2018年9月13日 更新

見応え抜群、稀少なカップがずらり!自家焙煎珈琲店「ルヴァンクレール」【平野神社】

平野神社近くの自家焙煎珈琲店 ルヴァンクレール。こだわりメニューと稀少なブランドカップは見応えあります。

アンティークカップと自家焙煎珈琲

 (102306)

北区 平野神社近くのカフェ、ルヴァンクレール。 ルヴァンクレールとはフランス語で「透き通った風」だそう。
地元の方々が愛する、自家焙煎珈琲が自慢の喫茶店。
最寄り駅は京福の北野白梅町駅です。
 (102307)

煉瓦造りの一軒家で、異国情緒あふれるメルヘンな出で立ち。パーキングスペースも完備され車での来店も可能です。

クラシカルな邸宅空間

 (113489)

オフホワイトとナチュラルな木目の空間にアンティーク美術品が織り成すドレッシー&エレガントなインテリア。
 (106419)

カウンター越しにはカップはジノリやマイセン、ヘレンドなどおよそ三百却のブランドカップが展示、収納されています。
モーニングC ¥700

モーニングC ¥700

この日は朝に訪問。モーニングはABCの三種類。
私はフルセットのCをチョイス。

内容はトースト、フルーツ、サラダ、茹で玉子、ドリンク。トーストは6つにカットされ、
バターがまんべんなく塗り込まれた優等生トースト。

サラダはハムやポテトサラダが入ったボリューミーな内容。
コーヒーは一杯だて、円やかな酸味でバランスのよいお味。

稀少なブランドカップ

 (106421)

カップは好きなものを選ばせてくださり私はお店のイメージに近いパステルカラーのカップをチョイス。
こちらは美しいレリーフを刻んだロイヤルコレクションのカップ。綺麗なカップは
コーヒーの美味しさをワンランクあげてくれます。
 (106420)

常連さんをはじめ、アットホームな和やか空間。
一見さんでもしっとりと馴染める不思議なリラックス空気感。
コーヒー豆の販売もされており新鮮なこだわりの生豆も購入可能です。
柔らかな風が心の中を吹き抜けてゆくような和やかでちょっぴりロイヤルなカフェでした。
 (102305)

ル ヴァン クレール クチコミ情報

ル ヴァン クレール 店舗情報

店名:ル ヴァン クレール
住所:京都市北区平野八丁柳町66-7
電話番号:075-467-2141
営業時間:
[水~金] 9:00~18:00
[土・日・祝日] 8:00~18:00
[モーニング] ~11:00
定休日:月曜・火曜
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都モーニング】世界有名ブランドのカップ約300種類から好みをチョイス!アットホームな和みカフェ「カフェ・ル・ヴァン・クレール」【平野神社周辺】

【京都モーニング】世界有名ブランドのカップ約300種類から好みをチョイス!アットホームな和みカフェ「カフェ・ル・ヴァン・クレール」【平野神社周辺】

平野神社周辺にある老夫婦が営むカフェ。世界有名ブランドのカップ約300種類の中から客が好みのカップをチョイス。そして豆から挽いたこだわりのコーヒーがセットのモーニング。
【京都喫茶店めぐり】老舗仕込みの正統派コーヒーと名物プリン必食!昭和レトロなテーブルゲームも登場「やまもと喫茶」

【京都喫茶店めぐり】老舗仕込みの正統派コーヒーと名物プリン必食!昭和レトロなテーブルゲームも登場「やまもと喫茶」

祇園白川にもほど近い場所にある正統派喫茶店。朝7時から営業していて、モーニングは何度かいただきました。今回はこちらのプリンもまた名物の一つと聞いて久々に行ってみることに。昭和レトロなテーブルゲームが導入。
岡崎でワンランク上の定番モーニング「ごはんカフェ 綴(つづれ)」【京都】

岡崎でワンランク上の定番モーニング「ごはんカフェ 綴(つづれ)」【京都】

モーニングバリエーションが豊富な岡崎の喫茶店。ピースフルで伸びやかな空間でほのぼのモーニングタイム。
【京都カフェめぐり】老舗有名珈琲専門店の支店!フワフワフレンチトーストはテッパン☆「スマート珈琲店」

【京都カフェめぐり】老舗有名珈琲専門店の支店!フワフワフレンチトーストはテッパン☆「スマート珈琲店」

寺町三条に本店を構える老舗珈琲専門店「スマート珈琲」。改築工事のため、しばらく休業中のため、太秦にある支店へ。こちらの人気メニューのひとつ、フレンチトーストを食べてきました。
【京都カフェめぐり】河原町三条の老舗喫茶店!自家焙煎コーヒーと居心地いいレトロ空間「六曜社」

【京都カフェめぐり】河原町三条の老舗喫茶店!自家焙煎コーヒーと居心地いいレトロ空間「六曜社」

河原町三条にある創業昭和25年の老舗喫茶店。京都でコーヒー好きなら誰もが訪れたことがあるであろう有名店。モーニングや手づくりドーナツが有名だが、この日はただただレトロ感を味わいに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen