2016年11月26日 更新

広沢池東・広い庭園に見事な眺望!世界救世教の聖地「平安郷」秋の一般公開開催中【11/27まで】

広沢池の東にある、世界救世教の聖地「平安郷」で、秋恒例の一般公開が開催中。一般公開では信者関係なく誰でも無料で入場OK。見事な庭園は一見の価値ありですよ〜

3日間のみの一般公開

 (63828)

広沢池東にある、宗教団体・世界救世教の施設「平安郷」。
普段は非公開ですが、春の桜、5月の藤・秋の紅葉の時期に一般公開されていて、この秋も11/27まで公開されていますよ。
 (63829)

期間中、野点では抹茶の接待や自然食の販売、コンサートや生花体験などの催しも開催。紅葉狩り以外も楽しめる内容となっています。

広々気持ちのよい苑内

 (63833)

立派な正門からの長いアプローチの先に庭苑がありますが、右に竹林、左の広沢池という、普段はお目にかかれないロケーションに心躍らせつつ庭苑へ進みます。
このアプローチだけでもめっちゃ素敵!
 (63835)

 (63851)

そして入苑。美しく手入れされた庭が広々と広がっています。
こんなに広いとは思っていなかったのでびっくり。そしてとてもゆったり配置されていて心地いい!

教祖の岡田茂吉この辺りを通りがかった際、ひと目見て気に入りこの地に土地を購入したとの事。
約1万5千坪もの敷地には2本の小川が配され、季節を彩る花木や山野草が植えられているそう。
さらに奥には約3千坪の竹林や嵯峨野を一望できる展望台もありとても贅沢なつくりになっています。
 (63850)

春は枝垂れ桜も大変美しいそう。ここに美しいピンクの花を咲かせるのでしょう。
春も是非訪れたいですね。

上の茶屋では野点で抹茶の接待も

 (63837)

 (63848)

奥にある上の茶屋では野点も行われていて、抹茶とお菓子をいただく事ができます(無料ですが気持ちのお布施を是非)。
手前で整理券が配布され順番にいただきますが、席が混み合っている時は係の方が順次案内してくださいます。
 (63839)

席は詰め合う形での利用ですが空間自体はゆったりしていて、そして広沢池を眺めながらのお茶はまた格別!
着物姿が美しい係の方もみなさん親切で、いろいろお話してくださったりと終始和やかな時間が過ごせました。

そして普段左側に広沢池を見る機会がないので、とても新鮮な風景にしばし見入ってしまいました。

プチ登山で素晴らしい眺望を

 (63841)

 (63860)

また東山と呼ばれる岡のような低山があり、頂上には展望台があります。
こちらも散策可能なので登ってみる事に。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【11/23〜26 開催】入苑無料の穴場紅葉スポット・世界救世教「聖地平安郷 秋の一般公開」【嵯峨広沢池】

【11/23〜26 開催】入苑無料の穴場紅葉スポット・世界救世教「聖地平安郷 秋の一般公開」【嵯峨広沢池】

毎年恒例、宗教団体・世界救世教の「平安郷 秋の一般公開」が今年も始まります。今年は11/23〜26の4日間開催。美しく広大な敷地での紅葉を存分にお楽しみください。
【完全版】絶賛開催中!京都有名寺院5か所の苔アート展示を大解剖!!『そうだ京都いこう』企画☆

【完全版】絶賛開催中!京都有名寺院5か所の苔アート展示を大解剖!!『そうだ京都いこう』企画☆

JR東海『そうだ京都行こう』の苔アート巡礼企画。京都の有名寺院5か所で、初秋から秋にかけて期間限定で登場する苔アート作品展示。全寺院を徹底解剖。
「平安郷 新緑の一般公開」開催中【5/5まで】

「平安郷 新緑の一般公開」開催中【5/5まで】

右京区・広沢池そば、世界救世教の施設「平安郷」では、5月5日まで「新緑の一般公開」が開催されています。春・秋とはまた違う、清々しい新緑の美しさが敷地いっぱいに広がっていますよ。
【3/30〜4/4】広沢池「平安郷 春の一般公開」 開催「池の茶屋」や「佐野藤右衛門邸」の桜も見学できます

【3/30〜4/4】広沢池「平安郷 春の一般公開」 開催「池の茶屋」や「佐野藤右衛門邸」の桜も見学できます

右京区・広沢池そば、世界救世教の施設「平安郷」では、今年も3/30〜4/3の間で春の一般公開が開催されます。合わせて近隣の「池の茶屋」や「佐野藤右衛門邸」も開放やライトアップが行われますのでご紹介します。
嵯峨広沢「平安郷」桜の見頃に合わせ4/9まで公開延長が決定【一般公開】

嵯峨広沢「平安郷」桜の見頃に合わせ4/9まで公開延長が決定【一般公開】

先日ご紹介した「嵯峨野広沢 桜めぐり」のメインとも言える、 世界救世教いづのめ教団の「京都平安郷 」。予定では4/5で一般公開が終了だったのですが、桜の開花に合わせて公開の延長が決定。今週末まで見学できますよ!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス