2016年6月13日 更新

【京都御所西】お土産にも最適!洛中唯一の手仕事老舗醤油店!!店内にしょうゆ香る「澤井醤油本店」

御所西にある創業明治12年の本醸造醤油店。京都の有名料亭、料理人も愛用する本格醤油。

創業明治12年の老舗醤油店

 (38790)

御所西エリア。京都府庁を少し北に上る老舗醤油店。
じつは醤油、もろみ好きで和歌山・湯浅や小豆島はよく行ったりしてたんですが、灯台下暗し。
京都駅でこちらのもろみを見つけて、京都にもつくってる店あるんや!と知り。
そして、初訪問。
 (38791)

看板のひなびた感がいいですね~

店内に広がる醸造しょうゆの香り~♪

 (38792)

店に入ると、まず目に飛びこむ大きな木樽ズラリ。
もうこういう木樽も貴重品で、これを新調しようにも最近ではそれを引き継ぐ職人自体いなくて、という話をよく聞きます。
 (38793)

店の奥は作業場になっているようです。手前にはいろいろと商品が。
店内に広がる醸造醤油特有のいい香り。なんか落ち着くんですよね~私にとっては懐かしい香り。
 (38794)

二度熟成醤油(再仕込み)、京淡口醤油、さしみ醤油をはじめ、ポン酢やドレッシングも。
 (38795)

もろみエリア。イタリアンもろみ・・・攻めてますね(笑)ちょっとどんなだか気になりましたが。
 (38796)

お土産にも最適、醤油ラスク。
そして、ポップな色の缶が可愛い醤油のあめ。どんなだろう?と思ってたら・・・
 (38798)

 (38867)

あめちゃん、いただきました(笑)
みたらしだんごの餡があめになったという感じですかね。醤油にコクがあって、さらに重厚な味でした。

二年の熟成期間を費やした二度熟成醤油

 (38868)

そして、買ってみました!
二度熟成醤油と京もろみ。

二度熟成醤油、何気にこのシンプルなリサイクルボトル入りなの、気に入ってます(笑)
もちろん火入れしてないので要冷蔵。保冷剤入れてもらいました。
国産原料の大豆と小麦から作った生醤油にさらに原料を足して二年熟成。ちょっととろみがあり、色、コク、香りとも上品でありながら、素材の旨さを引き立てるいい醤油。
 (38866)

そして、京もろみ。
もろきゅうにしてみました~あぁ、呑みたい朝から(笑)
もろみの中に入っている胡瓜、茄子、生姜がいい具合に熟成されアクセントに。ご飯のお供としても最強。カーボン抜きダイエットとは無縁充実生活になりそう(爆)
これから暑くなるシーズン、フル活躍しそうですよこのもろみ。ぜひお試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

澤井醤油本店 への口コミ

澤井醤油本店 基本情報

店名:澤井醤油本店
住所:京都府京都市上京区中長者町通新町西入仲之町292
電話:075-441-2204
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:日曜・祝日(観光シーズンは営業日あり要問い合わせ)
 

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発酵食品めぐり】西陣の名水が育む老舗造酢!Myぽん酢作り体験もあり☆「林孝太郎造酢」

【京都発酵食品めぐり】西陣の名水が育む老舗造酢!Myぽん酢作り体験もあり☆「林孝太郎造酢」

西陣・同志社大学新町キャンパスにもほど近い場所にある老舗造酢店。自分好みのMyぽん酢をつくる体験もできることでも話題のお店。
【京都御所西】醤油ラスクはお土産にも最適!洛中唯一の手仕事老舗醤油店「澤井醤油本店」

【京都御所西】醤油ラスクはお土産にも最適!洛中唯一の手仕事老舗醤油店「澤井醤油本店」

京都観光に遠方からやってきた友人と一緒に御所西にある創業明治12年の本醸造醤油店へ。京都の有名料亭、料理人も愛用する本格醤油、リピートしてまた買っちゃいました。
【京都発酵食品めぐり】有名料亭でもご愛用!江戸時代創業の老舗の京酢☆村山造酢「千鳥酢」

【京都発酵食品めぐり】有名料亭でもご愛用!江戸時代創業の老舗の京酢☆村山造酢「千鳥酢」

東山三条にある江戸享保年間創業の老舗の造酢の醸造元。先日開催イベント『京料理展示大会』でも出展されてて、認知度高い千鳥酢を買ってみました。
昭和5年創業のソースメーカー!空前絶後の辛みオリソース!!京の地ソースといえば☆「ツバメソース」

昭和5年創業のソースメーカー!空前絶後の辛みオリソース!!京の地ソースといえば☆「ツバメソース」

よくよくスーパーで見かけるソース。じつは地元ソースメーカーが手がける驚きの辛いソース。創業昭和5年のソースづくり一筋のメーカー。業務用としても市内ではおなじみということが後で判明。
【京都和菓子めぐり】ド直球ネームな銘菓『たんきり飴』に創業120年余りのレトロ感◎西陣「たんきり飴本舗」

【京都和菓子めぐり】ド直球ネームな銘菓『たんきり飴』に創業120年余りのレトロ感◎西陣「たんきり飴本舗」

おおきに~豆はなどす☆今回は西陣にあるノスタルジーを感じるレトロな店構え。中でも銘菓『たんきり飴』は、そのストレートなネーミングとオリジナリティーにあふれ、印象深い和菓子の一つ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな