2016年5月2日 更新

【レジャー】京都市内で本格登山!GWは新緑でリフレッシュ!!老舗茶店も出店☆「愛宕山」

紅葉シーズンもいいですが、新緑シーズンはなんだか空気も新鮮!GWは心身ともにリフレッシュ。そんな愛宕山登山をご紹介します。

京の料理人御用達の愛宕山

こちらは以前、秋の紅葉シーズンにもご紹介しました。
よく、京都の料亭や飲食店で見かける「火迺要慎(ひのようじん)」のお札。厨房に貼ってあったりします。これは、この愛宕山山頂にある愛宕神社のお札。防火の神様なんです。お店のよっては、月イチで登山して、お札を貼り替えているところも。

新緑シーズン真っ盛り!爽やかな空気が心地よい登山

 (31670)

清流が心地よい清滝川。登山はちょっとしんどいかも、という方はこの川べりを歩くのもいいですよ。地元民にとっては遠足で来たことあったり。
 (31664)

ちゃんと鳥居をくぐりスタートです。
 (31669)

本格登山といっても、こんな具合に階段状の登山道がつづきます。なので、わりと普段使いのスニーカーや軽装の方も。木漏れ日がいいですよね~
 (31671)

ところどころこんな道しるべを目印に。

途中、昔の茶店気分を味わって

 (31672)

ゴールデンウィーク限定でこんな茶店が山の中腹に。
時代劇そのままの雰囲気の駕籠(かご)と茶店。子供だったらちょっと乗せてもらったり
 (31673)

そしてこちら。創業400年の老舗・平野屋の愛宕山の名物の志んこ(団子)。
米の粉で手造りしただんご(志んこ)はニッキ・お茶・白の三色で愛宕山の九十九折(つづらおり)の坂道を表現。昔から参拝客に親しまれてきたお菓子。
これ食べて、もうひとふんばり!と。
 (31676)

もうそろそろ山頂か!
 (31674)

と、意外とここからがまた長かったり(笑)
 (31675)

途中、市内一望。昔は淡路島まで見えたとか。ホントでしょうか(笑)

山頂にたどりついたら、お楽しみの昼食

 (31677)

お楽しみといいつつ、カップ麺です(笑)
でも、これがいつものカップ麺とは違うんです!格別に美味しい!!
外で食べるということもありますが、わりと山頂は冷えるんで、こういう温かいものが美味しかったり。
もっと山メシにこだわる人は、かなりな本格調理をしてたり。それも登山の醍醐味かも。でも、あくまでも神社の敷地内。最後、ゴミや残飯は持ち帰るなど、常識の範囲内で。

わざわざ遠方に出かけて大渋滞のGWで疲れるパターン、よくありますよね(笑)
近場で、日帰り。そして、健康的で安上がり。そんな過ごし方もオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

愛宕山への口コミ

愛宕山 基本情報

名称
愛宕山

住所
京都市右京区嵯峨愛宕町

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【世界遺産仁和寺】1日で結願できる京都版お遍路!山登りしながら参拝!!「御室八十八ヶ所霊場」

【世界遺産仁和寺】1日で結願できる京都版お遍路!山登りしながら参拝!!「御室八十八ヶ所霊場」

京都世界遺産仁和寺の裏山に四国八十八ヶ所霊場を模した巡拝コース。山登りをしながら参拝でき、しかも1日で踏破できるのが魅力。
【京都山歩き】五山送り火でおなじみの『大文字山』へお手軽登山!休日は森林浴でエネルギーチャージ☆

【京都山歩き】五山送り火でおなじみの『大文字山』へお手軽登山!休日は森林浴でエネルギーチャージ☆

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は行楽シーズンにうってつけの市内で登山。中でも五山送り火の筆頭・大文字山へ。初心者や女性のおひとり登山者にも人気。
【京都GWイベント】ハイキング感覚でバードウォッチング@比叡山府民探鳥会☆5月6日(月・祝)開催【日本野鳥の会京都支部】

【京都GWイベント】ハイキング感覚でバードウォッチング@比叡山府民探鳥会☆5月6日(月・祝)開催【日本野鳥の会京都支部】

こんにちは!日本野鳥の会京都支部です◎今回は京都府のご協力から企画されたイベントのご紹介。ゴールデンウィークの予定が未定の方必見です!
京都愛宕神社参道のオアシス!千日詣では深夜営業の救世主的軽食店に☆「智楽庵」

京都愛宕神社参道のオアシス!千日詣では深夜営業の救世主的軽食店に☆「智楽庵」

京都愛宕山、愛宕神社の表参道にあるお店。7月31日の千日詣では夜通し営業。多くの参拝客へ軽食を提供し、無事を見守る。そして、じつは清水焼の窯元でもあり、作品も展示されるお店。
【京都夏登山】京都市内最高峰!山岳信仰の霊山!!料理人の信仰厚い愛宕神社参拝も☆「愛宕山」

【京都夏登山】京都市内最高峰!山岳信仰の霊山!!料理人の信仰厚い愛宕神社参拝も☆「愛宕山」

京都市内北西に位置する、山岳信仰の場でもある霊山。地元民の間では「愛宕さん」の愛称で親しまれている京都市内最高峰の山。山頂には防火の神様を祀る愛宕神社もあり、料理人たちの信仰も厚い。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな