2016年4月2日 更新

舞鶴 こってり系不思議なオリエンタルムード!「一丁」【ラーメン】

舞鶴港へ釣りに行く途中の昼食時。腹ごしらえにどこかないかと探していたところ、こちらラーメン「一丁」へ。店前駐車場にも車がけっこう停まってたので人気店に違いない!と行ってみました♪

 (26599)

 (26600)

 (26601)

 (26602)

一瞬、エスニック料理を食べに来たのか?と錯覚する店内。オリエンタルな雰囲気の装飾がいろいろと。ラーメン以上にその経緯が気になります(笑)店員もエスニック柄のスカートを着用。

地元で人気店なんでしょうね。客が入れ替わり立ち代り。20年位前から続いてるお店みたいです。
 (26604)

そして、やはり店一押し。名物とんこくラーメン、あと期間限定の一丁黒(ブラック)。サイドメニューもいろいろ注文。
 (26606)

九条ねぎ好きにはこの入れ放題システム、たまりません(笑)
 (26608)

卓上のキムチやニラも好きなだけ。ご飯は健康志向で麦が混ざってます。

チャーシュー薄くスライスやわらか食感

 (26611)

こちらが標準のとんこくラーメン。そして、ここからがネギスキーの腕のみせどころ。
 (26613)

幸せ色の緑で埋め尽くし、入れ放題システム有効利用(笑)
 (26615)

こんなかんじで、麺を手繰り寄せるかんじで。食べやすいストレート麺。スープはこってり過ぎる風でもなくクセなくコクもあり食べ易い。チャーシューは薄くスライスされて脂少な目ですがやわらかい食感で女子好み。
 (26617)

そして、もう一品の一丁黒。こちらは対照的に澄んだあっさりスープ。スープ色黒ですが、それほど醤油感が際立ってるというほどでなくブラックペッパーが効いていてちょうどデカチャーシューとのバランスがいい。

どちらも食べやすいラーメンでしたね。他、サイドメニューが充実してるので小さいお子さん連れの家族が多かったですね。

お近くに立ち寄った際はぜひ!

一丁への口コミ

一丁 基本情報

名称
一丁
住所
京都府舞鶴市字平野屋82
電話番号
0773-76-3560
営業時間
11:00~翌1:30
定休日
水曜日
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな