2020年9月30日 更新

【京都焼肉めぐり】ブタこそ正義!ディープエリアの知る人ぞ知る豚肉ホルモン専門店「豚金」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区元田中にある京都では珍しい豚肉ホルモン焼き専門店。鮮度抜群、希少部位の豚肉ホルモンを網焼きでいただけるお店。

知る人ぞ知る豚肉ホルモン専門店

 (192452)

左京区元田中エリア。東大路東鞍馬口通りを西へ。

前々からずっと気になっていたお店「豚金」
京都ではちょっと珍しい豚肉ホルモン焼き専門店。わりと食通の方の裏グルメネタとして見かけたり、来店した人が絶賛していたので、私も食べてみたい!と。ちょうど連休中、大した旅行もせず近場で過ごしていた夜に予約をして伺いました。
 (192454)

 (192453)

赤を基調とした店内は奥行きのあるスペースにカウンター席とテーブル席が並び、それぞれ網焼きロースターと排気管。

店内はほぼ満席で、わりと若いお客が多い印象。もしかしたら、近くの大学生なのか。ご近所の常連さんらしき方もカウンター席でひとりホルモンされてました。
 (192468)

 (192469)

カウンター席。壁にはメニューが貼られ、ちょっと聞きなれない豚の部位も並びます。単品では〆のカレーや冷麺もあり。

まだわりと早い時間帯にもかかわらず、売り切れメニューも多数あり、豚タンが食べたかったーと嘆くメンバーを見て、1人前ならあるよ、とご主人。お言葉に甘え、即注文。500円。
 (192472)

ドリンクメニューはいかにもホルモン向きなラインナップ。長居する人多いんですかね。2時間制とか。
 (192456)

で、何を注文したらいいかわからない人や、一通り食べてみたいという人がほぼほぼ注文する、ミックスホルモン2000円。円形のお皿にこの配置で出てくるらしく、それぞれ部位と焼き時間が表示。で、味付けはタレ、塩、半々があり、今回は半々を注文。
 (192476)

で、この部位図鑑と照らし合わせながら。
 (192457)

そして、こちらがミックスホルモン。見るからにその鮮度の良さがわかるというか、絶対美味しいに決まってる!と思えるような肉のハリツヤ。

で、つまようじが刺さった場所を基点に時計回りで焼いていき、その味の違いを楽しみます。
 (192455)

最初は瓶ビールで。こちらではワンドリンク制になります。
 (192458)

まずは豚タン。豚だからわりと小ぶりのタン。でも、いいサシの入った美味しそうなタンです。
 (192459)

ほか、キムチ。
 (192460)

青ネギポン酢。これをお肉の薬味として。
 (192461)

まずは豚タン。恐らく初体験のような。指定時間どおりに焼きます。
 (192462)

ちょっと甘めの醤油ベースダレ。豚のクセがまったくなく、いい食感とともに、豚肉の旨味。これは一同が唸るほど絶品。もしかしたら、牛肉より好きかも。
 (192463)

焼いても美味しい冷やし煮込み500円。これもいいお酒のアテになります。ヤバイ美味しさ。
 (192464)

さらに、香り高いごま油とガーリックチップス入り青ネギとともに。うめぇ~
 (192465)

見るからにコブクロ(笑)でも、キレイなピンク色。食感が面白い一品。
 (192466)

レバーもちゃんとしっかり焼いてます。これもウマウマ。
 (192467)

 (192470)

カルビやハラミ。脂が美味い!
 (192471)

すかさず、バイスサワー500円にチェンジ。梅紫蘇味でさっぱりと。
 (192473)

追加でハラミとガツ(胃袋)。
 (192474)

そして、ニンニクオイル焼き。
 (192475)

一緒に焼きつつ、バターを溶かしつつ。

で、トータル5000円ちょっとぐらいでしたかね。リーズナブルながら、肉の美味しさを堪能できる品々。しかもヘルシーですね。食後感がいいというか。これはクセになる美味しさ。あまり教えたくないような。もう遅いか(笑)

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:豚金
場所:京都市左京区田中西大久保町14−5
電話番号:090-1151-5934
営業時間:18時〜23時(LO22:30)
定休日:月曜・火曜・水曜日 
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな