2018年2月12日 更新

【歴史上の人物が食べたもん巡り】幕末、「新撰組」が大好きだった「総本家 近清」のお漬物

創業1764年 総本家 近清は江戸時代半ば西本願寺のお膳場にお漬物を献上、幕末期には新撰組が八木邸から西本願寺に本拠地を構え西本願寺に漬物を献上していた近清は新撰組にもお漬物を献上。新撰組がよく食べていたお漬物と筆者がオススメするお漬物を紹介!

「新撰組」が大好きだった「総本家 近清」のお漬物

【知る人ぞ知る】創業1764年 京都最古のお漬物屋 総...

【知る人ぞ知る】創業1764年 京都最古のお漬物屋 総本家 近清。新撰組ファン 役者 プロの料理人が買いに来るお漬物屋

新撰組が好きだった お漬物屋 総本家 近清の場所は京都市営地下鉄 烏丸御池駅から徒歩5分くらいで堺町通三条の北にありイタリヤ料理店(イタリア国旗が目印です)の向かいにあります。
 (114225)

店内はゆったりとしていて清潔感があります。
 (114333)

壁に飾ってある深みのある立派な木の看板には店名と創業の元号が書かれてます。創業は明和元年 天皇は後桜町天皇と将軍は徳川家治がいた時代ですね。次は冷蔵ショーケース内にある一部のお漬物達を見ていきましょう!
 (114480)

【まさに冬の至宝】総本家 近清の千枚漬けを1度 食べた...

【まさに冬の至宝】総本家 近清の千枚漬けを1度 食べたら他店の千枚漬けはもう食べられない美味さ

東京ミシュランガイドでミシュラン3つ星☆のノミネートを辞退した 東京にある和食最高峰の店 京料理屋 の料理長も総本家 近清の千枚漬けが大好き。僕も総本家 近清の千枚漬けを食べて千枚漬けが大好きになりましたね 総本家 近清の千枚漬けを食べたら他店の千枚漬けが食べれなくなりました と言う声も聞かれます。総本家 近清の千枚漬け 販売期間は冬(11月下旬〜2月上旬)のみです
お漬物は江戸時代から変わらぬ総本家 近清の伝統製法で保...

お漬物は江戸時代から変わらぬ総本家 近清の伝統製法で保存料 着色料 化学調味料の添加物は一切入っていない体に優しいお漬物。

総本家 近清のお漬物の品数は他店のお漬物の品数と比べたら少ないです。なぜかと言いますと総本家 近清のこだわりで野菜の旬を見逃さない 旬の野菜のみしか販売しないからです。お漬物は添加物が一切入っていない完全無欠の完全無添加!調味料と野菜は国産!鮮度抜群で野菜の味がきちんとする こだわりの体に優しいお漬物です。プロの料理人も総本家 近清のお漬物を店にだされてます。
次は新撰組がよく食べていたお漬物を紹介!
 (114547)

【新撰組がよく食べていたお漬物は本干沢庵と瓜奈良漬】

【新撰組がよく食べていたお漬物は本干沢庵と瓜奈良漬】

新撰組は沢庵と奈良漬けを微塵切りにして どんぶり鉢に 盛って食べていたそうです。皆さんも新撰組の食べ方をマネしてみてはいかがでしょうか。次は僕がオススメする総本家 近清のお漬物を紹介します。
オススメするお漬物は味噌漬大根と千枚漬けと瓜奈良漬け

オススメするお漬物は味噌漬大根と千枚漬けと瓜奈良漬け

味噌漬大根は酸味と甘みとコクが融合してすごくいいです。ご飯と一緒に食べたら美味さ倍増でご飯は何杯でもいけます。味噌漬大根を販売している店は見かけないので もしかしたら京都市内では総本家 近清にしか売ってないかもしれません 。瓜奈良漬けは酒粕の風味とコクがマリアージュしていてご飯によく合いますし酒のアテにも合います。先ほど紹介した千枚漬けは、千枚漬けのかぶから甘みが出てて絶妙な味付けでまさに匠の一品 。 新撰組が好きだった総本家 近清のお漬物 是非 ご賞味して下さい 絶賛オススメです

総本家 近清 本店 クチコミでの評判

総本家 近清 本店 店舗情報

店名:総本家 近清 本店
住所:京都市中京区堺町通三条上ル大阪材木町699-1F
電話番号:075-257-7066
営業時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝
関連ページ: https://www.kyo-tsukemono.jp/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発酵食品めぐり】京都三大漬物のすぐき漬の名店!300年以上の伝統の味☆「御すぐき處 なり田」

【京都発酵食品めぐり】京都三大漬物のすぐき漬の名店!300年以上の伝統の味☆「御すぐき處 なり田」

京漬物といえば、これ!という代名詞のような、京都三大漬物の一つである『すぐき漬』。その代表格ともいえる上賀茂にあるお店。行ってきました。
【京都発酵食品めぐり】京漬物のしば漬の郷・大原の老舗漬物店!工場見学もできる☆「土井志ば漬け本舗」

【京都発酵食品めぐり】京漬物のしば漬の郷・大原の老舗漬物店!工場見学もできる☆「土井志ば漬け本舗」

京漬物の代表格でもあるしば漬。そして、そのしば漬の郷といえば、赤紫蘇の産地でもある大原。明治創業の老舗「土井志ば漬け本舗」。本店へ行ってきました。
【京つけもの西利 本店】で白ワインとともに「京漬物パーティー(無料)」を楽しむ『最先端星人の京都探索』

【京つけもの西利 本店】で白ワインとともに「京漬物パーティー(無料)」を楽しむ『最先端星人の京都探索』

伝統の京漬物や創作漬物、健康漬物などが楽しめて、京都のお土産としても人気の「京つけもの西利」。今回、七条堀川にある本店でワインと宇治茶とともに西利の漬物を楽しめる「京のつけものパーティー」を楽しんできました。
京都老舗かまぼこ店が手掛ける粕汁を手軽に家で!伏見の有名酒蔵の大吟醸酒粕使用☆「茨木屋」

京都老舗かまぼこ店が手掛ける粕汁を手軽に家で!伏見の有名酒蔵の大吟醸酒粕使用☆「茨木屋」

スーパーで買い物をしていて見つけたレトルトタイプの粕汁。京都老舗かまぼこ店が手掛けるこだわりの逸品。酒粕も酒処伏見の酒蔵の大吟醸酒粕を使用した贅沢な粕汁。試食してみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

strongman1978 strongman1978