2016年11月3日 更新

【京都国立博物館スグ】広東四川ベースの本格中華ランチ!芸能人も御用達人気店☆「中国彩膳 にじょう」

坂本龍馬展へ行く前の腹ごしらえにどこかいいところはないか、と。雑誌やテレビでも頻繁に紹介されてるらしいです。人気の中華料理店。行ってきました。

三十三間堂近くにある人気店

 (60714)

三十三間堂のほど近く。友人と、七条にあるのに「にじょう」とか冗談いいながら(笑)
全く初訪問。この界隈のランチ事情あまり明るくなくて、ホテルランチかイルギオットーネの笹島氏が元いたレストランか、いろいろ迷ってこちらへ。評価が高いみたいなんで。
 (60715)

前日に一応予約しといてよかった。この日は予約客でいっぱい。
 (60717)

テーブルとカウンター席、15人。わりとこじんまりとしたスペース。
 (60721)

で、この日のメニューがこちら。
予備情報として、担々麺と黒酢酢豚が看板メニューと聞いてましたが。
友人と海鮮&肉メインのランチをそれぞれ注文してシェアすることに。

なんでも、担々麺は芝麻醤が自家製なんだとか。まあ、有名店は大概調味料自家製かと思ってました(笑)担々麺屋なら、胡麻を自家焙煎機導入して焙煎してるところもあるくらいだから。

ひとつひとつの素材を丁寧に

 (60722)

まずは前菜。冷菜。
蒸鶏にパクチー入りニンニクネギソース。タコの紹興酒漬け。サツマイモ、キュウリの酢漬け、玉子の蒸し物にピータン。
どれも、わりとあっさりとたんぱくな味わい。素材の味重視というか。上品な仕上がり。
 (60724)

水餃子。ちょっとピリ辛で甘酢醤油なタレ。干し貝柱とかXOジャン的海鮮味。使ってないとのことでしたが。
 (60725)

中に赤い甲殻類的プツプツが。具材が海鮮系でした。肉も入ってると思いますが。
 (60726)

スープ。白キクラゲとつまみ菜。
竹の器に入っています。
 (60727)

ツルンとした舌触りと黒木耳よりちょっとやさしめのシャキシャキ感。シンプルな清湯がいいです。
 (60728)

で、まずは肉。
青椒牛肉絲。なんとも優等生な、お手本のような細切り「絲」のビジュアル。
 (60729)

どれも、いい素材。歯ざわりもいい。一般的に青椒肉絲は豚ですが、牛なんで柔らかいです。で、味付けもわりと店オリジナルなひねりを加えてる~みたいなこともなく、わりと食べやすい万人受けする感じ。
 (60730)

イカの油淋ソース。
けっこう分厚い肉厚のイカ。アカイカか。たっぷりとソースがかかっています。
 (60732)

で、食べてみると、驚きの柔らかさ。もはや、イカ感がわからないほどの(笑)衣つけて揚げた上にわりと甘めのソースでけっこうなボリューム感。ご飯がすすむ一品。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

こちらも京都中華料理界の源流・鳳舞の流れを汲むお店。飲み屋中心の祗園エリアでアットホームな雰囲気のお店。今回もカラシソバ巡礼にランチで行ってきました。
麻婆豆腐が絶品!!美しい眺めを眺めながらゆっくり美味しい中華ランチを頂ける「 中国料理 四川」」

麻婆豆腐が絶品!!美しい眺めを眺めながらゆっくり美味しい中華ランチを頂ける「 中国料理 四川」」

ウェスティン都ホテル京都の3階にある 「中国料理 四川」でランチを頂いてまいりました。
まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

桂にある四川料理店「瀘川(ろせん)」でランチ。ほどよい辛さでまろやかな黒胡麻担々麺に美味しい。
京都中華の名店「鳳舞」の流れを汲む伏見の大衆中華料理店「鳳麟(ほうりん)」

京都中華の名店「鳳舞」の流れを汲む伏見の大衆中華料理店「鳳麟(ほうりん)」

京都中華の源流とも呼ばれる名店「鳳舞」の流れを汲む中華料理店が伏見区のくいな橋にあります。お店の名前は「鳳麟(ほうりん)」、ランチを頂いてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな