2018年12月4日 更新

【保存版】京都オススメの建物探訪!クリスマスの素敵すぎる教会を集めました☆【厳選4ヵ所】

12月に入り、そろそろクリスマスシーズン到来。教会ではさまざまなイベントが予定されています。そこで、今回は京都の中でも特に歴史的建築様式のステキな教会を集めてみました。

日本に現存するプロテスタントチャペル最古「同志社礼拝堂」

 (139820)

 (139821)

 (139822)

 (139823)

同志社大学今出川キャンパスにある礼拝堂チャペル。1886年竣工。D.C.グリーン設計で重要文化財。日本に現存するプロテスタントのレンガ造のチャペルとしては最古。アメリカン・ゴシック様式でフォルムが実に美しい教会。なんとも重厚でありながら、荘厳は雰囲気を漂わせています。

ステンドグラスやパイプオルガンも壮観!平安女学院「聖アグネス教会」

 (139826)

 (139827)

 (139828)

 (139829)

地下鉄丸太町駅すぐにある平安女学院の教会。京都市指定有形文化財。設計は立教大学の初代校長J.M.ガーディナー。竣工は1898年。レンガ造りの重厚な佇まいが圧倒的存在感。聖堂は高い天井の木造で壮厳な雰囲気。

洛中にあるロシア・ビザンチン様式の木造教会「京都ハリストス正教会 」

 (139832)

 (139833)

 (139834)

 (139835)

柳馬場通二条上る場所。独特の雰囲気をかもす木造教会。1903年に完成したロシア・ビザンチン様式。府庁旧本館などの設計でも有名な建築家松室重光氏設計。京都市指定文化財にも登録。高層の建物が密集するエリアで異彩を放つ教会。

ヴォーリズ建築の日本最古の教会堂「 京都御幸町教会 」

 (139837)

 (139838)

 (139839)

御幸町通二条に立地。もとは1898年(明治31年)アメリカ南部メソヂスト教会の神戸地区・京都講義所として活動を開始。1913年(大正2年)、あの有名な建築技師ウィリアム・メレル・ヴォーリズが会堂を手がけ、ヴォーリズの初期の作品として非常に価値あるものとされ、現存の教会堂としては最古。京都市有形指定文化財として登録もされ、すでに100年を超える建造物。

まとめ

いかがでしたか?
意外と敷居高くなく、クリスマス行事もだれでも参加可能というところがほとんど。仏教徒でも壮厳な礼拝堂の雰囲気、キャンドルサービスやパイプオルガンの響き、聖歌隊の賛美歌の中に、心洗われ普段とはちがう精神性が宿るような。そんなことも踏まえて、建物探訪してみてはいかが?

基本情報

【同志社礼拝堂】
住所:京都市上京区相国寺門前町
電話番号:075-251-3320
詳細サイト:https://www.doshisha.ac.jp/information/facility/list/doshisha_chapel.html

【聖アグネス教会】
住所:京都府京都市 上京区堀松町404
電話番号:075-432-3015
詳細サイト:http://nskk.org/kyoto/stagnes/

【京都ハリストス正教会 】
住所:都府京都市 中京区柳馬場通二条上る六丁目283
電話番号:075-231-2453
詳細サイト:https://kyoto-orthodox.or.jp/

【京都御幸町教会】
住所:京都市中京区御幸町通二条下ル山本町434
電話番号:075-231-3441
詳細サイト:http://k-gokomachi.ciao.jp/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers