満載☆「お茶の京都南やましろ村」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府相楽郡南山城村にある『お茶の京都』が誇る道の駅。店内にはお茶にまつわる商品が多数並び、レストランやスイーツでもお茶を使ったメニュー豊富。

『お茶の京都』が誇る道の駅

 (210551)

京都府相楽郡南山城村。お茶処として知られる場所。この日は観光途中、まだ一度も来店したことのない道の駅を見つけ、偵察にやってきた『お茶の京都南やましろ村』。

 (210550)

この辺りは、京都府と奈良県と三重県の府県境。ちょっと不思議なんですが、すぐ最寄りにあるJR駅は『月ヶ瀬口』。月ヶ瀬というと奈良の地名という印象ですが、この駅の住所は京都府(笑)そんなフュージョン的場所でもあります。
 (210552)

駐車場には、こんな自転車スタンドもあります。山城地域はサイクルロードが充実していることで自転車乗りの間でも有名な場所。『茶いくるライン』という、日本遺産をめぐるサイクリングルートもあります。
 (210553)

今回は利用しませんでしたが、館内にはレストランもありお茶の産地にちなんだメニューも目白押し。抹茶スイーツや氷菓もあります。

レストランでは平日8時~、土日祝日7時半~営業で朝食も提供されています。
 (210554)

 (210555)

 (210556)

店内には季節の野菜が並びます。この時すでに昼過ぎだったので品薄ですが、ルバーブなど面白い野菜もあります。
 (210557)

お茶の一大産地なので、もちろん緑茶も各種。
 (210558)

 (210559)

冷凍庫には抹茶アイスやロールケーキ、さらにお茶を使用したソーセージも。抹茶ソーセージって珍しいですね。ほうじ茶は絶対ソーセージに合うと思います(笑)
 (210560)

もちろんペットボトルでお茶も販売。あとトマトの産地でもあるのか、トマトジュースもありました。
 (210561)

お茶のチューハイも。ノンアルのフツーのお茶かと間違えて買ってしまいそうですが(笑)
 (210562)

 (210563)

 (210564)

三重にも近い近いということで、三重県産の商品も。こちらは銘酒『るみ子の酒』の酒蔵・森喜酒造場の酒粕や伊賀にある愛農高校養豚部の手がけたベーコンやハムも販売。
 (210565)

で、今回は旬の夏野菜である冬瓜とプチトマト、オクラを購入。
 (210567)

さらに、こちらを購入。抹茶プリン『むらちゃプリン』400円。道の駅お茶の京都みなみやましろ村の一番人気商品なんだとか。抹茶とほうじ茶の2種類ありましたが、抹茶チョイス。
 (210568)

京都府南山城村の上質な抹茶「春摘みオクミドリ」だけをたっぷりと練りこんだ濃厚プリン。さらに三重の北川牛乳の濃厚牛乳を使用し、無添加手づくりのプリン。食べてみると、まさしく濃厚で乳脂肪分の濃厚さに負けない抹茶の風味やコクが楽しめ、かなりリッチな味わいの抹茶プリン。一番人気なのもうなずけます。

お茶好きなら立ち寄りたい道の駅。遠出の際にはぜひ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:道の駅お茶の京都南やましろ村
場所: 京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
電話:0743‐93‐1392
営業時間: 9:00~18:00
定休日:不定
公式サイト:https://michinoeki.kyoto.jp/#

22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事