2019年8月20日 更新

※閉店 銀閣寺白川に!注目の宮城県南三陸町産のさば出汁ラーメン☆「さば祭」

※閉店しました。 銀閣寺白川通り沿いに9月8日オープンしたラーメン店。京都ではまだ珍しい南三陸町産のさば出汁ラーメン。すでに注目度大で平日から行列もできるほど。行ってきました。

らーめん川藤屋の跡地に9月8日オープン!

 (133264)

白川通りを北へ。ちょうど白川との交差する場所。以前、元阪神タイガーズの川藤選手の看板が印象的だった「らーめん川藤屋」跡に新しいラーメン店がオープン。
 (133265)

SNSで知り合いが紹介していて、さばラーメンてちょっとインパクトあるな、と思い気になってやってきました。
 (133268)

早めの入店で店内撮影できるかな?と思ったら、すでに注目度高いのか11時半で満席に近い状態。私が入店して以降外に行列も。意外と年配の女性の入店も多かったです。魚出汁系のラーメン店でそういう光景によく出会います。

開店祝いのお花も飾られていました。
 (133267)

カウンター12席でわりとこじんまりとした店舗。壁には宮城県南三陸町の漁師が写るポスターがたくさん飾られ、 宮城県、南三陸町産のサバ節をふんだんに使ったラーメンであることをアピール。

こちらは「幸せの100円パン職人」「祇園HIGUCHI」などの飲食店を運営する株式会社 E・Mコーポレーショングループの新業態。

 (133266)

メニューはこちら。
まだ公開されてないものもありますが、今回は鯖鯖さばラーメンを注文。ふだんは690円なんですが、14日までオープン記念で1杯500円に。プラスとろとろ半熟たまご100円をつけて。
 (133269)

カウンター上にはさば缶が。
 (133270)

お店オリジナルの味噌煮込みさば缶。持ち帰り用ではなく、店内でトッピング材として販売されてるみたいです。ラーメンやご飯に乗せて。
 (133271)

ほどなくして鯖鯖さばラーメンが登場。正直、もっとあっさり系を想像していましたが、見た目からしてこってりな雰囲気。
 (133272)

まずはスープ。塩豚骨系で背脂がふんだんに入っています。
 (133273)

こちらがさば節。塩とんこつスープと混ぜることで、キリリとしたさばの旨味、コクが加わり、スープの輪郭がはっきりします。
 (133274)

麺は細ストレート麺。とても食べやすい、万人受けする麺。九州の豚骨ラーメンのようなイメージですかね。
 (133275)

玉子。半熟とろとろということでしたが、わりと固めでした(笑)
 (133294)

チャーシューもとろとろでとろける食感。脂の甘みも感じる。
 (133276)

スルスルと食べすすめ、最後までスープ飲み干し、さばの魚粉もいただいて完食完汁。

さば出汁というあっさりイメージで臨みましたが、実際はこってり系で男子ウケよさそうなガッツリタイプ。京都人は鯖好きが多いですから、注目度高いのも頷けますね。

ヨ~イヤサ~♪

さば祭 への口コミ

詳細情報

※閉店しました。
住所:京都市左京区浄土寺下南田町31
電話番号:075-771-9000
営業時間:11:30〜15:00 /17:30 〜スープが切れ次第終了
定休日:年中無休
公式サイト:https://saba-matsuri.com/shop/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな