2019年9月8日 更新

【京都朝食めぐり】烏丸御池で知る人ぞ知る破格朝ごはん!老舗ホテル内の超穴場店☆「丁子屋」

おおきに~豆はなどす☆今回は烏丸御池エリアの超穴場朝食。老舗ホテル内にある和食店。落ち着いた雰囲気でいただくコスパいい朝食。

烏丸御池エリアの超穴場朝食

 (162809)

地下鉄烏丸御池駅から御池通を東へ。
最近の新築ホテルオープンラッシュを思うと、こちらはどちらかというと古株になりますが。地元では昔からあるよく知られたホテル。

まあ、地元民が宿泊利用することはほとんどないんですが(笑)
 (162810)

宿泊利用はなくても、館内にはレストランもあり、宿泊者以外でももちろん利用できるんですが、あまり知られていないのか、以前来た時かなり居心地よく、料理もいいのに店内空いてて穴場だったことを記憶してたんですが。

地下1階にある和食店へ。
 (162811)

朝、昼、晩とそれぞれのシーンに合せて料理を提供。
今回は以前にも利用した朝食で。朝食は2種類のみ。そのうちの770円(税込)の丁子屋の朝ご飯「丸太町」をチョイス。
 (162812)

わりと店内広々としていて、こんな靴を脱ぐ掘りごたつ式スペースも。
そして、この空きっぷり(笑)店員の方にビジター利用と告げると、かなり驚かれました。それくらい宿泊客しかあまり利用されてない様子。
 (162814)

 (162813)

アンティークや国籍を超えた調度品が飾られ、落ち着いた空間。店内にはゆるめのジャズやボサノバが流れ、リラックスできる心地よさ。
 (162815)

朝食にはセルフサービスでコーヒーが付きます。
和食の朝食でも、食後にはコーヒー飲みたい派なので、こういうサービスうれしいですね。
 (162816)

で、ほどなくして登場の「丸太町」。これでコーヒー付770円。
 (162823)

ご飯は朝に炊かれたであろう、つやつやのやつ。お米もいいやつです。たっぷりで美味しい!
 (162817)

メインのおかずとなる焼き鮭。以前食べた時もそうでしたが、けっこう大きめの切り身。フレッシュなサラダも添えられてます。
 (162819)

ふっくらとした身がたっぷり。
 (162818)

メニュー画像は出汁巻玉子でしたが、玉子料理ということで、この日は温泉卵。最近は温泉卵が多いそうですが、出汁巻玉子の時もあるそうです。
 (162820)

ツルンと出汁ごといただきました。
 (162821)

 (162822)

お味噌汁は赤出汁ベース。お麩とワカメが具材。赤出汁のリッチ感。
 (162824)

ご飯のお供たち。お漬物は2種類。
 (162825)

小鉢には切り干し大根。このくらいの量がちょうどいいですね。ご飯がすすみます。
 (162826)

海苔もついてて、旅館風。
 (162827)

最後、セルフのコーヒー。おかわりしてゆったりとした時間を過ごしました。
 (162828)

もちろんロビーともつながり、帰りはエレベーターで正面玄関から(笑)
 (162829)

これだけ充実してて、満足度大なのに、この空きっぷり(笑)
超穴場のオススメ店。こんなアクセスいい場所に、美味しい朝食店があるって知ってる人少ないんやろなぁ~

ヨ~イヤサ~♪

丁子屋 への口コミ

詳細情報

住所:京都府京都市中京区亀甲屋町595
電話番号:050-3461-4929
営業時間:朝食7:00~9:30 昼食11:30~15:00 夕食17:30~24:00
定休日:不定休
公式サイト:https://kdfr901.gorp.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな