2021年6月16日 更新

宮本武蔵ゆかりの地!京都・一乗寺の氏神様『八大神社』

一乗寺の氏神様である『八大神社』は宮本武蔵と縁があります。『バカボンド』を読んでから行くとより楽しめるはず!

一乗寺の『八大神社』

 (192429)

1294年に創建された『八大神社』は一乗寺の氏神様です。北の祇園と言われていて、『八坂神社』と同格の皇居守護神12社の1つでもあります。
すぐ近くには、詩仙堂や狸谷山不動院、野仏庵がありますので、あわせて訪れたいですね。
 (192431)

こちらは本堂になります。
 (192432)

 (192440)

 (192441)

 (192442)

宮本武蔵との関係

 (192434)

宮本武蔵が吉岡一門と決闘を行う際、神頼みをしようとした有名な神社なのです!その決闘の場がこちらに来られるまでにある「一乗寺下がり松」です。ただ、宮本武蔵は神仏に頼ろうとする自分の弱さに気付いて、神頼みを止めたと言われています。神社の境内には宮本武蔵の銅像が建っていますが、もちろん二刀流です。

「一乗寺下がり松 古木」

 (192447)

 (192437)

「一乗寺下がり松」の松は植え継がれていて現在の松で5代目だそうで、平安時代から旅人の目印とされています。こちらには初代の大木の一部が祀られています。宮本武蔵の時代を生きた古木は毎年5月の大祭と正月前に注連縄が新しくされます。
 (192439)

詳細情報

名称:北天王 八大神社
住所:京都市左京区一乗寺松原町1番地
TEL:075-781-9076(9時~17時)
HP:http://hatidai-jinja.com/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事