2019年7月21日 更新

宇治にある地元人気バツグンのカレー専門店「手作りカレーの店 朱(レッド)」

宇治の槙島にある「手作りカレーの店 朱(レッド)」でカレーランチなり。

地元民推薦のカレー専門店

 (158764)

宇治市槙島にあるカレー店、朱と書いてレッドを読ませるお店。ロードサイド店ですが店舗に駐車場はありませんが、ベルファの地下駐車場と提携しているため、一部キャッシュバックあり。大学がそばにあり、近隣の飲食やコンビニの駐車場に学生さんが違法駐車するのが問題になっている地域。くれぐれもそちらに停められないよう。
 (158765)

外に張り出しているメニューを確認し、店内に。
 (158766)

店内はコンクリート打ちっぱなし。もう開店3周年ほどなのですが、まったく見落としておりました。カウンター席が5、4人掛けテーブルが2卓かな。はっきり言って、結構辺鄙なところなのですが、我々が入って速攻で満席になり、数人外で並ぶ人が出るほどの人気度合い。大したもんです。 トーク軽快な帽子のお兄さん、アルバイトのお姉さんの2人体制。
 (158767)

私の今日のお目当てはこちら。Instagramでアップされている写真を見て、これは一度食っておかないと~と思った、限定メニュー「雷神」と書いて「タケミカヅチ」と読ませるのですな。ホールスパイスを多用したチキンカレーなのだ。藤森の人気ラーメン店「頑固麺」とのコラボメニューのようです。
マスターに、辛さ調整も可能ですよ!というのでお聞きすると、普通は中辛ぐらいで、辛口にするとココイチの三辛ということなので、じゃ、五辛ぐらいにしてください!とお願いする。 メニュー通り、ガーリックも入れて!ということに。
 (158768)

これも外には張り出されていなかったメニューに目が釘付け。。この「きつねカレー」というのを食べてみる!と、いつもながらのチャレンジ精神! 
 (158769)

先に、山椒の風味がするポン酢系ドレッシングがかかったサラダ、それにあっさり系キャベツのピクルスが登場。このままカレーにでろっと乗っけてもOKでしょうな。 で、一鍋づつ調理される丁寧な方式。チリパウダーが大匙1ほどどばっと自分の鍋に入れられるを確認し、ワクワクと待つのだ。 (後程、マスターは五辛は食べられない、と仰ってましたが汗)
 (158770)

で、出ました!という感じのタケミカズチ¥1080(税込み)が登場。いやー、これは辛いもの好きならそそられますな。
 (158771)

アップ写真。甘味感控えめのトマトチキンカレーに、オイル漬けにしたフェンネルやクミン、マスタードシードなどのホールスパイスをオイルごと掛け、ピンクパッパー、それにカスメリティを力いっぱいぱらぱらと、という感じのオリジナルなレシピ。。。ベースになっている肉ダシ?の旨味がしっかりスパイスを受け止めている!という感じ。 ぱりぱりした食感で、流石五辛にするとホットですが、まだ常識範囲内。 最近食べた辛いものでは三番目くらいの辛さかな。。(一位は四季蜀宴の重慶刀削麺が超ダントツで、二位がタカタカカフェのチキンマサラ)  

で、こちらも相当面白い~と思ったのだ、超変化球ですが。
 (158772)

きつねうどんに入っているような、甘いダシをしっかり含んだ&巨大なお揚げさんを玉子焼き機(丁度サイズが一致)で温め、鰹出汁を感じる、辛口カレーうどん的なカレーと刻み葱、卵黄というまろやか変態一直線カレーで¥1026(税込み)なり。が、これが面白いバランス。しょっぱ甘くて辛くて程よい感じなのだ。お子様でも大丈夫そうなレベルですが、これもなっかなか美味しい。 マスターはチャレンジャーですなあ。
 (158773)

仕上げにミニアイスが付いているのも気が利いておりますな。

定期的にこういう変化球カレーを提供されていて、どんどん進化されているお店。いやー、なかなか気に入りました。また、しばらく新たな限定メニューに挑戦されていないか、Instagramで定点観察させて頂く予定です。また来ます!

クチコミでの評判

基本情報

店名:手作りカレーの店 朱(レッド)
住所:京都府宇治市槙島町三十五56 -6 M'sビル1F
営業時間:11:00~15:00  18:00~21:00
定休日:月休・第2火休
TEL:077-426-7834
関連ページ: https://www.facebook.com/red201583/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。