2016年3月24日 更新

【嵐山】知る人ぞ知る観光地から少し離れた名店「京寿司 大善」ボリューミーな鯖寿司が絶品!【穴場】

やってきたのは嵐山の東の外れ、京寿司店、大善(だいぜん)。穴場的な雰囲気もいい。

ご家族経営のほっこり寿司店。ご主人は八坂神社の向かいにある名店、いづ重出身。
いづ重の流れを汲む京寿司のお店なのだ。
 (21693)

四季折々のお寿司が楽しめます

 (21695)

京寿司店なので、ひなまつりや端午の節句など季節のイベントとリンクした様々な京寿司が楽しめる。
メニューを確認すると、ひの菜巻は二月末!になっていたが、まだありますよ!と奥様。
 (21697)

で、とりあえず芋水割りで、昼酒の幸せを満喫!しながら、お寿司を待つのだ。

名物!肉厚な鯖寿司

 (21699)

肉厚しっかりな鯖寿司がででんと登場。血合いを切ってあるのでこういう形。そろそろシーズンオフなので脂の乗りは控えめなのだが、これぐらいのほうが食べやすい!
と、いう人もいそうな気がするあっさり感。すだち果汁でさっぱりさを加えると更に美味しい。
 (21701)

で、ひの菜巻。ハーフでもお願いできるのだが普通盛りでお願いした。一味をしっかり使っていて酸味のある漬物と何とも合うのだ。いやー、良いですなこれ。非常に大人向きですが。

もちろん”にぎり”もウマイ!

 (21703)

追加でにぎりも少しだけ握ってもらう。これは、金目鯛。皮をほんのり炙ってあり、つけだれなのか下味が付いている。半生でほのかに温かくタンパク質フル活性化状態。うはー、これは美味しいですな。。
 (21705)

で、歯が不要なほどやわやわで、このお店では外せないあなご。甘口なのだが嫁共々、にっこりなのだ。来たかいがありました。
 (21707)

こちらで使っておられる米「はつしも」は、白御飯として炊くとべとつかない堅めの仕上がりになって、寿司酢を合わせると非常に美味しいのだ!とのこと。色々研究されておられますなぁ。

また未食の筍山椒巻に初夏の風物詩、鯵寿司を頂きに来ている気がします。御馳走さまでした~。

京寿司 大善の感想

京寿司 大善 店舗情報

名称:京寿司 大善
住所:京都市右京区嵯峨伊勢ノ上町10-3
営業時間:11:30~15:00 17:30~22:00
定休日:水曜日
TEL:075-882-0018

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。