2017年9月30日 更新

【幻のラーメン】祇園での〆は背脂ちゃっちゃのTHE京都ラーメン「さだかず」

祇園四条で、営業時間が夜22:00からわずか3時間の幻のラーメン店「さだかず」

祇園のど真ん中に幻のラーメン店が

 (23856)

営業時間の短さから、もともと知る人ぞ知るお店だったのだが、昨年TVにも登場してすっかりメジャーに。お酒を呑んだ〆にラーメンなんて、なんて素敵だ!と普段は低糖質な我々も一度覗いてみることにしたのだ。
場所の説明が難しくて、四条通沿い、八坂神社前から西に50m、ファーストビルのこういう飲食ビルの地下1Fに、祇園はんなり横丁なる昭和っぽい飲食店が集まったコーナーがあって、そこの一角。

もともとは伏見区の棒鼻にあるラーメン店、たぬき屋の場所にあったそうで、こちらに移転されてからブレークされたようだ。
 (23858)

時は11:00ちょい前、地下に続く階段からもう行列が伸びている。行列人の数、15名ほど。
なにせMax6名カウンター席のみ!な極小店なので回転はそれほど良くはないのだ。寒い中、ベンチに座って暫し待つ。
 (23861)

なんやかんやで、ここまで40分ほど並びました。。先にワインバーで一杯呑んでいたのですが、すっかり素面に。。が、ますますラーメンが美味しくなるシチュエーションなわけで。
 (23863)

で、結局店内に案内されたのは50分後。ご主人1人で回されているお店だ。メニューは特製ラーメン¥900、ラーメンが¥700なり。
夏季は冷やしラーメン¥800があるようだが、寒い季節なので当然無し! 特製と普通のラーメンの差は、チャーシューの質の差です!とご主人。

王道の京都ラーメン

 (23865)

暫しの後、じゃじゃーんとラーメン登場。ビジュアル的にも古典的京都ラーメンの風貌。背脂ちゃっちゃ系だが、そんなに油はきつくない。まろやかな醤油ダシ。なんだろう、独特なコクがありますな。。
 (23867)

さて、前の写真とこちら、どちらが特製でしょう?というクイズができそうなほど見た目は同じ。
ちなみにこちらが普通バージョン。麺やスープがメインなので、チャーシューの差はあまり気にはなりませんな。
 (23869)

細い低加水ストレート麺。しこしこと良い歯触りと腰。これはお酒のあとには鉄板ではありませんか!な感じ。
外で体が冷えたので、本当にごちそうになりました。御馳走さまでした、また機会を狙ってきます~。

さだかず クチコミ

さだかず 店舗概要

店名:京ラーメン さだかず
住所:京都市東山区祇園町北側281-1-1 祇園ファーストビル B1F
営業時間:22:00~25:00
定休日」日曜・祝日
電話番号:075-533-0053
店舗Facebook: https://www.facebook.com/Jingramensadakazu
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

祇園での〆ラーメンと言えばココ!背脂たっぷり「ミヤタヌードル」【花見小路】

多くの飲食店がひしめく激戦区、祇園エリア。美味しいご飯やお酒を楽しんだあとは、〆がほしくなりますよね。今回ご紹介するのは、お昼から深夜4時まで営業しているミヤタヌードルさんです。
店主こだわりの辛い、容赦なく辛いカレー「Spice32 祇園店」

店主こだわりの辛い、容赦なく辛いカレー「Spice32 祇園店」

祇園のうどん店で有名な「おかる」が入っているビルの地下1階、Spice32 祇園店なり。辛い物好きなら美味しいと思いそうな味のカレー。
京都 祇園で遊んだあとの〆ラーメンはココで決まり!芸人さんも多数!「らぁ~めん京 祇園本店」

京都 祇園で遊んだあとの〆ラーメンはココで決まり!芸人さんも多数!「らぁ~めん京 祇園本店」

京都を代表する観光地、祇園にある「らぁ~めん京 祇園本店」です。八坂神社の北側にあり、祇園花月の向かいにあるということもあり芸人さんも多数訪れる人気店。平日は深夜5時まで営業していて、飲んだあとの〆ラーメンにもピッタリです。
京町家で女性店主こだわりの上品な鶏白湯ラーメンを!祇園 巽橋近くの「祇園麺処 むらじ」

京町家で女性店主こだわりの上品な鶏白湯ラーメンを!祇園 巽橋近くの「祇園麺処 むらじ」

祇園の象徴でもある巽橋からすぐのところにある「祇園麺処 むらじ」。京町家で上品な鶏白湯ラーメンは絶品でした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。