2018年11月30日 更新

【京都湯めぐり】最古の公許花街・島原で日帰り入浴!湯治場のような癒し効果☆湯の宿松栄「誠の湯」

京都中央卸売市場の東側。日本、京都最古の公許花街。新撰組ともゆかりが深く、当時の趣きそのまま現存する場所・島原。そんな一角にある湯の宿。日帰り入浴もでき、充実の設備。

朝8時からオープンする湯の宿の入浴施設

 (139580)

花街である島原の東入口にあたる大門で、京都市の登録有形文化財。1867年につくられたもの。
150年ほどの年月を経ても、ほとんど当時のまま。
 (139579)

立派な「見返り柳」も健在。遊郭で遊んだ客が、名残惜しさにこの辺りで振り返ることからこの名前が付いたんだとか。
 (139581)

日本、京都最古の公許花街で、今もお茶屋として営業してる店も1軒だけあり、この界隈は独特の花街ムードを醸す場所。

こちらは1641年(寛永18年)竣工で、島原で最も古い建造物。国の重要文化財にも指定される元料亭『角屋』。現在の『角屋もてなしの文化美術館』として期間限定公開されています。
 (139583)

そんな界隈にあるこちらの旅館。
以前この近くで働いていた時、会社の帰りによく立ち寄った日帰り入浴場。宿泊客以外の一般利用も可能。そして、朝8時から営業。中央卸売市場の方も利用されるんでしょうね。
 (139584)

この界隈、新撰組ゆかりの地ということで、「誠の湯」と名付けらえたんでしょうね。
 (139590)

1階ロビーに日帰り入浴用券売機が。大人900円。それを受付で渡して館内へ。
 (139586)

お風呂は3階にあり、浴室の階段を上ると4階にサウナ・露天風呂があります。
時間帯によっては2階のレストランで食事することも可能。旅館の料理なので、期待大。今回は準備中で叶いませんでしたが。

 (139587)

こちらで男女分かれて入浴。
 (139585)

 (139588)

もちろん浴室撮影禁止なので、説明書きだけになりますが。

お湯に工夫があり、富士山の溶岩石をタイル状に加工した富士山溶岩露天風呂が自慢。
その溶岩石から発する遠赤外線効果により体をポカポカ温め、美容、健康効果大。サウナや水風呂もあります。他、檜風呂など、一つ一つの浴槽、サウナ、カランスペースが広々していて開放的。スーパー銭湯にはない、ラグジュアリー感。

久々に利用しましたが、よく身体が温まるいいお湯でした。これから寒くなる季節にご活用ください。

誠の湯 へのツイート

詳細情報

住所:京都市下京区西新屋敷上之町128
電話番号:075(351)4084
営業時間:8:00~23:00
定休日:無休
入浴料:大人900円 子供450円
公式サイト:https://www.yunoyadosyouei.jp/bath

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers