2016年2月15日 更新

寺町二条 レトロ感がたまらない☆創業明治40年の老舗洋菓子店「村上開新堂」【スイーツ】

こちらも古いですね。そして、ファンの多いお店。創業は明治40(1907)年。東京にも同じ名前のレストランと洋菓子店がありますが、一見さんお断りやらルールがあるそうです。

そして、親戚筋のようですが。
今回ご紹介するお店。もうレトロ好きにはたまらない雰囲気の洋菓子店「村上開新堂」をご紹介します。

看板の右横書きがかもすレトロ感♪

 (13309)

 (13310)

寺町通り沿い。なんとも可愛らしいレトロ感。そして、看板の店名は戦前方式で右横書き。もう、これだけで歴史を感じます。

明治・大正がそのまま真空パックされたようなお菓子たち☆

 (13313)

中に入るとますますうっとり。明治・大正時代がそのまま真空パックされて現存するかのような内装。家具ひとつひとつが使い込まれて今に至るのもわかるし、タイルの色合いや質感に至る全てがステキ!
 (13315)

そして、村上開新堂の看板商品というと「ロシアケーキ」。ビジュアルだけで、キュン!とします(笑)もう店同様レトロな懐かしい風情の柔らかクッキー。5種類あってやさしい味わい。
 (13317)

そしてこちら、30年ぶりの新作の「ダックワーズ」。フランス料理の日本人シェフがフランスで学んだ技術を基に、日本の最中に見立てて作った日本生まれのお菓子だそうです。外はカリッ、中はフワッとしたアーモンドの香りとともに塩キャラメルクリームをサンドしているそうです。今度は絶対これにする!
 (13319)

 (13320)

そして今回はこれを買ってみました。大正時代より意匠登録されている「好事福盧(こうずぶくろ)」。この時期限定の紀州みかんをふんだんに使ったゼリー。まあ、ホントにそのままみかんです(笑)そして、製法も昔からあまり変えていないのか、なんとも素朴で懐かしい雰囲気の味。

こちらの商品は全てお店の雰囲気同様、味のタイムスリップでもしているかのような素朴でやさしい味。こんなお菓子を食べながら当時の人たちに思いを馳せる、というのも醍醐味かもしれませんね。

村上開新堂への口コミ

村上開新堂 基本情報

名称
村上開新堂
住所
京都府京都市中京区常盤木町62
電話番号
075-231-1058
営業時間
10:00~18:00
定休日
日曜・祝日・第3月曜
関連URL
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな