2019年6月24日 更新

【初夏の風物詩】3500株のあじさいは見物!「藤森神社 あじさい祭」

例年、6月上旬から開催される藤森神社の「あじさい祭」をご紹介します。藤森とはいいますが、最寄駅は京阪本線「墨染」駅になります。

初夏の風物詩「あじさい祭」

 (83300)

藤森神社ででは、あじさいの咲く期間中、色々なイベントをされているのでご紹介します。あじさい祭りは6月上旬から約1か月間、お見逃しなく~!
 (83301)

境内に駐車場がありますよ。週末は混み合うのですが電車でお越し頂くのをおすすめします。
 (83302)

藤森神社といえば、勝運と馬の神様としても有名ですよね♪

3,500株の紫陽花!

 (83303)

境内には2ヶ所の紫陽花苑があり、延べ1500坪の苑内には3500株のあじさいが咲き誇っています。時間の都合で1ヶ所しか見れなかったのですが、、第一紫陽花苑・第二紫陽花苑共通券で300円となります。こんなお札がいただけますよ~。
入り口はこちらです~。

入り口はこちらです~。

入り口はこちらです~。
 (83305)

 (83306)

 (83307)

いろいろな種類・色のあじさいがとてもきれいですね(*^_^*)あじさいは季節の移り変わりを感じられてとてもいいですね。

諸説ありますが、花言葉は「移り気」です!あじさいの花が色が変化する特徴から生まれた言葉だと言われています。白あじさいは「寛容」、あじさいの原種なとる額あじさいは「謙虚」だそうです。青や赤のあじさいが「移り気」などの変化していくイメージに対して、白は変化を受け入れるということなのかなぁ~と思いました(^O^)w

あじさいの時期の見どころ

 (83308)

こちらの舞台では、藤森太鼓保存会による太鼓演奏奉納や蹴鞠が行われます。太鼓の音が境内に響き渡ります!今年は18日(日)に行われる予定です。
筑前琵琶奉納、相撲甚句奉納、琴奉納なども行われますので、HPをチェックしてください。
 (83309)

期間中の日曜日だけ、こんな出店を開かれています。かき氷150円、あじさいだんご150円、うどん・そば350円と休憩にもってこい。ちょっと座れるのでありがたいです。お昼時だったので、結構人だかりができていました。
 (83310)

出店でかき氷とあじさいだんごを食べましたよ。暑かったので、かき氷最高~(^O^)
あじさいだんごは、草餅の中にこしあんがはいっていて、食べごたえありました~美味しかったです(*^_^*)お茶は無料でいただけますよ。
 (83311)

遊具もありますので、小さいお子さんとのお散歩コースにもいいかもですね。紫陽花苑の中はベビーカーは段差があり入れないとの掲示がありましたので、お気を付けください(u_u)ちょっと置かせてもらうのはできると思いますので、抱っこで一緒に花を愛でましょう♪

京都の名所のひとつとして、藤森神社のあじさい祭、ぜひお越しくださいませ~(*^_^*)

藤森神社 あじさい祭の口コミ

藤森神社 基本情報

名称:藤森神社
住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609
営業時間:9:00~16:00
入苑料:300円
期間:6月3日より約1ヶ月間
関連URL: http://www.fujinomorijinjya.or.jp/ajisaimaturi.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー