2022年9月23日 更新

【B級グルメ】元祖日田焼きそばの味を京都で!「想夫恋(そうふれん) 京都七条大宮店」

大分発祥、焼きそばの名店「想夫恋(そうふれん)」。関西では、京都梅小路にのみ店舗があります。唯一無二の美味しさ、おすすめです。

名店の味を京都で!関西ではここだけ!

 (229593)

梅小路公園や京都水族館、梅小路京都西駅の開業で再開発が進む梅小路エリアですが、おすすめのB級グルメランチをご紹介します。
 (229594)

B級グルメと言えば、麺・ソース!ですよね。
という訳で、今回紹介するのは、日田焼きそば専門店の「想夫恋 京都七条大宮店」さん。
大分発祥のチェーン店で九州では有名なのですが、関西ではここ京都の店舗だけになります。

1階だけではなく、2階も座席があります。
 (229595)

専門店なのでメインメニューは焼きそばのみ!
ですが、サイドメニューに餃子もあります。

麺の量は、小だと0.8人前、大だと1.5人前となります。

トッピングは、季節の柑橘やしそといった少し変わったものもラインナップ。
 (229596)

トッピングに迷ったら、こちらのマトリクス表を確認してください。
このように図にしてくれると、自分の好みと合致させやすいですね。

注文は、オーソドックスに、想夫恋焼き(並)と目玉焼きに。
 (229597)

オーダーが入ってから、焼き始めるので少し時間がかかりますのでゆっくりと待ちましょう。

卓上調味料は、定番の紅ショウガ、一味、こしょう、そして京都限定の原了郭の黒七味。
 (229602)

紅ショウガは、衛生的に個装されていますが、量が多めなところに好感が持てます。
牛丼屋さんとかもらえる小袋の5袋分くらいはありそうな量です。
 (229598)

ソースのいい香りを漂わせて、運ばれてきました。
初対面の想夫恋焼きそば。
思ったよりボリューミーで、美味しそう!!
 (229599)

備えつけの紅しょうがをのせて、完成体の焼きそばに。
 (229621)

具材はたっぷりのもやしと青ネギ、そして豚肉。具だくさんです。青ネギが入っている焼きそばは、あんまりありませんよね。
 (229606)

目玉焼きはしっかりと半熟で。
黄身を割るとまたシズル感が増しますね。
 (229601)

麺はカリカリまでいかないくらいのしっかりと焼き目が入った仕上がり。
しっかり焼き目のはいた麺、もやしや青ネギ、豚肉、それぞれの食感がいきていて、噛むごとに食感が違っていて美味しい。

ソースも濃いー感じではなく、割とあっさりとした味わい。これは美味しい。
京都にも焼きそばの美味しいお店はありますが、上位クラスに入る美味しさ。
 (229603)

目玉焼きと一緒に食べると、まろやかさが増し、また違った美味しさに。
 (229604)

京都の調味料、黒七味で味変を。
独特の香りと優しい辛さの黒七味もよく合いますね。なんともクセになる味わいに。この味変も秀逸でした。

今度はさっぱりと柑橘+紫蘇か、濃厚な生たまごのトッピングにしてみようかな。
 (229609)

ちなみにですが、京都店はありあませんが、進撃の諫山創巨人の先生が想夫恋でバイトをしていたそうです。

週4営業の上、ランチのみなのですこしハードルの高いお店ですが、ぜひとも伺ってほしいお店です。

店舗情報

店名:想夫恋 京都七条大宮店
住所:京都市下京区七条通大宮東入ル大工町96
電話番号:075-708-6787
営業時間:
[水~金] 11:00~14:00
[土・祝] 11:00~15:00
定休日:日曜日、月曜日、火曜日(臨時休業あり)
HP:https://sofuren.com/
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし

オススメの記事