2018年12月9日 更新

喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

三条河原町の交差点のビル5階。究極の隠れ家は街中の喧騒からエスケープ、そして紡ぎ出されるリッチネスな珈琲処をご紹介。

この上ない上質喫茶室

 (107136)

三条河原町の交差点にある雑居ビル5階にある自家焙煎珈琲専門店「喫茶葦島(きっさあしじま)」
ビル5階にあり、知る人ぞ知るマイナーなロケーションですが、口コミサイトで話題になり今や認知度は高め。
 (107209)

エレベーターの扉が開くと同時に現れる
珈琲時間のナビゲート。

贅沢な空間使い

 (107212)

エントランスには
北欧テイストのチェアとグリーンで
視覚からリラックス。

緩やかなクラシック、コーヒーアロマと
五感から癒しの要素により
かつてない安らぎ空間に。
この斬新な計らいが気分をたかめてくれます。
 (107134)

窓のないビルのワンフロアに設けられた
カフェスペース。

お席はL字型に配されたカウンター席と
ナチュラルな空間にゆったりアームのついた若草色のチェアをレイアウト。

足元から放つ間接照明の淡い光とクラシックの調べ。
珈琲だけの為に贅沢な空間使いがされています。
 (107214)

カウンター周りには焙煎機。
カウンター越しにコーヒーと向き合うマスターの美しい所作を拝見。

切り盛りされているのはマスターと若い男性スタッフさん。
お客様に目線を合わせて会話する、当たり前のことを繊細かつしなやかにこなしてゆく姿も
空間を彩る空間の一つ。
 (107210)

メニュー

メニュー

葦島ブレンド

葦島ブレンド

私は葦島ブレンドをチョイス。一口目は甘く、時間差で苦味、酸味。
雑味を全く感じないクリアな味わい。
コーヒー単体でも楽しめますが、スッキリとした飲み口は甘いお菓子と相性抜群のように思います。
 (107213)

Free Wi-fiなど硬派すぎない柔軟な空間づくりも魅力の一つ。
五感で感じる癒しのコーヒー時間、上級レベルの味を街中にて堪能。
 (107126)

お会計を終え、エレベーターまでお客様一人一人をお見送り。
こちらが恐縮してしまうほど深々と最敬礼。
おもてなしの真髄がここにありました。

口コミでの評判

基本情報

店名:喫茶葦島 (きっさあしじま)
住所:京都市中京区三条通河原町東入大黒町37 文明堂ビル 5F
電話番号:075-241-2210
営業時間:
火〜金 12時〜19時
土日祝日 12時〜21時
定休日:月曜日
関連ページ:https://ashijimablog.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

ロングセラーのカルネなどメディアでも度々登場する京都を代表するベーカリー。トーストはもっちり、ふわふわ、そして表面サクサク。カフェで頂く最強のモーニングセット。
京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

河原町通りの有名喫茶六曜社。一階の六曜社はムーディーな大人の魅力ある地下店とは違う、爽やかで軽やかな微睡みの朝の顔。本格派コーヒーと、サクフワトーストモーニングは必食です。
ドーナツmeetsコーヒー★色褪せない定番*六曜社地下店(ろくようしゃ)【河原町三条】

ドーナツmeetsコーヒー★色褪せない定番*六曜社地下店(ろくようしゃ)【河原町三条】

三条河原町に佇む老舗喫茶、六曜社。 何故か万人を魅了してならないドーナツ&コーヒー。 ほっとする素朴な味わいと秀逸なコーヒーで原点回帰。
【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

おおきに~豆はなどす☆今回は河原町三条下がった京都BAL地下階にある老舗書店・丸善とのコラボカフェ。中でも、丸善京都本店とゆかりある作家のモチーフ、レモンを使ったスイーツも人気。
摩訶不思議な美味しさのロースカツパフェ『からふね屋珈琲 本店』【河原町三条】

摩訶不思議な美味しさのロースカツパフェ『からふね屋珈琲 本店』【河原町三条】

今や京阪神の至る所でお見かけする京都発祥のコーヒー店。どの店舗も圧巻バリエのパフェメニューですが、こんなキワモノ派メニューは本店限定です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen