2016年1月13日 更新

四条木屋町 話題の熟成肉をお腹いっぱい!「ゴッチーズビーフ」【ステーキ】

関西では大阪にある「又三郎」を発端とした熟成肉ブーム。英語で言うとエイジングビーフです。

だいぶ落ち着いては来たところで四条木屋町にはある「熟成牛ステーキバル ゴッチーズビーフ」に行ってきました。店内はオシャレでリーズナルに熟成肉が頂ける店舗になっております。阪急河原町出口から徒歩一分の好立地です。1階と地下階の構成になっていますが、地下階にはゆったりしたソファー席があるのでおすすめです。
 (1707)

外観からしてオシャレですね。勝牛もですが、冷蔵庫をいれお肉をアピールするのが流行りですね。
 (1709)

愛おしいお肉たちです。見ているだけでよだれが垂れてきてしまいます(笑)
 (1711)

ランチメニューです。300gのお肉が1600円はお得です!本当におなかいっぱいになる量です!女性は150gからスタートされてはいかがでしょうか。

色とりどりの新鮮野菜を使った前菜

 (1715)

丸ごとトマトのカプレーゼです。女の子は絶対頼みますよね!3種類のチーズを作っているので、チーズの味も楽しめます!
 (1717)

前菜盛りと前菜盛りとバーニャカウダです。これ女の子受け抜群です!余談ですが、意外と簡単に作れるので自宅でもオススメのメニューです。

やっぱりメインは熟成肉ステーキ!!!

 (1720)

こちらはフィレの中でも、真ん中の一番柔らかい部位「シャトーブリアン」になります。この部位をだしてくれるお店はあまり多くありませんので、ありがたい限りです。
 (1722)

フィレの一部なので、脂肪分は少ないのにとても柔らかい希少部位です。この赤さが美しいです。
 (1724)

締めは熟成牛ステーキのひつまぶしを頂きました。一口目はそのまま、二口目は薬味を入れて、三口目は出汁をいれて味を変えて楽しめました。
ゴッチーズビーフでは約50日もの時間をかけて肉を熟成させるとのこと。肉の内部では旨みが凝縮され、肉はさらに柔らかく。。
赤身肉が中心で脂肪分が少ないので量を食べても、胃がもたれる感はあまりません。またみんなでシェアしながら食べれるので、それがまた楽しいです!

ゴッチーズビーフへの口コミ

基本情報

名称
ゴッチーズビーフ 四条木屋町
住所
京都市中京区鍋屋町223
営業時間
11:30~14:00 / 17:00~24:00
定休日
年中無休
関連URL
http://gotties-beef.com/

マップ

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【熟成肉】ランチもお肉で満腹に♪ コスパもよくオサレな「ゴッチーズビーフ 四条木屋町」

【熟成肉】ランチもお肉で満腹に♪ コスパもよくオサレな「ゴッチーズビーフ 四条木屋町」

オシャレで熟成肉が美味しい「ゴッチーズビーフ 四条木屋町」でランチ♪ 
四条河原町 京都の熟成肉専門店の先駆け「ステーキハウス  听 (ポンド)」【肉料理】

四条河原町 京都の熟成肉専門店の先駆け「ステーキハウス  听 (ポンド)」【肉料理】

すっかり定着した感じのある「熟成肉ブーム」。京都での先駆けとなったお店「ステーキハウス  听 (ポンド)」をご紹介します。御所近くの本店ではなく、アクセスのよい四条河原町店です。
京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

四条富小路にある京都3大ディープ酒場『四富会館』の有名割烹。ディープな場所に入居する狭小カウンター店ながら、そのクオリティの高さと安さに驚愕。入店激戦が常ながら、たまたま運よく予約とれて行ってきました。
京都の人気オムライス店|旨辛やみつき!インディアンオムライス*くるみ【新京極】

京都の人気オムライス店|旨辛やみつき!インディアンオムライス*くるみ【新京極】

繁華街の入り口の地下にて繰り広げられるやみつきB級グルメの舞踏会。ゴロゴロ具材にほんのりスパイシーなインディアンオムライス、瑞々しいてんこ盛りサラダは寺町界隈のB級グルメの代表格「くるみ」です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン