2018年4月13日 更新

今まで見たことのないオシャレ空間☆だけど緩さ気軽さが嬉しいお店☆「 SICOU 」(シコウ) がオープン【二条城東】

堀川夷川東入ル☆とってもお洒落でハイセンスなカフェが4/11オープンしました☆ナチュラルテイストの、今まで見たことのないで魅力的な空間で、珈琲とお菓子が楽しめます☆SNSで早くも話題に☆☆

まず「勇気の要るドア」をクリアしよう

 (120612)

何かのお店であるのは分かります

かなり存在感ありますから

しかしこれといったサインもなく、何のお店か全く分からない

よくよく見れば「coffee & antique」とあります

結構、「勇気の要るドア」ですね(苦笑)
 (120611)

入った途端、笑います

 (120614)

「勇気の要るドア」を開けた途端、
”可笑しくて”ではなく、思わずニヤケてしまう

こんな素敵な空間、なかなか無いですよ
いや、もっとハイソな世界でならあるのかも知れませんが(苦笑)

ここにはちゃんと席とテーブルがはっきりとしたカタチであります
当たり前だけど、珈琲を楽しむ空間であるのがすぐ分かりますし、安心感があります
とてもとても贅沢ですね

 (120615)

とっておきの珈琲とお菓子

 (120617)

珈琲は福岡の「Coffee County」さんのロースト

エスプレッソ系のほかドリップでも

シングルオリジンで4種類用意されていました
 (120618)

 (120620)

お菓子は大阪の人気店「PONY PONY HUNGRY」さんから

4種類用意された焼き菓子の中から「ベジタブルブレッド」野菜のケーキをいただきました

はっきりとした野菜の風味が面白い、初めて味わう美味しさ

この「PONY PONY HUNGRY」さん、今や行列するほどの人気店になってるらしいです
こちらでいただけるのはとても貴重ですね
 (120619)

 (120621)

店主によると珈琲よりもアンティーク推しだそう

イベント出店することがあれば、迷わず珈琲屋ではなくアンティークを扱いたいらしい

こちらも販売商品です
 (120622)

 (120623)

お店のデザインは、ほとんど店主のセンスで構築されたそうです

「今までに無いものを」という言葉の通り、確かに特別な空間に仕上がってますね

静けさの似合う雰囲気ですが、無理に「厳格な静粛」を感じさせないのは店主の醸し出すちょっと緩い感じのおかげですね(笑)

小さなお店で、5−6人も入れば限界でしょうか?
混み合うのが全く似合わないお店です

素敵な空間であり続けられるよう、いい関係でお付き合いしたいお店ですね
 (120624)

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三代目は渋めに男前珈琲店☆絶品のキーマカレーに大注目!☆「BLOOM COFFEE」(ブルームコーヒー)【東本願寺】

三代目は渋めに男前珈琲店☆絶品のキーマカレーに大注目!☆「BLOOM COFFEE」(ブルームコーヒー)【東本願寺】

ソルムカフェから始まって、カフェポルボロン、いずれも女性店主の人気カフェだったこの場所に、初めての男性店主がカフェをオープンされました☆今度は自家焙煎珈琲店として、引き続き期待度大のお店です☆☆
珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

個性的なお店が立ち並ぶ西陣・鞍馬口通りですっかり馴染んだ感じで佇むお店「自家焙煎珈琲ガロ」さん☆北山で1977年にオープンした後、2004年に現在の場所へ☆行き着いた場所はは珈琲通だけのためのお店ではなく、故郷を感じさせる優しいお店でした☆
【元・立誠小学校】仮設店舗にて営業再スタート!「Traveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆3/15からプレオープン中☆

【元・立誠小学校】仮設店舗にて営業再スタート!「Traveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆3/15からプレオープン中☆

元・立誠小学校の職員室で営業されてきたTraveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆校舎の耐震補強工事のため、この場所での営業は3/10をもって終了し、旧校庭に建てられた仮設店舗にてプレオープンとして営業を再開されました☆仮設とは言うものの、新たな魅力も含めとっても素敵なお店になる予感です♪
【カウンターの楽しみ方講座】誰でも一流のサービスを受けられます♡極上のサービスと至高の珈琲「カフェ・ヴェルディ」【京都・下鴨珈琲店】

【カウンターの楽しみ方講座】誰でも一流のサービスを受けられます♡極上のサービスと至高の珈琲「カフェ・ヴェルディ」【京都・下鴨珈琲店】

東京の老舗珈琲店「カフェバッハ」に師事し、もともとバッハグループだった「カフェ・ヴェルディ」☆珈琲そのもののクオリティもさることながら、お店の特徴は何と言っても素晴らしい接客サービス☆サービス業の基本を改めて考えさせられます
京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

自家焙煎の珈琲、お洒落で美味しいフード、癒しの空間…カフェとしての魅力はいろいろですが、長く続く人気のカフェというのは言葉では表現出来ない何かが…あるんですよね☆こちらもそういうお店です

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し