2016年9月5日 更新

地元に愛されて約70年!“京都人の国民食”『カルネ』だけじゃない!!調理パン充実☆「志津屋」【河原町三条】

言わずと知れた老舗パン屋。全国版のテレビ、雑誌にも頻繁に登場し、看板商品「カルネ」は名物。だがしかし、カルネ以外の調理パンも充実。

京都市内のそこここにあるふだん使いの老舗パン屋さん

 (53110)

パン屋さんの多い京都ですが、こちらも何気に古いお店。昭和23年創業なんで、70年近くになりますね。志津屋といえば、地元民には超おなじみ。店舗数多く、スーパーや地下鉄構内など至るところで見かけます。
そして、こちらは三条店。三条河原町沿い。
 (53099)

志津屋といえば、やはりおかず系調理パンがお得意というイメージ。そして、志津屋の看板商品といえば「カルネ」。ロングセラーパン。シンプルな飽きのこない味わい。
 (53100)

いつも好きな商品しか眼中になかったんで、気づきませんでしたが前からあったんですかね。タマゴサンド好きとしては、そそるビジュアル。こちらは『ふんわりオムレツサンド』。まあ、広義でタマゴサンドです(笑)こちらも定番。京都らしいビーフカツサンドとミックスのも。これはビールのアテにもなりますね。
 (53101)

ジャンボカツサンドやジャンボハムあたりを学生の頃食べてたなぁ~と。けっこう商品も改廃されたんですかね。今ではない商品もあるのかな。

イートインスペースもあり

 (53102)

というか、完全にカフェなんですかね2階(笑)作りたて出すみたいですね。パン屋さんならではなサンドイッチやバーガーメニュー。カルネのリッチ版みたいなのもあります。
 (53104)

で、イートインスペースは1階奥。店内にある商品をトレーに乗せ、ワンドリンク制で飲み物チョイスして会計。パンは温め可能ということでお願いすることに。
 (53103)

席確保してパンを待つ。

かなりなボリューム!ふんわりオムレツサンドとカルネ

 (53105)

今回はこちらを注文。ビジュアルにやられました。見るからにふんわりなタマゴサンド。いや、ふんわりオムレツサンド。
 (53106)

デカイです。オムレツ
 (53107)

調理パンとはいえ、中がちょっと半熟気味。食べると、マーガリンとマヨネーズが効いてる喫茶店仕様のサンドイッチ。シンプルにスライスきゅうりも挟まれて。パンはトーストされてて、ちょうどオムレツのふわとろ感と対称的な歯ざわりがいい。
 (53108)

そして、カルネ。ちゃんと器に入れ替えてくれてます。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

言わずと知れた老舗パン屋。全国版のテレビ、雑誌にも頻繁に登場し、看板商品「カルネ」は名物。今回はイートイン利用でさらにリッチなカルネや玉子サンドを発見。行ってきました。
【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

4月12日、新京極商店街にオープンしたコッペパン、揚げパンの専門店。関西では初出店となるコーヒーチェーン『ドトールコーヒー』の新業態。焼きたて、揚げたて、作りたてのこだわり。いただいてきました。
京都の紅茶専門店で絶品ローストビーフサンドを「ザ・スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」

京都の紅茶専門店で絶品ローストビーフサンドを「ザ・スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」

四条烏丸エリアの人気紅茶専門店。こちらで頂ける絶品ローストビーフサンドウィッチ。エレガンスなヴィンテージ空間で豪快フードに舌鼓。
きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

出町柳にて常連客のみならず若者のこここをキャッチして離さないない自家焙煎珈琲店。左京区カルチェラタンの象徴的名喫茶店です。
鮮やかブランドカップでリッチモーニング『エイト珈琲店』【京都市役所前】

鮮やかブランドカップでリッチモーニング『エイト珈琲店』【京都市役所前】

寺町通りの老舗喫茶店。キャビネットには正統派喫茶店ならではの高級ブランドカップがズラリ。写真映えも間違えなし、アンティークカップで頂けるワンランク上のモーニング。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな