2022年4月21日 更新

精肉店プロデュースの担々麺屋!焼肉丼も絶品!三条会商店街の人気店「匹十(ピート)」

三条会商店街、千本通り寄りの場所にある精肉店がプロデュースする担々麺屋「匹十(ピート)」さん。担々麺はもちろん、もうひとつの名物 焼肉丼も美味しいので、あわせて紹介します!

ランチ営業のみの担々麵屋

 (221566)

個性的なお店が集まる三条会商店街。ランチ営業のみの担々麺屋さんが美味しいと聞いてやってきました。なんでも精肉店がプロデュースとあって、期待が高まります。

商店街のだいぶと千本通り側にお店があります。この何屋さんかよくわからない外観が、逆に目印です。
 (222104)

店内はカウンター席のみ。適度に間仕切りがあり、コロナ対策を。
じつは、店内入ってすぐのところに大きな水槽がありました。
 (222103)

こちらが基本メニュー。

麺類は担々麺と牛カレーそば、ごはんものは焼肉丼と、こちらにはのっていませんでしたが、ローストビーフ丼がありました。
 (221567)

ただ、なんといってもこちらでは麺とごはんのセットがお得。店頭にもデカデカと看板があるくらいに。
 (222105)

注文をして待っている間にチェック。卓上調味はこちら。ラー油やにんにくも。

美味しくてボリューム満点

 (222106)

お店イチオシの担々麺(ハーフ)と焼肉丼のセットに。トッピングで温玉をつけました。
たして950円になりましたが、けっこうなボリューム。
 (222107)

ハーフにしてはボリューミー担々麺。いたってシンプルな仕上がり。
 (222109)

まろやかさの中にもしっかり旨味と辛味があり、これは美味しい。
そしてミンチが格別の美味しさ。さすがに精肉屋さんならではのこだわりを感じます。
 (222108)

麺は細目のストレート。ぷりっと歯切れのいい麺で。麺とスープ、ミンチがよく絡むこと。箸がすすみます。ハーフではなく、並でも食べられそう。担々麺としての完成度も高いなと感じました。担々麵好きにもおすすめです。
 (222110)

焼肉丼は並のサイズ。この価格帯のなのに、海外産ではなく国産牛を使用しているのは精肉店プロデュースだからなせる業なのかも。
 (222111)

温玉の黄身を崩します。このシズル感がたまりませんよね。食欲をかきたてます。
 (222112)

国産牛と言えども正直ピンキリですが、この価格帯で、この美味しさはビックリしました。火入れ具合もバッチリで、担々麺とセットにして900円は破格のコスパです。

夜営業がないのでハードル高めですが、近くでランチをお探しのときは、ぜひとも伺ってみてください。おすすめです。

店舗情報

店名:匹十(ピート)
住所:京都市中京区西ノ京南聖町4-13
営業時間:11:30~15:00
定休日:水曜日
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事