2017年5月12日 更新

【京都ルネッサンス】入場無料で建物探訪!明治建築の洋館でタイムスリップ!!季節の花も見頃☆「京都府庁旧本館」

雨の日の洛中観光。遠方から来た友人と一緒に手軽に行けるスポットはないか、と京都府庁へ。建物も無料で見学でき、中庭の季節の花も見頃。

中庭のしだれ桜が有名ですが

 (80098)

遠方から来たカメラ好きの友人と京都観光。しかも、外は雨。で、どこかアクセスが楽で観光できる場所はないか、と。そして、風景画像撮るのにいい場所を、京都府庁へ。
 (80099)

中庭の枝垂れ桜が有名ですね。洋館のアーチ型を背景にしてみたり、建物の中の窓ガラス枠で風景を切り取ってみたり。他の桜の名所、神社仏閣にはない洋風テイストの桜風景が撮影出来る場所として人気。
 (80097)

こんな具合に中から撮影。

中央の祗園しだれ桜は、もうすっかり新しい葉で覆い尽くされていました。というか、こんなに桜の葉って旺盛なのか、と。
 (80100)

街中なのに、わりと野生感すらあるほど伸び伸びと(笑)そして、ちょうど季節のツツジも咲き乱れています。
 (80102)

以前、京都の橋を観光した時、友人から秀吉時代の橋の石柱が府庁にもあるよ、と教えてもらったの、これか!と。
 (80103)

三条大橋かと思ってましたが、五条大橋でした。おもむろになぜか登場する石柱(笑)景石として持ち込まれたそうです。

貴重な日本最古の現役官公庁建物

 (80088)

京都府庁旧本館。
明治37年竣工のレンガ造り。昭和46年まで京都府の本館として使用。現在も一部使用されてますが。外観はルネッサンス様式。内部意匠は和風の技術と洋風の工芸品的要素が折衷に。
 (80089)

で、土曜日で府庁自体はお休みですが、ここはやってます(笑)
 (80090)

公開日時も限られてはいますが。旧知事室へ。
 (80091)

67年間に24人の知事が使用。
 (80092)

京都府のPRキャラ、まゆまろもいます。陶器製で西陣織の着物を羽織ってます。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

夏休みの自由研究に京都の歴史を埋蔵品からたどるというのはいかがですか?西陣にある無料で見学できる公共施設。考古資料専門の博物館。行ってきました。
【京都酒場めぐり】立ち飲み店とは思えない高クオリティ!昼は木材屋で二毛作の超人気店「酒場 井倉木材」

【京都酒場めぐり】立ち飲み店とは思えない高クオリティ!昼は木材屋で二毛作の超人気店「酒場 井倉木材」

京都府庁裏にある、昼は木材屋、夜は立ち飲み店という一風変わったスタイルが注目の超人気店。といっても、立ち飲み店とは思えない、割烹レベルのお酒とアテに中毒者続出。久々に行ってきました。
【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

猫展の帰り。そういえば、けっこうな歴史的建造物なのにちゃんと建物として観察してなかったな、と。改めて、そんな視点で。レンガ造りの重厚な明治近代建築。素晴らしい意匠の数々。
入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

京丹後市・久美浜の観光スポット。入場料無料なんで、気軽に行ってきました。江戸時代、沿岸交易によって巨富を得た豪商の暮らしぶりがうかがえる久美浜の定番観光スポット。
【リニューアルオープン】京都大学の超穴場レトロ洋食!登録有形文化財指定の大正建築・楽友会館内「近衛 Latin(ラタン)」

【リニューアルオープン】京都大学の超穴場レトロ洋食!登録有形文化財指定の大正建築・楽友会館内「近衛 Latin(ラタン)」

京都大学・吉田キャンパスにある超穴場。国の登録有形文化財にも指定されている大正建築の洋館内にあるレストラン。このほど、リニューアルオープンされたと聞いて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers