2016年11月28日 更新

町家づくりの超人気コーヒー専門店モーニング!焙煎工程も堪能できる驚きの空間☆「市川屋珈琲」【京都清水寺周辺】

おおきに~豆はなどす☆今回はオープン当初から話題沸騰の人気自家焙煎コーヒーが評判のお店。ちょうど近くでの紅葉観光の合間にモーニングを頂いてきました。

渋谷通り沿いの町家リノベーション

 (63926)

この日は紅葉観光の合間にモーニングを、ということでちょうど近くまで来たのでこちらへ。
オープン当初から話題沸騰で高評価であることは知ってましたが、なかなか機会なく、今頃初訪問。
 (63927)

町家リノベーションの落ち着いた雰囲気。入店しようとした時、同時に入ろうとした方に「京都って、雰囲気いいお店多いですね」と声をかけられ、他がどうかわかりませんが、そうかもしれないなと。
 (63928)

町家の古い雰囲気も壊さないデザインの看板。

オープン9時過ぎでこの盛況ぶり

 (63931)

紅葉シーズンだからってことですかね。
9時過ぎに入店しましたが、すでに広めの店内は9割がた席が埋まっていて盛況。なんとか相席で1回転目に潜り込めましたが、その後も客足は途絶えず満席待ちの方も。
 (63935)

こんなカウンター席もあり。それにしても、ステキな雰囲気であることは確か。
 (63930)

最初から市川屋モーニング650円と決めていましたが、一応他もチェック。フルーツサンドが有名なんですよね。よくSNSで画像見かけます。
 (63929)

で、モーニングについてるコーヒーはこの3種類から選べるというのは、ずいぶんお得感あり。
 (63933)

注文後待ってる間、エラい室内がモクモクしてるな、と思って隣のスペース見るとまさに自家焙煎中(笑)
スゲー!火事かと思うほどの本気のモクモク加減。店内には苦味、甘味、あとわりと深煎りなのかな?とわかるような焙煎放香。
 (63934)

インテリアのようにカップ&ソーサーが飾られています。こちらで販売もされてます。ご主人の父、兄上が陶芸家ということだそうです。清水焼の本拠地ですもんね。このあたり。
 (63936)

先にコーヒーが。私は馬・町ブレンド。「重厚な苦味と深いコクが心地いい。独特のうまみ、とろみ感はコーヒーの醍醐味」という特徴。深い焙煎。しっかりとストロングなコク、苦味、風味。後味がいつまでも残る個性的なコーヒー。
器がいいですね~父上の作品だそうです。木蓮柄かな?
 (63937)

奥は友人チョイス。
市川屋ブレンド。「ふわり抜ける爽やかな甘い香りとコク。日々に寄り添う、店主のいちおし」という特徴。
私の器とは対称的に青磁の器。上品な色。

ネルドリップでひとつひとつ丁寧にご主人が淹れてました。
 (63939)

で、程なくして市川屋モーニング。半熟柔らかゆで卵、サラダ、ベーコンとトーストにはたっぷりとバター。発酵バターなか?ちょっと独特の風味のバターでした。軽めのモーニングでしたが、丁寧に作られた感のあるいいモーニングでした。

まあ、今度は平日のゆっくりした時間にフルーツサンドですかね。

ヨ~イヤサ~♪

市川屋珈琲 への口コミ

市川屋珈琲 基本情報

住所:京都市東山区 渋谷通東大路西入鐘鋳町396-2
電話番号:075-748-1354
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日、月末水曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/ichikawayacoffee/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな