2019年4月29日 更新

【電電明神】☆電波・電気関係にご利益☆京都嵐山の『電電宮』をご紹介【法輪寺】

電気・電波・電子関係の守り神【電電明神】が祀られている『電電宮』が、京都・嵐山の法輪寺境内にあるので行ってきました。筆ペン画家の最先端星人がレポートします。

京都・嵐山【法輪寺】にある『電電宮』

 (151245)

京都・嵐山にある、十三まいりで有名な【法輪寺 (虚空蔵法輪寺)】
8世紀に建立された歴史のある寺院です。
古くは清少納言の「枕草子」に京都の代表的寺院として綴られており、「今昔物語」では本尊・虚空蔵菩薩の御利益について描かれています。
 (151243)

本殿には【虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)】がまつられており、通称「嵯峨の虚空蔵さん」と呼ばれて昔から親しまれています。

虚空蔵とは「虚空」つまり森羅万象を包む「宇宙」を、大きな「宝蔵」に財宝がつまっている様子と同様であるとして、虚空の姿を宝蔵になぞらえて虚空蔵というそうです。
その名の通り、さまざまな無限の御利益を人間、動植物、物資の生産にいたるまで施し、守護おまもりしてくださります。
 (151244)

法輪寺の境内に、電気・電波・電子関係の守り神【電電明神】を主神とする鎮守社『電電宮(でんでんぐう)』があります。

電気・電波・電力・電子関係を守護し、御利益があるとして、電気・電波関係者や最近ではIT関係者なども遠方からお詣りに来ているそうです。
 (151246)

 (151248)

 (151247)

電気・電子関係企業だけでなく、個人でもご自身のスマホやパソコンの厄除けとして訪れる人も多い。
SNS詐欺やウイルス、ハッキングからの守護祈願でしょうか?
スマホ・ネット社会の現代人にはとても有難いご利益ですね。

法輪寺ではスマホなどに入れられるSDメモリカードのお守りがあり、電気自動車・ハイブリッドカーの電機システムの安全祈願も受け付けている。
 (151249)

パナソニック、関電、NTT、民放テレビ局、ドコモ、楽天、etc…
そうそうたる電気・電波企業、産業が電電宮護持会の会員となっている。
 (151254)

 (151250)

法輪寺には、電気・電波の発展を築いた電気研究の偉人であるエジソンと、電磁気研究の偉人ルドルフヘルツの功を顕彰する胸額の碑と、電気電波の発展に貢献された先覚功労者の霊を慰める塔がある。
 (151252)

 (151253)

 (151251)

 (151255)

普段、私たちが生活していく中で欠かせない存在の電気・電波。
ぜひ一度、電電宮へ訪れてみてはいかがでしょうか?

法輪寺・電電宮 詳細情報

◆住所/京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町

◆電話/ 075-862-0013

◆HP/https://www.kokuzohourinji.com

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

最先端星人(筆ペン画家) 最先端星人(筆ペン画家)