2020年9月25日 更新

日本緑茶発祥の地、宇治田原の『茶農喜左衛門』で茶園見学

宇治田原にある茶園で美しい風景の中、四季のお茶づくりや美味しい淹れ方が学べる!抜けるような青空にお茶の緑がとてもきれいでした。

日本緑茶発祥の地、宇治田原町

 (189736)

宇治田原町は京都府南東部にあります。地図で見ると可愛いハートの形をしています。そしてこちらは日本緑茶発祥の地でもあるのです。
お茶の歴史は古く、鎌倉時代まで遡ります。江戸時代の中頃には「青製煎茶製法」という現代の緑茶製法の楚が、宇治田原町で生まれました。
 (189738)

 (189734)

『茶農喜左衛門』とは

 (189740)

1400年代よりこの土地を守り続けている小山家。明治期よりお茶作りを始め、2016年に立ち上げたブランドが『茶農喜左衛門』です。コンセプトは「お茶づくりが見える製品づくり」。そのコンセプト通り、こちらの4つある茶園の1つ『宮垣茶園』の見学や試飲をさせていただけます。
 (189742)

『宮垣茶園』の見学

 (189743)

約1haの敷地面接があり、1周約15分で回ることができます。抜けるような青空にお茶の緑がきれいで、しかも空気が美味しい。茶園は風が吹いて涼しく、とても気持ちがよかったです。
特別な栽培方法などを見ることができ、普段当たり前のように飲んでいるお茶がとても貴重なもののように感じました。
ちなみ見学は無料です。
 (189746)

実際に茶園で採れたお茶の試飲

 (189748)

贅沢にもその場で淹れたお茶を試飲させていただきました。
私は抹茶をいただきましたが、少し入った砂糖が運転で疲れた身体を癒してくれて、ほっと一息つけました。
 (189750)

アイスの試食まで!こちらのアイスはバニラアイスに抹茶をかけていただきます。抹茶が濃厚!こういう食べ方もあるんですね。新鮮でした。

思わず買ってしまったほど美味しかったお茶

 (189753)

商品の写真はないのですが…試飲させていただいたお茶があまりにも美味しかったので、思わず購入してしまいました。
私が購入したのは煎茶ですが、こちらはまじりっけなしの本物の「宇治茶」の味わいを極めたもので、とても上品な味でした。何もない日に飲んだら、特別な日になりそう!

住所:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田宮垣内127-1
HP:https://sanou-kizaemon.jp/

『正寿院』も宇治田原の見どころの1つ

 (189756)

ハート型の窓で有名は『正寿院』は『茶農喜左衛門』の近くにあります。写真は過去のものですが、風鈴まつりも有名でとてもきれいでした。
 (189758)

見渡す限りの美しい景色。車で行かれることをおすすめします。
名称:正寿院
住所:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
拝観時間:
4月~10月 9時~16時半
11月~3月 9時~16時
拝観料:600円
関連ページ:http://shoujuin.boo.jp/
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事