2016年5月2日 更新

【レジャー】京都市内で本格登山!GWは新緑でリフレッシュ!!老舗茶店も出店☆「愛宕山」

紅葉シーズンもいいですが、新緑シーズンはなんだか空気も新鮮!GWは心身ともにリフレッシュ。そんな愛宕山登山をご紹介します。

京の料理人御用達の愛宕山

こちらは以前、秋の紅葉シーズンにもご紹介しました。
よく、京都の料亭や飲食店で見かける「火迺要慎(ひのようじん)」のお札。厨房に貼ってあったりします。これは、この愛宕山山頂にある愛宕神社のお札。防火の神様なんです。お店のよっては、月イチで登山して、お札を貼り替えているところも。

新緑シーズン真っ盛り!爽やかな空気が心地よい登山

 (31670)

清流が心地よい清滝川。登山はちょっとしんどいかも、という方はこの川べりを歩くのもいいですよ。地元民にとっては遠足で来たことあったり。
 (31664)

ちゃんと鳥居をくぐりスタートです。
 (31669)

本格登山といっても、こんな具合に階段状の登山道がつづきます。なので、わりと普段使いのスニーカーや軽装の方も。木漏れ日がいいですよね~
 (31671)

ところどころこんな道しるべを目印に。

途中、昔の茶店気分を味わって

 (31672)

ゴールデンウィーク限定でこんな茶店が山の中腹に。
時代劇そのままの雰囲気の駕籠(かご)と茶店。子供だったらちょっと乗せてもらったり
 (31673)

そしてこちら。創業400年の老舗・平野屋の愛宕山の名物の志んこ(団子)。
米の粉で手造りしただんご(志んこ)はニッキ・お茶・白の三色で愛宕山の九十九折(つづらおり)の坂道を表現。昔から参拝客に親しまれてきたお菓子。
これ食べて、もうひとふんばり!と。
 (31676)

もうそろそろ山頂か!
 (31674)

と、意外とここからがまた長かったり(笑)
 (31675)

途中、市内一望。昔は淡路島まで見えたとか。ホントでしょうか(笑)

山頂にたどりついたら、お楽しみの昼食

 (31677)

お楽しみといいつつ、カップ麺です(笑)
でも、これがいつものカップ麺とは違うんです!格別に美味しい!!
外で食べるということもありますが、わりと山頂は冷えるんで、こういう温かいものが美味しかったり。
もっと山メシにこだわる人は、かなりな本格調理をしてたり。それも登山の醍醐味かも。でも、あくまでも神社の敷地内。最後、ゴミや残飯は持ち帰るなど、常識の範囲内で。

わざわざ遠方に出かけて大渋滞のGWで疲れるパターン、よくありますよね(笑)
近場で、日帰り。そして、健康的で安上がり。そんな過ごし方もオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

愛宕山への口コミ

愛宕山 基本情報

名称
愛宕山

住所
京都市右京区嵯峨愛宕町
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事