2016年5月15日 更新

週末の夜は本格フレンチバルに!予約が取れない人気店「西冨家コロッケ店」@河原町松原下ル

河原町松原下ルにある「西冨家コロッケ店」は、揚げたてコロッケや揚げる前のコロッケを買い求めることができる名前の通りコロッケ屋さんなのだが、夜はコロッケや気の効いたアテでワインなどを呑めるコロッケバルになるという人気店。

 (33765)

お店はカウンター席と2人掛けテーブルが1で座れるのは10名分ほど、残りは立ち飲みスペースだが、ま、20人は入らないだろうなぁ、という感じ。ごらんのように、明らかにコロッケ屋ではない垢抜けた外観。平日は20:00までだが、土日祝は24:00まで営業。

コロッケ店なのに本格フレンチバルメニュー

 (33766)

メニューの一部。あー、これは期待が持てそうなフレンチバル的なメニュー編成。それに非常にお手頃なのだ。これは悩みますなぁ。。

コロッケは、8種類スタンバっていて、プレーン・バジル・ブルーチーズ・スモークサーモン&ディルなど凝ったものが色々で、1個¥180~¥250ぐらいのプライスゾーン。季節代わりで色々出てくる、客を飽きさせない工夫が素晴らしい。
 (33768)

グラスワインは¥450から。お手軽ですな。他にも無いですか~とお願いしたら、後で2本抜栓してくれました。
 (33769)

一目見て、あーここは繁盛するわ!と確信した前菜6種盛り。エストラゴンとアンチョビが入ったポテサラ乗せパン、鰯のマリネ、ホタルイカの乗ったダブレ(クスクスのサラダ)、グリーンサラダ、レバーパテ、自家製厚切りハム、まんなかにキャロットラペというてんこ盛りな布陣。いやー、これは嬉しいですな。。

ワインにピッタリな創作コロッケ

 (33770)

コロッケが登場。当初は全部制覇するぜ!とその気満々で、まずは半分。プレーン・バジル・ブルーチーズ・スモークサーモン&ディルから。
 (33771)

割ってみたサーモン&ディル。衣はざっくり、中は非常にソフト&ジューシー。うは、これは冷えた白ワインにピッタリじゃん!という発見。旨しですな。。
 (33772)

うわこれ旨い!とまたまた嬉しくなったブルーチーズ。芸細やか&これも赤ワインに合わせたい~なお味。サイズはピンポン玉より一回り大きいぐらいなのだが、流石に1人、3個も食べれば大満足できそうな量になりますな。。。
(ランチはコロッケ2個と、サラダのセットものなどもある模様。我々は、多分、夜狙いになりますが)
 (33773)

コロッケあと4個追加で!とお願いする作戦が木っ端みじんになった蒸し鶏。ネギと生姜の黄金ソース、パクチー乗せで¥900なり。これは!ちゃんとした創作系中華料理店で出てきてもまったくおかしくないお味。非常に柔らかくて味がしっかり乗っていて、ボリュームも十分過ぎ・・驚きました。

この充実感にしては非常にお得なお会計という感想。いやー、確実にまた来たいのですが、なかなか席が取れないのが唯一の欠点~。

西冨家コロッケ店への口コミ

西冨家コロッケ店 店舗情報

店名:西冨家コロッケ店
住所:京都市下京区河原町松原下ル植松町735
営業時間:
[月~木]11:30~20:00(ランチ12:00〜15:00) 
[金・土・日]11:30~24:00(ランチ12:00〜15:00、酒場営業18:00〜)
定休日:不定休
TEL:075-202-9837
FBページ: https://www.facebook.com/nishitomiya

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コロッケだけじゃない!夜メニューもクオリティ高し!!常に人気のコロッケ専門バル「西冨家コロッケ店」【五条河原町】

コロッケだけじゃない!夜メニューもクオリティ高し!!常に人気のコロッケ専門バル「西冨家コロッケ店」【五条河原町】

行きたい行きたいと思いつつ、いつもタイミング合わず。こちらは大人気のコロッケ専門店。ランチはとくに激戦。なので、夜ならいけるか?と。その時の様子です。
五条河原町 オサレなコロッケバル「西富家コロッケ店」【グルメ】

五条河原町 オサレなコロッケバル「西富家コロッケ店」【グルメ】

四条河原町を五条方面にテクテク歩いていくと、そこになんともオサレなコロッケ屋さんがあります。
五条河原町 新感覚コロッケ「西冨家コロッケ店」週末はバル営業もあり!

五条河原町 新感覚コロッケ「西冨家コロッケ店」週末はバル営業もあり!

五条の河原町には老舗の人気コロッケ店「長崎屋」があるのですが、実は今こちらの「西富屋」さんのコロッケ、テレビ取材されるほど最近話題になっています。
鴨川をひとりじめ?! 京都リバーサイドカフェの代表格!エフィッシュ【五条河原町】

鴨川をひとりじめ?! 京都リバーサイドカフェの代表格!エフィッシュ【五条河原町】

日々アップデートされていく、京都のカフェ事情。10年という節目を超えても衰えを知らない人気の秘密にせまります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。