2019年6月1日 更新

【焼肉】その日に仕入れた厳選のお肉を提供・京都ぐら【西陣】

千本中立売を下がったところにある「いい肉しか出さない」というこだわりの名店・京都ぐらをご紹介します。

”この肉にこだわる”の文字通り厳選して入荷した肉のみ

カウンターに座るとまず目に入ってくる

カウンターに座るとまず目に入ってくる

この日は連れと二人で来店。カウンター8席ほど、大テーブルには家族連れなどが数組と
なかなかにぎわっており、店長と学生バイトと思しき青年が二人、カウンターの中外を
走り回っており、なかなか忙しそう。
カウンターに通され、まず目に入ってくるのが壁にでかでかと書かれた「肉にこだわる」
の文字。これは手書きかな?

京都市バス「千本中立売」で下車し徒歩数分。
商店街の中にひっそりとその店はあります。
外からは中が見えず、最初はちょっと入りづらい雰囲気がありますが
のれんをくぐると、和やかで落ち着いた雰囲気のあるお店でした。

お肉やお酒はもちろん、内装・食器まで、店主のこだわりが随所に垣間見られます。

単品メニューと、コース(2500円、3500円、4500円)の中から、今回は
3500円のコースをチョイス。

キムチ3種、手作りナムル3種、前菜2種、お肉7種、ぐらサラダ、ホルモン4種
白ごはんorテールスープ茶漬け、デザート
という内容。
サッポロ黒ラベル

サッポロ黒ラベル

まず一杯目はビール。
黒ラベルを置いているのもうれしいですね。
壁のメッセージ

壁のメッセージ

”おいしいのではありません。おいしい肉にこだわったのです”と店長のメッセージ。
手作りのお皿

手作りのお皿

開店準備中に数カ月 山にこもって、自らの手で焼いたそうです。
「ただ、一つ一つ形が違ってて重ねたりも難しいみたいでバイトの子とかが割っちゃって
だいぶ少なくなっちゃいました」と店長苦笑い。
営業始めるとなかなか、焼きに行く時間もないですよね~。落とさないよう気をつけよ。
ぐらサラダ

ぐらサラダ

一品目は色とりどりの野菜の入ったぐらサラダ。
別添えのドレッシングをかけていただきます。
キムチ三種盛り

キムチ三種盛り

ナムル三種盛り

ナムル三種盛り

レモン・たれ・わさび

レモン・たれ・わさび

この辺りにも他の焼肉屋さんとは一味違う、こだわりを感じますね。
お肉4種盛り

お肉4種盛り

最初のお肉4種盛り。
厚切り牛タン、豚バラ、鳥せせり、ウィンナー。
鉄板で焼いていきます。

鉄板で焼いていきます。

いい感じに焼けます。網交換もこちから言わずとも店員さんが
ちょっと早いくらいのタイミングで変えてくれるので、気持ちよく頂けます。
ごはん中

ごはん中

ごはんと、締めの雑炊が選べるので、ひとつはご飯、もうひとつをテールスープ茶漬けに。
壁一面に落書きいっぱい!

壁一面に落書きいっぱい!

奥のテーブル席があいたのでパシャリと一枚。
壁一面に、いろんな人の落書きが。
地域の人たちに愛されてるお店なんですね!
二皿目のお肉

二皿目のお肉

ロース、特製カルビ、ハラミ
この日は、鹿児島の黒毛和牛だそうです。
「いい肉が入らない日は、出さない」と断言する店長さん。
そのため、日によってあるメニューないメニューもあるようですが
おいしくないお肉を間に合わせで出すようなことはしないってことですね。
 (153890)

お酒の種類も多くサイドメニューも充実しています

黒糖焼酎・れんと

黒糖焼酎・れんと

お酒もワイン、日本酒、カクテル焼酎と種類いっぱいあります。
はちみつ梅サワー

はちみつ梅サワー

超さっぱり&さわやか!!!
ホルモン四種盛り

ホルモン四種盛り

てっちゃん、ミノ、レバー、せんまい
どれも新鮮で生で食べられそうなくらい。美味。
中落カルビ

中落カルビ

中落カルビを追加で。
サシがキレイに入っていて、口の中でとろけるようです。
つい、ごはんをおかわり。

締めはテールスープ茶漬け!

テールスープ茶漬け

テールスープ茶漬け

最後に、締めのテールスープ茶漬け。
卵の下には、白みそが隠れていて、混ぜると味変します。
テールスープと白みそがマッチして何とも言えないまろやかな味わい。満足満足。
デザート

デザート

ゆずとカシスのシャーベット。
これも自家製なのかな?とっても美味しかったです。

ゆったりくつろぎながら、おいしいお肉とお肉をほどよく堪能できる、素敵な時間でした。
ぜひ大切な方と訪ねてみてくださいね♪

京都ぐらの口コミ

基本情報

店名:京都 ぐら
住所:京都市上京区中立売千本西入亀屋町692-1
電話番号:075-466-5129
営業時間:17:00~24:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
関連ページ:http://sp.raqmo.com/kyotogura/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TOMY TOMY