2017年8月31日 更新

80年代の雰囲気漂う隠れ家バー「みず色クラブ」【三条京阪】

80年代のアニメからとびだしてきたようなネオンにひかれて路地をいくと、そこには少年の隠れ家のようなショップ&バーがありました。

80年代感漂うネオンの看板

 (92538)

80年代のアニメを彷彿させるネオン。この看板は三条京阪からほど近い住宅街の中にあります。
なんだろう、と路地をずっといくと、そこには隠れ家のようなバー「みず色クラブ」がありました。

気になる店内は?

 (92539)

こぢんまりとした店内には6人がけのテーブルが1つと、カウンターが7席ほど。

雰囲気はまったり、とかほっこり…ではなく、かといって大人の隠れ家というような気取った感じもなく。
ありのままだけど、ちょっととがっている、少年の隠れ家という感じでしょうか。
 (92541)

お店の片隅には漫画が雑然と置かれていたり、使われているのか一見分からないレコードプレーヤーも(その隣にはうる星やつらのイラストが)。

かわいい「みず色グッズ」も販売中!

 (92540)

ショップのコーナーもあります。作家さんによる「みず色クラブ」のネーム入りグッズが置いてあります。これらのグッズも80年代テイスト。靴下を求めてくるお客さんが多いとか!

詳しいグッズの情報は公式ツイッターにてどうぞ。

気になるメニューは?

 (92542)

やってきましたハイボール!
コップがこれまた素朴でかわいらしい。お味は少し濃いめかな?美味しかったです。

ちなみにお冷のコップはセーラームーン。ああ懐かしい…!
 (92543)

 (92544)

バーですがこんながっつりメニューも。お肉がほろほろのカレーです。スパイスのきいたカレーとハイボール、サイコー!
お値段忘れてしまったごめんなさい!けれどハイボールもカレーも良心的なお値段だったのを覚えています。若者に優しいお店です。

一人で行っても良し、友だちと行っても良し、三条京阪から徒歩5分とアクセスも良し。10~20代の若者世代におすすめのお店です。

みず色クラブ 店舗情報

■店舗名 みず色クラブ

■住所 京都市左京区新丸太町50番地

■電話番号 090-2069-0822

■営業時間 18時頃から(不定期)

■定休日 火・水

■禁煙・喫煙 喫煙可

■駐車場 なし

■詳細ページ https://mobile.twitter.com/mizuiroclub
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スリランカカレーをアテに珍しいウイスキーが楽しめる「Bar Chaos(バー カオス)」

スリランカカレーをアテに珍しいウイスキーが楽しめる「Bar Chaos(バー カオス)」

三条木屋町の少しユニークなお気に入りのバー「Bar Chaos(バー カオス)」
病みつきになる深夜のスリランカカレー!カクテルのレベルも高い「バーカオス」

病みつきになる深夜のスリランカカレー!カクテルのレベルも高い「バーカオス」

三条木屋町の「バーカオス」。レベルの高いお酒をだしてくれるバーですが、病みつきになるスリランカカレーも絶品です。
【京都バーめぐり】京都最古ともいえる歴史ある老舗バー!古き良き佇まいにうっとり☆「京都サンボア」

【京都バーめぐり】京都最古ともいえる歴史ある老舗バー!古き良き佇まいにうっとり☆「京都サンボア」

全国にのれん分け、支店のある老舗バー『サンボア』。今年で創業100年を迎えるが、京都には3店舗。その中でも一番古い三条寺町通りにある『京都サンボア』は創業90年で、今となってはサンボアの中では最古。その歴史を感じる店内はうっとりとする雰囲気。
外国人にも大人気!先斗町にある町家造りのグローバルバー「気バー(Ki bar」

外国人にも大人気!先斗町にある町家造りのグローバルバー「気バー(Ki bar」

先斗町の歌舞練場前にある町家造りのバー「気バー(ki bar)」の紹介です。外国人オーナーによる楽しいワールドワイドなバーです。
岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

昨秋東山に誕生したカフェアンドバー ディテール (Cafe&Bar DETAIL)。個性派ホテルが立て続けに登場し、、京都のカフェ事情ではもはや定着しつつあるドミトリー×カフェの融合。デザイナーズカフェらしい、SNS映えするtogoカップ、岡崎の景色を借景に主張したいアイデンティティ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子