2017年8月24日 更新

【京都八瀬】サウナマニアの聖地!1300年余の伝統を持つ日本古来のかまぶろ体験「八瀬かまぶろ温泉 ふるさと」

銭湯や温泉、とくにサウナ好きには素通りできない魅惑のスポット。1300年余の歴史を持つ日本古来のサウナであるかまぶろ体験ができる八瀬。ずっと気になってて、ようやく念願かなって行ってきました。

京都市内です(笑)

 (91867)

市内も広いですよね。左京区です。バス停にこんな表示。
昔はレジャー施設やプールあって、来る機会もよくあった八瀬。

以前から気になっていた、日本最古のサウナであるかまぶろ体験をしようと。八瀬へのアクセスは叡電もありますが、目指す目的地には京都バスのほうが便利で。
 (91866)

バス停から徒歩5分程度。ここが目指すかまぶろのあるお宿。予め日帰りで入浴できるか当日電話で確認しました。食事付き入浴の場合は前日までの予約が必要。日帰り入浴はその都度空きがあれば入浴可能という流れで。入浴料は1000円。
 (91868)

橋の名「かまぶろはし」て言うんですね。さすがかまぶろの里。
 (91872)

宿の庭には、その「竈風呂」が。昔使ってたかまぶろはこんなだったんですね。京都市指定有形民族文化財。そんなカテゴリーあることも初耳(笑)
 (91873)

人ひとり四つん這いにならないと入れないような小さな穴。ここから入ります。

従来“かまぶろ”は外見も炭焼窯に似た形で“かま”の中は六畳敷ぐらいの円形。照明の設備もなく、昔は中を焚くのに十数時間かかったんだとか。
 (91870)

 (91871)

千三百余年前白凰年代、のちの天武天皇が八瀬で流矢を背に受け、傷を癒すために村人の献じたと伝えられる。洛北の八瀬(矢背)の地名の起源もここから。"かまぶろ"が我国古来入浴法であることは幾多の文献にもあり。
 (91875)

で、宿へ入り、いざ入浴。
 (91877)

女性浴場の扉を開けるとデーンとかまぶろ登場。
 (91878)

 (91886)

そして、かまぶろの横には普通の大浴場。
 (91888)

かまぶろから出たら、こちらで汗を流します。鄙びた感じがいいです。
 (91879)

 (91880)

いろいろ作法や健康効果について書かれています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都湯めぐり】最古の公許花街・島原で日帰り入浴!湯治場のような癒し効果☆湯の宿松栄「誠の湯」

【京都湯めぐり】最古の公許花街・島原で日帰り入浴!湯治場のような癒し効果☆湯の宿松栄「誠の湯」

京都中央卸売市場の東側。日本、京都最古の公許花街。新撰組ともゆかりが深く、当時の趣きそのまま現存する場所・島原。そんな一角にある湯の宿。日帰り入浴もでき、充実の設備。
【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館の名庭を望むレストラン!テラス席で四季を体感☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館の名庭を望むレストラン!テラス席で四季を体感☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままでモダンに進化。今回はレストランをご紹介。
【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままにモダンに進化。今回は客室をご紹介。
【京都銭湯めぐり】昭和レトロ感がたまらない!植物園スグで休日は朝風呂営業☆「鴨川湯」

【京都銭湯めぐり】昭和レトロ感がたまらない!植物園スグで休日は朝風呂営業☆「鴨川湯」

北大路通り、北大路橋から東へ一筋下った場所にある、昭和レトロな銭湯。脱衣所の内装は昭和そのもの。この日は休日の土砂降りの雨の中、貸切状態たっだので快く撮影させていただきました。
【京都温泉めぐり】知る人ぞ知る市内の秘湯!関西イチを誇る天然ラジウム霊鉱泉「北白川不動温泉」

【京都温泉めぐり】知る人ぞ知る市内の秘湯!関西イチを誇る天然ラジウム霊鉱泉「北白川不動温泉」

京都市内にある数少ない秘湯の一つ。北白川、人里離れた滋賀に抜ける山越え道の途中にある温泉。関西イチの含有量を誇るラジウム泉は効き目絶大で、湯治感覚で日ごろの疲れを癒やしてくれる。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな