2022年10月11日 更新

【京都朝カレー】四条河原町で身体喜ぶ朝食を☆ビリヤニ好きも必訪「スパイスゲート」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区四条河原町にもスグの繁華街にある朝から営業するスパイスカレー専門店。ある種和朝食にも似た身体喜ぶ朝カレー。

朝食店の多い京都で食べたい変わり種の朝カレー

 (230613)

下京区の繁華街。四条河原町にも程近い、四条寺町下がった場所にスパイスカレー専門店『スパイスゲート(SPICE GATE)』があります。2022年5月にオープンした、まだ新しいお店。

この日は朝活の途中、いつもならトーストとコーヒーみたいな喫茶店モーニングで済ませることしばしばの朝食ですが、ちょっといつもとはテイストの違うものを食べたいと思い、朝カレーを提供されてるこちらのことを思い出しやってきました。
 (230614)

元々、四条烏丸にある人気のビリヤニ専門店『INDIA GATE』の姉妹店で、そのスパイス使いには定評があり、さらに7時30分~14時という、カレー店では珍しい営業時間のお店。逆に朝活派にはうれしいお店とも言えます。
 (230615)

お店は2階にあります。
 (230616)

 (230617)

 (230618)

店内はウナギの寝床スタイルの細長い間取りになっていて、カウンター席とテーブル席があり、シンプルな内装ながら、家具のペイントなど手づくり感やオリジナルの個性が光ります。

店内には細野晴臣やハナレグミらしきBGMも流れ、まったりとした雰囲気もあったり。
 (230619)

 (230622)

 (230623)

 (230624)

 (230625)

 (230626)

手前のスペースにはスパイスやハーブ、あと京都の輸入食材店でもあまり取り扱いのないようなスパイスや調味料も並びます。個人的に思うところでは、インド・スリランカで生まれた世界最古の伝統医学アーユルベーダでよく聞くギ―があるって凄いな、とか(笑)

 (230628)

 (230627)

で、この日の朝カレーは2種類で、鶏キーマと魚介出汁1200円の温かいタイプとサバとみょうがの冷やし出汁1300円のカレー冷たいタイプ。今回は温かい鶏キーマと魚介出汁カレーをチョイス。
 (230629)

ご飯の量は大盛り100円にしたり小盛り-50円にしたり調整も可能。特徴的なのが、バスマティライスを使用し、老舗の宇治茶問屋・北川半兵衛の煎茶を入れて炊き上げたものとか。ちょっとビリヤニ感も楽しめるような。
 (230630)

カウンターには味変材のカシミールチリミックスが配置され、こちらは販売もされています。
 (230631)

で、登場したのがこちら。
 (230632)

中央に煎茶入り、みょうがの乗ったバスマティライス、その周囲に各種具材が乗っています。手前から時計回りで、鶏キーマカレー、アオサ海苔、焼き野菜自家製ハーブふりかけ(カボチャ、エリンギ、ズッキー)、ゆで卵、ニゲラの梅キクラゲ、大根とカシミールチリの千枚漬け、リンゴのアチャール、小松菜のインド風お浸し、アサリとメースの佃煮、トマトと玉ねぎのカチュンバル、ピーマン。
 (230633)

そして別添えのカレーリーフ香る魚介出汁カレー。これをアオサ海苔中心にかけて風味を出してから混ぜ合わせて食べると美味しい、とのこと。
 (230634)

まずはそれぞれの味見。煎茶入りバスマティライス。ふんわり香るアクセントに。
 (230635)

鶏キーマは胸肉とモモ肉でさっぱり仕上げた朝向けのカレーに。
 (230636)

トマトと玉ねぎのカチュンバル。酸味と食感がいいアクセントに。
 (230637)

こういうアサリの佃煮入ると、一気に和朝食的趣きにもなり、誰しもほっこり。
 (230638)

甘みと酸味のサクサクのダイス状リンゴ。
 (230639)

カシミールチリ風味の千枚漬け。漬物って考えてみると全般カレーに合うものばかり。そして、ますます和朝食感も(笑)
 (230640)

面白い取り合わせの梅キクラゲからも和風感(笑)
 (230641)

で、指示どおりまずはアオサ海苔に魚介出汁カレーをかけると、一気に磯の風味。
 (230642)

そこから、いろいろなパーツと混ぜつつ、味を楽しみます。アオサ海苔と魚介出汁カレーの親和性がいい。
 (230643)

ちょっとアクセントにリンゴを混ぜつつ。バスマティライスはもしかしたら朝食向きのご飯かも、と。わりと軽い口当たりで変にお腹にたまらない、野菜感覚にも似た腹持ち具合というか。
 (230645)

とろんと半熟ゆで卵も。

スパイスカレーと言いつつ、朝仕様なのかマイルドな味わいで、ヒリヒリとした辛さみたいなものはほとんど感じません。なので、朝から辛いの?という心配は無用というか。
 (230644)

途中、ふんわり香る程度に追いスパイス。こうして食べてみると、完全に朝食向けのカレーというか、和朝食にも通じる食材要素というか。魚介出汁カレーはお味噌汁のアレンジ版、さらに具材たちは和惣菜の延長のようでもあり。なので、万人が好きかもしれないと思える朝カレー。まったく異質なもの食べてる感じがしない朝食(笑)それが証拠に、わりと年配の方も来店されていたり。

たまにこんな朝食も面白いな、と思える朝カレー。朝活の合間にスパイスチャージして、一気に身体を覚醒したいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:スパイスゲート(SPICE GATE)
場所:京都市下京区恵美須之町546 寺町しきさいビル2F
電話:075‐741‐7554
営業時間:朝7:30〜11:00 昼11:30〜14:00 L.O スパイス販売7:30〜16:00
定休日:基本的に無休
関連サイト:https://www.instagram.com/kyotospicegate/
35 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事