2017年1月24日 更新

西大路で洋食ならココ!冬はカキフライのセットがオススメ「手作り洋食の店 ぱ・らんて」

西大路エリアの人気店、洋食と言えばココを挙げる方も多いんでは?「手作り洋食の店 ぱ・らんて」さんです。

移転しますますパワーアップ!

 (69996)

JR西大路駅から徒歩10分くらい、西大路七条の交差点近くにある「手作り洋食の店 ぱ・らんて」です。以前は別の場所にありましたが、昨年3月にこちらへ移転リニューアルされました。
 (69997)

1階のごはんやさんも気になるところですが、お目当ての「ぱ・らんて」は2階なのでこちらの階段から上がっていきます。
 (69998)

洋風のレンガ調の壁がオシャレで、窓も大きく光がたくさん入ってくるので店内は明るく開放的です。
 (70007)

メニューの一部をご紹介!ステーキやビーフカレー、自家製のチーズドリアも評判です。
今回は店名のはいった、ぱ・らんてランチを!
ハンバーグとフライもののセットを選べるんですが、この季節はカキフライも選べます。つきあわせには、みそ汁かミニうどんを選べます。洋食屋さんでありながら和風なセットですね。

名物!ボリューム満点のぱ・らんてランチ

 (69999)

名物のら・ぱんてランチ(1050円)です。メインは自家製のハンバーグとカキフライにしました。
サラダやつき合わせなど、見ての通り全体的にボリュームがたっぷりです。
 (70000)

デミソースもたっぷりでハンバーグも美味しそうですよね!大粒のカキフライは4個のっていています。タルタルソースがたっぷりなのもうれしいです。旬のカキフライはもちろん美味しくサクッとした衣の中にはぷりっと濃厚なカキがたまりません!

かぼちゃの煮ものもぬかりなく美味しかったです。
 (70001)

ハンバーグの断面画像です。流行りの肉汁たっぷり系ではありませんが、肉感もたっぷりで肉そのものを美味しさを味わえます。最上級の家庭のハンバーグのような美味しさです(笑)

洋食屋さんでありながら、和のテイストもたっぷり!ボリュームはたっぷりですが優しい味付けで、ペロっといけちゃいます。

西大路エリアで洋食と言えばココがオススメ!また行ってみてください。

手作り洋食の店 ぱ・らんて クチコミ情報

手作り洋食の店 ぱ・らんて 店舗情報

店舗名:手作り洋食の店 ぱ・らんて
住所:京都市下京区西七条南衣田町78−1
電話番号:075-322-5708
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:45)
定休日:月・火曜日の夜

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

やっと行けました(笑)千本北大路にある地元密着型の洋食店。とくに冬場のカキフライはこちらの名物メニュー。SNSでもよく話題にのぼる人気店。
京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内、お店の名前は「西洋酒樓 六堀」なり。元はフレンチの「Restaurant むとう」なるお店で、そこのシェフが代替わりされて洋食店に衣替えされたのだ。
【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

京都国立博物館の国宝展帰りに立ち寄った洋食ランチ。この辺りでは有名な老舗洋食店。アットホームな雰囲気で人気。行ってきました。
サクサクとんかつが最高!地元支持率の高い西大路の人気店「勝裕(かつひろ)」

サクサクとんかつが最高!地元支持率の高い西大路の人気店「勝裕(かつひろ)」

西大路七条近くにある地元支持率の高い人気のとんかつ店「勝裕(かつひろ)」。自慢のサクサクとんかつをたっぷり頂いてきました!
可愛いらしい地元の人気洋食店「トマトさん」@丹波口の巻っす

可愛いらしい地元の人気洋食店「トマトさん」@丹波口の巻っす

丹波口、壬生川通花屋町のトマトさんで洋食ランチっす。可愛いらしいトマトの暖簾が目印です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン