2021年3月5日 更新

プロに聞いた!肩・腰のだるさが解放される4つのセルフケア術【京都・平川接骨院】

在宅ワークで疲れた身体のために! 首・肩・腰に効くセルフケア術を、京都の「平川接骨院」で聞いてきました。」

こんにちは!社領エミと申します。

緊急事態宣言が発出され、世の中が「大・在宅ワーク時代」へと突入してからもうすぐ1年。正直言って、そろそろ身体が限界です……!

自宅のデスクや椅子が馴染まず、仕事中もなんだか集中できない。日頃の運動不足も相まってか、仕事終わりは肩と腰がずっしり重い……。皆さんも、こういった症状に覚えがあるのではないでしょうか?

そんな辛い症状を少しでも軽くしたい! ということで、訪れたのは京都市南区にある「平川接骨院 南区本院」。
 (202172)

創業45年、京都府内に13ものグループ院を持つ老舗の接骨院さんに、4つの「首・肩・腰を解放する、おうちでできるセルフケア術」を教わってきました!

※この記事は、平川接骨院グループの提供でお送りします。

座っているだけでも負担に! 大切なのは「同じ姿勢を続けないこと」

 (202170)

お話を伺うのは、マスク越しでも笑顔が素敵な柔道整復師・鍼灸師の林 宏和さんです。
 (202173)

明るく綺麗な院内にてお話をお伺いします!
――こんにちは、今日はよろしくお願いします! コロナ禍の在宅ワークや運動不足のおかげで、肩や腰が辛いです。解消方法を教えてください。

林さん:在宅ワークによって腰痛や肩こりが悪化した方、うちのお客様でも多いですよ。

――そうなんですね。やはり、姿勢が悪いから辛いのでしょうか。

林さん:というよりも、長時間同じ姿勢をとって身体に痛みが出てくるのは、簡単に言うと筋肉の血流が悪くなってしまっているからなんです。

座っているときでも、座る姿勢を維持するための筋肉は緊張しっぱなし。筋肉にとっては同じ姿勢を維持することがもっとも負担になるので、どれほど良い椅子で作業をしたとしても、長時間同じ姿勢を保っていると絶対に疲労はします。なので、定期的に身体を動かして、ある程度筋肉の血流をよくしてあげることが大切です。

そこで、ぜひ日々のケアとして最初に取り入れてほしいのは、できれば20分に1回、立ち上がって身体全体を動かすこと。
 (202179)

林さん:足や背中、おしりをぶらぶらと動かしてあげてください。少し動かすだけでも流れが悪くなっていた血管が解放されるので、1回につき30秒ほどで大丈夫です。最低でも1時間に1回はやって頂くと、これだけでコリ予防になりますよ。

――姿勢や骨の歪みのせいで辛いのかと思っていました。筋肉の血流が大切なんですね。

林さん:いろんな考え方がありますが、うちは辛い症状の原因は筋肉の血流にあると考えています。血流が悪くなり、縮んで固まった筋肉によって痛みやしびれ、骨の歪みが生じる。ですので当院は、筋肉のこわばりをとり、血流を良くすることで症状を改善するといった治療法を行なっています。

肩を解放するセルフケア術 ①「肩すくめ体操」

それでは具体的に、プロの林さんに「肩・腰に効果的なセルフケア」をそれぞれ2つずつ伝授いただきましょう!
まずは首・肩まわりの運動から。肩こりの原因の多くに、肩甲骨周りの筋肉が固まっていることがあるそうで、ゆくゆくは四十肩・五十肩の原因にもなるんだとか……。そんな肩甲骨周りをほぐすには、「肩すくめ体操」が効果的。
 (202184)

林さん:いつもの動きの中であまり動かせない肩甲骨を柔軟に動かす体操です。最初はそれぞれ5回ずつくらいで、あくまで気持ちよく伸びる程度の強さで行なってくださいね。肩の筋肉の延長線上には首や頭の筋肉もあるので、頭痛や首のだるさにも効果が期待できます。

肩を解放するセルフケア術 ②「大胸筋ストレッチ」

せっかく肩甲骨がゆるんでも、大胸筋が縮んだままだと身体が丸まってしまいます。お次は、身体の前面をほぐす「大胸筋ストレッチ」
 (202188)

林さん:腰が丸まったり、いらないところに力が入らないようにして行なってください。こちらも気持ちよく伸びる程度で構いませんよ。
 (202190)

――2つのストレッチを行うだけで、肩周りの可動域が全然変わりました! 肩甲骨を無理なく寄せられるので、気持ちよく胸を張ることができますね。

腰を解放するセルフケア術 ①「ひねり体操」

腰回りに不安のある私にご提案いただいた体操が、もっとも腰に負担のかからない「ひねり体操」
 (202194)

――これだけでいいんですね!
 (202196)

――普通に浮いてますね。

林さん:実はここ、腰に柔軟性があると浮かないんです。腰や骨盤周り、股関節の筋肉が柔らかいと、ぴったり床にくっつくんです。
 (202198)

林さんに見本を見せてもらいました。驚き! 背中から腰にかけて、ぴったりベッドにくっついています。

林さん:ここが浮いちゃうくらい筋肉が固まっていると、だるさや痛みが出やすいんです。お風呂上がりなど、血流がよくなっている時に行うと効果的ですよ。

腰を解放するセルフケア 術 ②「骨盤体操」

長時間同じ姿勢をとると腰にだるさが現れる方におすすめなのが、座った状態でできる「骨盤体操」。腰に痛みがある方は、無理しないようにしてくださいね。
 (202202)

林さん:骨盤周りの筋肉と、股関節の細かい筋肉を使う運動です。変な力が入らなければ痛みは出ない運動なので、なるべく身体の力を抜いて行なってください。

――教えてくださりありがとうございました! 実際に4種類やってみて、かなり身体が軽くなりました。このセルフケアはどのくらいの頻度で行えばいいでしょうか?

林さん:低でも毎日朝と夜に1度ずつ、余裕があればお仕事の合間にも行なってほしいです。1度やって変わるのはなかなか難しいので、無理しない程度に少しずつ続けるのがとても大事だと思います。だんだん姿勢も保ちやすくなると思いますよ。

――必ず毎日やります! 最近は少し座っているだけでだるさを感じるので、大変助かります。

林さん:なるほど。だとすると、慢性的に血流が悪いかもしれないですね……。少し、診せてもらってもいいですか?
 (202204)

林さん:……肩も腰も、カンッカンに凝ってますね!!

――そうですか?全然自覚がなかったです!(カンッカンって表現するんだ……)

林さん:けっこうきついほうだと思います。背骨の横の筋肉がカチカチになってるの、わかりますか?

――はい、背骨のすぐ横の……え? これ、骨じゃないんですか?

林さん:骨じゃないんですよ。肩も固いですね。腕をぐるっと回してください、音がしたり、違和感があったりしませんか?

――ゴリゴリいいますね……もしかして、普通は無音で回るんですか!?(画面の前の皆さんも、腕を回してみてください!)

林さん:無音です! おそらくゴリゴリの原因は、血流が悪くなったために発生した筋肉のしこりと骨の摩擦です。

こういった筋肉のしこりは「トリガーポイント」といって、ご自身だけではかなり改善しにくい症状になります。パソコンをしていたら肩が凝るとか、首がだるいとか、自覚症状が出てらっしゃる方はトリガーポイントを治療すると改善しますよ。よければ、実際に施術をしてみましょう。

――やったー、ありがとうございます!

何もかもが丁寧すぎる! 平川整骨院の施術体験

というわけで、特別に施術を受けさせていただくことに。
 (202208)

待合室でカルテに記入します。症状についてだけでなく、生活習慣や家族構成など、さまざまな記入項目が!(記入は任意です) 同じ部位でも、痛みの原因は生活習慣や日頃のストレスによってさまざまあるため、細かく確認するんだそう。
 (202210)

カルテを見ながら綿密にヒアリング。痛みの原因を探りつつ、施術について説明を受けます。


――かなり丁寧にヒアリングされるんですね!

林さん:よく話を聞いて、患者さんの生活習慣も踏まえて施術することを大切にしています。じゃないと、痛みの原因が僕たちに取り除けるものなのか、そうでないもの……骨折や腫瘍だったりするかもわからないので。

――なるほど……! 確かに、その可能性もあると思うときちんと聞いてもらえるのはありがたいなぁ。医学的な判断もできるんですね。

林さん:ほかの接骨院さんもそうだと思いますが、うちは従業員全員が柔道整復師などの国家資格を持ってるので、そういった鑑別も可能なんですよ。
 (202212)

そして、原因となっている部位についてしっかり説明いただきます。ここまでで約30分ほど! めちゃくちゃ丁寧な診察です! 初診のお客様には、治療も含めて1時間をかけるそうですよ。
 (202215)

――何この冊子! 「社領さん専用」って書いてある!

林さん:うちで、お客様それぞれの状態に合わせてお作りしてる、セルフケアの冊子です。今回は取材ということで、最初に紹介した4つを含めて基本的なものをいくつか入れています。よかったらどうぞ!
 (202217)

こんな感じに、さまざまな体操の手順が詳しく掲載されています。実際に体操している動画が見られるQRコードも!
――て、丁寧すぎるーーー! なんでこんなに丁寧なの!?

林さん:やはり、整骨院は来院された時点で辛い症状がある方が多いので、説明や接遇で少しでも安心して、納得して治療に進んでいただきたいという思いからですね。会社からも、「来てから帰られるまで、全てが治療」っていうのは、口酸っぱく言われていますので。

――素晴らしい会社だなー! しかもそれを実行できているのが本当にすごい……。

痛みやしびれの原因となる「トリガーポイント」をリセット!

林さんの丁寧さに慄きつつ、いよいよ施術です! 施術は、スタッフさんの手で行われる「手技」と、「鍼治療」または「ハイボルト治療」の2段階に分けて行われます。まずは手技から。
 (202222)

トリガーポイントとその周辺の固まった筋肉の血流を促すため、マッサージを中心とした施術が行われます。筋肉をぐっと圧迫し、血管を一度ふさいでから手を離すことで、酸素を含んだ血液がドバッと流れ、血流が改善されるんだとか。


――血流ということはもしかして、温めるのも重要だったりするんですか?

林さん:はい、重要です! 冷える格好をしないように気をつけるだけで、症状も変わると思いますよ。慢性的に腰痛があるようでしたら、腰にカイロを貼っていただくのもいいと思います。
 (202224)

右半身の手技が終わって、この顔です。この時点で可動域が全然違う〜! 右半身はスルスル動くのに、何もやってもらってない左半身はまるで「板」……! 私、身体に板埋め込んで生きてたの?

同じように左半身も施術してもらった後は、「ハイボルト治療」に進みます。機械を使って、手では届かない深い部分のコリに血流を良くするための電流を流すんだそう。痛みの神経を抑える作用もあるんだとか。
 (202226)

――しかし、先ほどの手技で身体が軽くなりすぎて驚きました。今まで、自分で自分の身体の重さに全く気がついていなかったです……。通常、どのくらいの症状が出たら接骨院にかかるべきなんでしょうか。

林さん:目安として、「2〜3時間座りっぱなしで作業したあと、一時的にだるさはあるがすぐ回復する」ようであれば正常だと思います。慢性的に重さやだるさを感じている場合は、来院いただきたいですね。

――平川接骨院では、どういった形で治療を進めるんですか?

林さん:まずは今回のように、カチカチに固まっているトリガーポイントをいったん通常に戻すために、だいたい8回ほどは詰めて通院いただいています。そのあとは1〜2週間に1度、再発しないようメンテナンスに通って頂くことが多いですね。うちでは、1週間症状が出なくなったら、そのあとの通院は自由にしていただいていますよ。

――メンテナンスか……。歯医者さんは定期検診に通うのに、身体のメンテナンスって機会がなければ行かないものですね。歯と違って、身体は自分で治せそうな気がしてしまうからかなぁ……。

林さん:そうかもしれないですね。歯も筋肉も同じくらい大切なので、ぜひ一度かかっていただけると嬉しいなと思います。

そんなこんなで、施術が終了! ゆっくりと起き上がってみると……。
 (202228)

浮……!?

え!?!? 私、浮いてる!?!??? と思うほどの軽さ!

自分の身体が軽いし、柔らかい! 身体ってこんなにスルスル動いて使いやすいの!? まるで、跳ね回っていた小学生の頃に戻ったみたいです……!!(個人の感想です)

――普通の人ってこんなに身体が軽いもんなんでしょうか!?

林さん:改善されたようでよかったです。それが通常の状態ですよ!

――びっくりしました。自分の身体の重みはもうほとんど老化が原因で、治らないものだと思ってました……。

林さん:老化なんかじゃないです、治せますよ! しかしやはり、身体の症状は生活と根付いているので、日常に戻ったらまた症状は出てくるかと。ぜひ定期的に治療に通っていただいて、いい状態をしっかり維持していただけたらと思います!

――本気で通いたいです。自分の身体をもっと大切にしなくちゃいけないですね。なんといっても身体が資本!林さん、今日は施術までいただき本当にありがとうございました!

「林さんみたいな人、そうそういるもんじゃないでしょ……」って思ったそこのアナタ! 平川接骨院グループは、スタッフそれぞれのレベルに合わせた研修を年間110回行い、知識や技術の統一をガンガン図っているそうですよ。

お近くにグループ院がある方、ぜひ一度行ってみることをおすすめします! ここまでお読みいただきありがとうございました、社領エミでした。

基本情報

名称:平川接骨院 / 針灸治療院 本店
住所:京都市南区西九条西柳ノ内町28-5
電話番号:075-691-6790
営業時間:9:30~20:00
休診日:日曜日・第1水曜日

【平川整体院グループ公式ホームページ】
https://www.hirakawa-g.jp/

【Instagram】
https://www.instagram.com/hirakawa_kyoto/?hl=ja
インスタライブで身体のケア方法なども配信!
【LINE】
https://lin.ee/bqR9J6J
定期的にお身体の健康情報をお届け!
WEB予約も可能

【Twitter】
https://twitter.com/hirakawagroup
京都ハンナリーズ公式コンディショニングパートナー定期的に情報配信!
61 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

社領エミ 社領エミ

オススメの記事

今注目の記事