2016年2月9日 更新

麩屋町三条*クラシカルにもキュートにもクールにも!”今”になじむ「にじゆら」の手ぬぐいが素敵【伝統的】

京都市内には「RAAK」でお馴染みの永楽屋や「SOU・SOU」など手ぬぐいのお店が何軒もあり、手軽さからおみやげとして人気が高いのですが、最近はおみやげや特別なものではなく、手ぬぐいを普段使いに取り入れる人が増えています。

手ぬぐいというと古臭いイメージがあるかもしれませんが、最近の手ぬぐいは現代生活にもしっくり馴染むオシャレなものばかり。またアレンジでいろんな使い方ができるのも楽しいところ。
今回は京都の店舗を構える中で、オープン5周年を迎える「注染てぬぐい にじゆら 三条店」をご紹介します。

「にじゆら」の手ぬぐい

 (8800)

 (8801)

よーじや三条店からほど近い、麩屋町三条上がるにある「にじゆら三条店」。
市内に2店舗あり、また京都限定柄をいくつも作られていて、手ぬぐい好きには人気の高いお店。
てっきり京都独自のお店かと思いきやそうではなく、本店は大阪・中崎町。製造は堺の工場で行われています。
堺の注染工場「ナカニ」。
ここから生まれたブランドが「にじゆら」です。「にじゆら」がめざしていること。それは「注染」の技法を守り、生かしながら、今の時代にそぐう柄の手ぬぐいを、みなさんに楽しんで使ってもらうこと。
たとえば作家さんのセンスと個性を注染とかけ合わせて、手ぬぐいの持つ光を違う角度からきれいにあてて、より良く見せたい。
それもこれも、つまるところ、自分達の国で培われたものづくりの技法を、伝統の文化を、次の時代に残していきたい。
そんなまっすぐ、ひたむきな気持ちから。
HPに説明がある通り、昔ながらの注染にこだわり、丁寧な手ぬぐいつくりをされています。店内で染め工程のビデオが流れていますが、ほとんどが手作業で熟練された職人さんの技が光っています。
そして手作業ならではの繊細で優しいにじみや、微妙な色合いがぼかしが何とも美しくてうっとり。

和にも洋にもポップにもモダンにも…豊富なデザイン

 (8806)

伝統的技法を守りながらも、現代のライフスタイルになじむようなデザイン展開をされていて、どんな場面で使ってもしっくり。ちょっと生活に取り入れるだけでオシャレに見えるのですから何とも素敵。
 (8808)

テキスタイルなハッキリした柄から、水彩画のように淡く優しい色合いのもの、くすっと微笑んでしまうユーモアあふれるデザインなど、バラエティ富んだデザインの数々。種類も多く、どれにしようかかなり迷ってしまいます。

京都限定柄も魅力的

 (8811)

 (8812)

数多くリリースされている京都限定柄はどれも人気があるそうですが、特に「和菓子」が1番人気で、すぐに品薄になるのだそう。
カラフルな色合いでポップなテキスタイル調が目を引きます。ぱっと見幾何学的なモチーフかと思いきや、よく和菓子の形なのがキュート。
前にご紹介したnanaco plus+のアクセサリーみたいでかわいいですよね。
 (8814)

今回新作でリリースされた「京都マッチ物語」は和菓子とはうってかわってレトロでクラシカル。マッチ箱のパッケージをイメージしたデザインは、それぞれのイラストが京都の名所だったり京都を連想させるものばかり。
この建物はあの…?とか、このパンケーキは老舗のあの店の…?などと想像しながら眺めるのが何とも楽しいです。
 (8816)

 (8817)

また企業とのコラボ商品も数多くあり、リリースの度に完売の京阪電車シリーズは、細部まで描き込まれていて、にじゆらファンだけでなく京阪電車ファンが買ってしまうほど。
新商品の箕面ビール柄は、手ぬぐいと言われなければわからないぐらいクールでカッコイイ!箕面ビールならではのこだわりも描かれていて、物語としても楽しめる素敵な商品です。

手ぬぐい以外の商品も

 (8820)

手ぬぐいがメインですが、スカーフやストール使いできる長めのものや、コースターやがま口サイフ、カードケースやブックカバーなどの商品も。同じ柄のもののあって、手ぬぐいと小物を揃えるなんてオシャレな事も!
 (8822)

バッグも作られていて、すでに製作されているものはすぐ購入できますし、好きな手ぬぐいでオーダー注文も可能。少し時間はかかるもののお気に入りの手ぬぐいをバッグになんて素敵ですよね。
見た目以上にモノが入るなど使い勝手もいいようで、時間ともにいい感じでくったりしてくるのだとか。
ハッキリした色柄なら差し色になりますし、シックな色味ならファッションになじみやすく。他の人とかぶらないのも魅力なようです。

三条店はオープン5周年

 (8825)

三条店はこの10月で5周年を迎えるそうで、11/3まで周年イベントを開催中です。
記念商品としてプチあずま袋の手作りキットを540円で販売されていて、通常あずま袋というとそこそこ大きいものですが、このあずま袋はコンビニのおにぎり3個分ぐらいのプチサイズ。なのでおにぎりやお菓子入れ、小物入れやディスプレイに使ってもいい感じのかわいい商品。
自分で縫わないといけませんが、手縫いで直線縫いでちょちょっと作れるサイズ。自分で作ると愛着も湧きますし、何よりかわいいサイズなのでテンション上がるはず。
沢山の柄が用意されていて、特に京都限定柄の用意が多いので、今まで京都限定柄がGETできなかった人はチャンス。あれこれ迷いながら好みの柄を探してみてください。
また2,500円以上の購入で、円町「食堂souffle」の自家製三色団子クッキーがノベルティーとしていただけます。私も購入しいただきましたが、見た目とてもキュート、味もおいしくて最高でした。限定200個ですので欲しい方はお急ぎくださいね。

*************
食器拭き手拭き体拭き汗拭きはもちろん、ランチョンマット代わりや2枚並べてのれん、ペットボトルに巻いてペットボトルホルダーにしたり、額に飾ったりタペストリーの棒を使ってインテリアとして飾ったり、プレゼントのラッピングに使ったり…
お土産にも自分使いにもギフトにも、アイディアでいろんな用途に使える手ぬぐい。にじゆらのセンスあふれる手ぬぐいを、生活の一部に取り入れてみてはどうでしょうか。
 (8827)

にじゆら 三条店 への口コミ

店舗情報

住所
京都市中京区麩屋町通三条上ル弁慶石町38-1
アクセス
市営地下鉄 京都市役所前駅より徒歩約5分
京阪電車 三条駅より徒歩約10分
阪急電車 河原町駅より徒歩約15分
電話番号
075-253-0606
営業時間
10:00~20:00
定休日
年末年始
関連URL
http://www.nijiyura.jp/hpgen/topmenu.html https://www.facebook.com/Nijiyura.kyoto.sanjouten

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三条 「URBAN RESEARCH DOORS(アーバン リサーチ ドアーズ)」が提案する心地よいライフスタイル。

三条 「URBAN RESEARCH DOORS(アーバン リサーチ ドアーズ)」が提案する心地よいライフスタイル。

京都の風情ある町並みに、関西では3店舗目となる路面店「URBAN RESEARCH DOORS(アーバン リサーチ ドアーズ)京都三条通店」があります。
【おとなの京都】老舗専門店に教わる日本の伝統文化!「鳩居堂(きゅうきょどう)」【お店】【伝統品】

【おとなの京都】老舗専門店に教わる日本の伝統文化!「鳩居堂(きゅうきょどう)」【お店】【伝統品】

そろそろお正月準備。この時期、つい足を運んでしまうお店です。こちらも創業1663年で350年以上経つ老舗中の老舗。実用品としての日本の伝統文化を大切に守り育てるお店です。
三条木屋町 「虎亭虎亭(コテコテ)」で鉄板焼きと元板前の目利き食材を食らう!【グルメ】

三条木屋町 「虎亭虎亭(コテコテ)」で鉄板焼きと元板前の目利き食材を食らう!【グルメ】

高瀬川が見下ろせるカフェみたいな鉄板焼き屋さんがあるんです(^O^)三条木屋町、小川珈琲があるビルの3階がそのお店「虎亭虎亭(コテコテ)」です。角地なので、すごく分かりやすい場所ですよ。
【京都映画めぐり】京都アニメーション最新作絶賛公開中!過去作品も週替わり特別上映中☆「ムービックス京都」

【京都映画めぐり】京都アニメーション最新作絶賛公開中!過去作品も週替わり特別上映中☆「ムービックス京都」

おおきに~豆はなどす☆今回は現在、ムービックス京都では京都アニメーション最新作品を公開中。さらに、過去の京アニ作品を週替わりで絶賛上映中。
【京都ぶらり】町の区画にある細い通り『辻子』☆著名な茶人にちなんだ地名「了頓図子(りょうとんずし)」

【京都ぶらり】町の区画にある細い通り『辻子』☆著名な茶人にちなんだ地名「了頓図子(りょうとんずし)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は俗に『碁盤の目』と言われる、京都の町に存在する細い通り。著名な茶人名が地名となった『辻子』。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス