2017年11月27日 更新

【京都新土産】人気ポテトスナック菓子の宇治抹茶味の京都限定版「じゃがどすえ」【京都駅構内】

たまたま京都駅を歩いていて発見。手軽な京都土産として使えそう。京都といえば、全面推しの抹茶。こちらも抹茶味のポテトスナック菓子。試しに買って食べてみました。

京都宇治抹茶使用のポテトスナック菓子

 (105447)

京都駅八条口の東口通路。たまたま地下鉄乗り場に抜けようと通りかかりましたが。
 (105448)

こちら、ベルマートという東海キヨスク系のお店。お土産になるような食品類を販売しています。京都だけど、赤福も。
 (105449)

あと、京都老舗ベーカリーでお馴染みの志津屋のパンも代表的なカルネを中心にここで買えたり。
 (105450)

そして、一番目にとまったのがこれ。なんでも抹茶味で『どすえ』付けたら京都限定品になるとか思ってません?的な安直さも若干あり(笑)
 (105451)

じゃがりこやじゃがビーなどのポテトスナック菓子の類似品で「じゃがですよ!」てのがあるんですね。その京都限定版。

最近スイーツ系だけじゃなく、漬物やら惣菜系などいろんなところで見かけるようになった抹茶味仕上げ。ちょっとどんな具合だか好奇心に押されて買ってみることに。1個248円。
 (105452)

最近ちりめん山椒味のポテトチップスは見かけましたけど、やはり抹茶ですか京都は。のダメ押しのような(笑)
 (105456)

このお菓子のキャラクターなんですかね。商品説明してても最後に『どす』が付いてて、京都人バカにしてません?とも思えたり(笑)
 (105455)

たしかに抹茶パウダー入ってますね。で、販売者は京都の会社。
 (105453)

で、オープン。
うっすらと緑色。でも、予備情報なかったら抹茶がかかってるってわからないかも、てくらいの程度。わりとリアリティーあるポテトですね。なんというか、手作り感もあって。
 (105454)

食べてみます。最初全然感じないんですが、後々口に残るほのかな抹茶感。それが、ポテトの塩味、油と混ざるとなんとも不思議な抹茶感(笑)そんな未体験ゾーンの抹茶感を試してみたい方はぜひ!

じゃがどすえ のツイート

販売場所

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers