2020年7月6日 更新

【京都居酒屋】西陣京極・ひとり飲みにもおすすめ『創菜旬味 よし彦』

飲み屋さんの多い西陣京極の一角に、ゆっくりとひとり飲みにおすすめな居酒屋を発見♩

西陣京極のゲート奥♩

 (186883)

まだ行ったことないお店を発掘すべく、この日は千本中立売の辺りをウロウロと、、、そういえば気になっていた〝西陣京極〟と、いうことでゲートを潜り奥へ進んでいきました。
 (186884)

一本奥へ入っただけなのに、まるで違う独特のディープな空気感。どんどん奥に奥に引き込まれていきます。笑
 (186885)

突き当たりまで行ったところ、『創菜旬味 よし彦』さんの看板?入口?が目に止まり入店してみることにしました〜♩
 (186900)

席はカウンターとテーブル席が2つ。席と席との間隔もゆっくりとってあるので広々と利用することができます。カウンターではひとり飲みされている方が数人いらっしゃって、どの方も店主さんと楽しくお話しされていました。

旬のメニューにも注目

 (186887)

16〜18時の限定セットは1000円でドリンク2杯と小鉢が2品選べるお得さ★
しかも時間内では何度でも注文OKの大サービス!
 (186888)

3時間じっくり煮込んだ絶品タンシチューも気になるところ...♡
 (186889)

400円から600円くらいのものが多くて嬉しい価格。
 (186890)

旬を活かしたメニューにも注目!
季節やその日のおすすめはホワイトボードをチェック!お造り盛りは価格に合わせて作っていただくこともできます♩

厳選食材を活かしたお料理

 (186892)

まずは乾杯!付き出しはタラモサラダ。
突き出しから美味しいので、これから出てくるお料理の期待も高まります!
 (186893)

お造り盛(こちらは1500円くらいで作ってくださいとお願いしたものです。)
大きめにカットされたお刺身はとても新鮮!
特に本日のおすすめにもあった甘えびはあまーくって食感はぷりぷりモッチリ!とっても美味しかったです。
 (186894)

お醤油はゼリー状に固められたものと、刺身醤油をお好みに合わせて♩
 (186895)

マグロの生ハム(500円)
聞いたことのないお料理です。
見た目は、、、ハム?マグロ?
燻製の香りと、しっとりとした口当たり。
旨味がギュッと閉じ込められていました。
 (186896)

白エビコロッケ(500円)
旬の白エビを使ったコロッケは、さくっと軽めの衣に纏われており、食べると白エビの香りと甘味がふわぁぁと口に広がります♡
 (186897)

炙り生麩のネギ味噌(500円)
香ばしい焼き目がついたもっちりとした生麩は日本酒とも相性ぴったりのおばんざい。
 (186899)

〆は高菜チャーハンふわとろオムライス(750円)

卵と炒めているものはよく見かけますがオムライス状になっているものはなかなか見かけないかも?
パラパラに炒められた高菜チャーハンと、ふっわふわのたまごはお腹がいっぱいになる満のボリューム感!

アットホームな空気が心地の良い居酒屋さん♩是非皆さんも行ってみてください♩

店舗情報

《創菜旬味 よし彦》
◼️住所
京都府京都市上京区浄福寺通一条下る東西俵屋町656-14
◼️営業時間
16:00〜24:00
◼️定休日
不定休
◼️お問い合わせ
075-415-7667
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぐるまぁちゃん ぐるまぁちゃん