2018年10月17日 更新

【哲学の道】銀閣寺の新定番 クマさんふわとろオムライス cafe &bar bear【カフェ&バーベアー】

凛とした静けさに包まれる銀閣寺の山麓で こんな、ふわとろオムライスはいかが?

くまの世界への誘い

今出川通り、銀閣寺へ向かう道沿いにある
cafe &bar bear。
こんなにくまを押している飲食店はないんではないかというくらい、気概を感じるディスプレイ。

今回は凛とした静けさに包まれた銀閣寺の山麓でひっそりと生息するくまたちに迫ります。
 (83966)

素通りできぬベアーマジック
老舗感漂うこじんまりした店内。
カウンターに鎮座するくまのカップルを皮切りに、メジャーなくまからマイナーなくままで
キュート&ラブリーなベアワールド。



しかしながら、オールドアメリカンなヴィンテージグッズやバックに流れるなんともムーディーなしっとりJAZZ。
 (83970)

可愛らしらを見せつつ、意をつくアダルティな一面。
このギャップ惚れてまうやろーーー!(笑)

趣向を凝らしたメニュー

 (83972)

ギンガムチェック❤︎
 (83974)

こちらはシグネチャーメニュー
メニューはトーストやスパゲティ、ご飯もの、各種ソフトドリンク、アルコールなど充実のラインナップ。
こちらのシグネチャーメニューはオムライスとカレーとみた。
 (83976)

くまの哀愁漂う背中を眺めつつ、そして通りの修学旅行生の好奇な眼差しを感じつつ、
私はお目当のオムライス(お味噌、サラダセット)をチョイス。
 (83979)

サラダのボールはパールの輝き
まずはお味噌汁、サラダがサーブ。
お味噌汁はわかめとお豆腐の定番具材。
サラダはコールスローにトマト、レタスなどなど。
パールの輝きを放つオーロラの器に目がくらみます(笑)

眠れる森のくまよ

 (83980)

窓辺にいた幸せの黄色いクマの親子と共に

窓辺にいた幸せの黄色いクマの親子と共に

程なくお出ましになった
ベアーオムライス。
ピンクのお花を描いた円形のお皿のデザイン。
まるで童話の眠れる森の美女ならぬ
花畑のなかに眠れる森のベアー。
瞳を閉じ、悟りを開いたかのような穏やかな表情に
崇めたくも今から食す複雑な気持ちを抑えます。
まじまじとお顔を拝見し、
またシミひとつない、そのきめ細やかなそのお肌にため息です。
 (83985)

このアングルもたまらない(笑)
 (83986)

掛け布団に見立てた卵を除くと以外とスレンダーな首筋、デコルテがお目見え。


卵は外ふわっふわ、中は半熟とろとろ。
卵のみでもおかずとしていただきたいティスティエッグ。
こんな軽やかさ、高級羽毛布団に間違いないですね。


ケチャップライスの
頭部はしっかりと形作られ、想像以上に量感あり。
脳味噌のつまったなかなかクレバーなくまさんですね。
 (83988)

お水はボトルでたっぷりサーブ。

パッチワークの手作り感あるコースターがまたラブリー。
I am チャーリー★

I am チャーリー★

帰りにスタッフさんとご主人とこのくまさんの秘密を少しお話。
こちらのケチャップライスは
鳥もも肉のミンチと玉ねぎをいれているそう。
通りで柔らかな口当たりだったのですね。
彼の名はチャーリー、そして名誉店長という役職だとか?!

パフェにも拘りがあるそうでメインのくま型のチョコには
生チョコとホワイトチョコで作られたオリジナルベアだそう、
そしてコーヒーも自家焙煎しておられるそうです。

銀閣寺のお供はベアーで決まり

最近のおすすめはハニートーストなんだとか。
だって…クマさんだからさ。。。☺

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen