2018年3月3日 更新

京都西エリアに!☆とびきりオシャレな自家焙煎珈琲店がオープン☆「SHIGA COFFEE」(シガコーヒー)【西七条】

この界隈のイメージからすると、飛び抜けて目立つオシャレなエクステリア☆入念な準備期間を経て3/1オープンされた「SHIGA COFFEE」(シガコーヒー)さん☆とびきりオシャレなお店ですが、ホントの魅力は違う部分にありました☆

このエリアでは際立つセンス

 (117028)

御前通り七条上ル

最初に見たときは夢かと思いました

何かオシャレっぽい場所があるなぁ、と思って通り過ぎたけど戻って見てみたら「COFFEE」の文字が…
いや、びっくりしました

失礼ながら、それほどに期待感の無い場所でしたから(あくまで個人のイメージ)笑

いわゆるナチュラルテイストの、いまどきのカフェからするとそれほど珍しくも無いのですが、
この場所だととにかく目立つ!(笑)

いや、びっくりしました
 (117029)

 (117030)

でもホントの魅力は別にあります

 (117032)

何と言ってもこのこのご夫婦でしょう

満面の笑顔で迎え入れてもらえます

初めてのご出店だと思いますし、まだまだぎこちなさ満載ですが(苦笑)
真面目な仕事っぷりは誠実な人柄がうかがえますね

このご夫婦がつくる、なんともいえないほがらかな雰囲気
これこそがこの地にピッタリなんだと思います
 (117034)

 (117033)

 (117037)

珈琲は中深煎りと深煎りのブレンドが2種
シングルオリジンは6種用意されています

いずれも中深煎りから深煎りで、浅煎りのタイプは無し

カップはちょっと珍しいファイヤーキングのガラス製
トレイはグラスファイバーの模様が見えるキャンブロカムトレー という組み合わせ
アメリカンビンテージなイメージですね
 (117040)

 (117038)

スイーツは奥様担当

優しいスイーツって表現があるんですね(笑)
 (117039)

ホットサンドは3種類あります

バウルーの直火式ホットサンドトースターで

写真はホットドッグ風
 (117043)

 (117041)

すでに結構話題になっているようで、混み合ってきてるみたいですね

10席のキャパ、珈琲はすべてハンドドリップですから大変です

格好よさに惹かれてしばらく混み合うかもしれませんが、
ほのぼのした雰囲気でゆったりくつろげるお店であってほしいもんです ♪
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

恐らく全国的に知られている京都で一番知名度の高い老舗珈琲専門店。創業1940年。昔スタイルのコーヒー『アラビアの真珠』は今も地元年配客に絶大な人気でイノダの看板コーヒー。今回はスイーツを求め、行ってきました。
三代目は渋めに男前珈琲店☆絶品のキーマカレーに大注目!☆「BLOOM COFFEE」(ブルームコーヒー)【東本願寺】

三代目は渋めに男前珈琲店☆絶品のキーマカレーに大注目!☆「BLOOM COFFEE」(ブルームコーヒー)【東本願寺】

ソルムカフェから始まって、カフェポルボロン、いずれも女性店主の人気カフェだったこの場所に、初めての男性店主がカフェをオープンされました☆今度は自家焙煎珈琲店として、引き続き期待度大のお店です☆☆
珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

個性的なお店が立ち並ぶ西陣・鞍馬口通りですっかり馴染んだ感じで佇むお店「自家焙煎珈琲ガロ」さん☆北山で1977年にオープンした後、2004年に現在の場所へ☆行き着いた場所はは珈琲通だけのためのお店ではなく、故郷を感じさせる優しいお店でした☆
京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

自家焙煎の珈琲、お洒落で美味しいフード、癒しの空間…カフェとしての魅力はいろいろですが、長く続く人気のカフェというのは言葉では表現出来ない何かが…あるんですよね☆こちらもそういうお店です
喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

三条河原町の交差点のビル5階。究極の隠れ家は街中の喧騒からエスケープ、そして紡ぎ出されるリッチネスな珈琲処をご紹介。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し