2020年4月20日 更新

【京都街ぶらり】酒処伏見に大正時代創立のバス会社の石碑!京都イチ古い歴史あり☆「京阪バス発祥之地」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は伏見区桃山にある石碑。調べると京都で一番古い歴史をもつバス会社。その発祥地。

京都のバスの歴史はここから!

 (182855)

伏見区桃山、すぐ近くには筋商店街東側入り口があり、さらに京阪本線が南北に走り伏見桃山駅もあります。京町通り交差点。
 (182851)

そこから東へ向かう。
 (182854)

すぐ近くには近鉄京都線・桃山御陵前駅もあります。
 (182852)

その京阪と近鉄の間にある大手筋沿いビルの一角に、こんな石碑が。『京阪バス発祥之地』と書かれています。この場所は、大正11年(1922年)創立の京阪バスの前身・桃山自動車株式会社があった場所。

京阪バスといえば、地元民にとっては市バスと並ぶ、市内移動時には欠かせない民営路線バス。
 (182853)

京阪電車の伏見桃山駅前を起点として、伏見桃山御陵参拝客の自動車輸送(0.8km)を11両の車両で開始したことが始まり。調べると、京都に現存するバス会社としては一番古い歴史を持ちます。その2年後の1924年、同区間の乗合バス営業を開始し、社名も京阪自動車株式会社に。1972年には会社創立50周年を機に、現在の京阪バス株式会社と改称。2006年には同じ京阪グループのバス会社である京阪宇治交通、京阪宇治交通田辺の両社と合併し、新たな京阪バスとしてスタート。

桃山御陵への参拝者需要で誕生した京阪バス。時代によって人の流れや動態も違い、活況だった交通機関や路線も今とは違うんだな、と。当時の様子に思いを馳せ、この石碑を見ながら改めてそんなことを感じました。

京阪バス発祥之地へのツイート

基本情報

名称:京阪バス発祥之地
住所:京都市伏見区京町
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事