2018年4月3日 更新

【京都の風物詩】琵琶湖疏水に映り込む桜がステキ!「岡崎桜回廊ライトアップ」

京都における文化・芸術の発信拠点「岡崎エリア」。琵琶湖疏水沿いには約400本の桜が植えられております。桜の名所としても知られておりますが、3/30~4/10はライトアップが実施され、幻想的な夜桜を楽しむことができます。

幻想的なライトアップイベント

 (119730)

京都の春の風物詩、岡崎疏水桜回廊ライトアップ。
京都には桜の名所と呼ばれる観光スポットが多くありますが、岡崎疏水もそのひとつ。冷泉から続く琵琶湖疏水は昼間の景色も美しいのですが、夜のライトアップも幻想的な景色が広がります。
会期は3/30(金)~4/10(火)になります。一度は訪れてほしいライトアップです。

こちらはロームシアター周辺の様子。ロームシアターと桜が水面に反射しています。
 (119731)

ライトアップにあわせて、十石船夜桜運転も行われています。

乗船券はインターネットで購入することができます。
http://kyoto-tabi.or.jp
 (119732)

疏水にはソメイヨシノなど約400本の桜が植えられており、圧巻の迫力と美しさです。
ライトアップ自体は18時~21時半まで行われます。ライトは21時半キッカリに消灯します。

みやこめっせの南側角です。
 (119735)

十石船夜桜運転の最終便は20時半になりますので、それまでは水面が揺れてきれいに反射しません。ですので、きれいなリフレクションを撮りたい場合は、9時頃に来られることをオススメします。
 (119733)

京都国立近代美術館沿い。
このぼんやりした水面の感じも、また趣深いように思います。
 (119737)

京都国立美術館沿い。
 (119736)

岡崎疏水ライトアップのハイライトと呼んでいいでしょう、平安神宮の大鳥居と桜ライトアップ、そのリフレクション(反射)です。大鳥居をきれいに撮れる唯一の撮影スポットになります。
 (119739)

京都市美術館周辺、神宮道から。
 (119738)

京都市美術館周辺を逆向き岡崎通周辺から。
 (119740)

動物園周辺の桜もライトアップされています。

岡崎エリア、琵琶湖疏水沿いの約1.5kmにおよぶライトアップイベント。
昼間とは違った、幻想的な岡崎の桜ライトアップを楽しんでください。

岡崎 桜回廊ライトアップ クチコミでの評判

基本情報

名称:岡崎 桜回廊ライトアップ
日時:2018年3/30(金)~4/10(火)18:00頃~21:30
開催場所:ロームシアター・京都市美術館・動物園周辺

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【無料公開】平安神宮神苑 美しい花菖蒲に癒される【平安神宮】

【無料公開】平安神宮神苑 美しい花菖蒲に癒される【平安神宮】

今年も花しょうぶが美しい季節に、平安神宮の神苑が無料で公開されます。今年は6月7日(金)公開時間は8:30〜16:30です。(画像は2018年のものです)
m.m
【保存版】京都屈指の桜スポット『平安神宮』の立ち寄りグルメ!行列必至のうどん店からタルトタタン名店まで☆【厳選8店】

【保存版】京都屈指の桜スポット『平安神宮』の立ち寄りグルメ!行列必至のうどん店からタルトタタン名店まで☆【厳選8店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都屈指の桜スポット『平安神宮』周辺のオールジャンル、オススメグルメを集めてみました。行列必至のうどん店からタルトタタン名店まで。
【京都イベント】参加費無料!初めてのバードウォッチング@岡崎疏水☆12月15日開催【日本野鳥の会京都支部】

【京都イベント】参加費無料!初めてのバードウォッチング@岡崎疏水☆12月15日開催【日本野鳥の会京都支部】

ちょうど冬鳥のシーズンイン。京都を満喫するには、神社仏閣観光だけじゃありません!そう、今なら野鳥が熱い!というわけで、今回は全くの初心者でも気兼ねなく楽しめるイベント企画
おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

時をこえて、明治時代の京都へ。明治時代の幕開けから150年の記念すべき年に、京都・岡崎エリアでアートやロマンにあふれる催しの数々と、美味しいお酒・お食事を味わう大夜会が開かれる。 涼やかな夜風がよく通り、提灯の明かりに照らしだされた情緒あふれる空間で、粋な大人の夜祭りを体感しては。
岡崎でワンランク上の定番モーニング「ごはんカフェ 綴(つづれ)」【京都】

岡崎でワンランク上の定番モーニング「ごはんカフェ 綴(つづれ)」【京都】

モーニングバリエーションが豊富な岡崎の喫茶店。ピースフルで伸びやかな空間でほのぼのモーニングタイム。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部