2017年2月1日 更新

京都立春の風物詩!和製ハロウィンが今年もやってくる!!2月3日「節分おばけ」【イベント】

京都の昔からある風習「節分おばけ」。節分の時期、花街を中心に今も残るイベント。今年もそんな季節がやってくる!

平安時代にまで遡る、京都の旧い風習「節分おばけ」

節分《おばけ》とは・・・
旧暦で年が変わる節分に厄払いの目的で仮装をし、神社仏閣にお参りする平安時代の風習。年が変わるということは恵方が変わる。そして神様も恵方に大移動。そのすき間を狙い、地獄から魑魅魍魎(ちみもうりょう)が現れるとされ、自分に憑かないように自分で無いものに化け、鬼(厄・疫)を化かすという京都の町中の旧い風習。戦後街なかでは廃れて、芸舞妓がしているため花街の行事に思われがちですが、元々町衆の文化。
 (70714)

こちらは以前の画像になりますが。
毎年節分の日に《おばけ》を行う「こったいの会」。新聞やニュースでもこの時期の風物詩としてよく紹介される有名な会。

詳細サイト:http://tsukasatayuu.web.fc2.com/index.html
 (70713)

京都市内を仮装しながら、街を徘徊。スタート地点となる八坂神社。
 (70715)

鬼もちゃんと信号を守ってます(笑)
 (70716)

ちょうど外国人観光客が多い時期と重なり、八坂神社では撮影会にななるほどの注目。

考え方はちがいますが、スタイルはまさに和製ハロウィン。
節分の日は花街のお茶屋さんやバーでもお店の人が皆仮装したり一芸披露したり。ちょっとユーモラスで普段とはちがう楽しい雰囲気に。
皆さんも仮装して参加してみるのもいいですよ!

ヨ~イヤサ~♪

節分おばけ への口コミ

9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都夏の風物詩】鴨川河川敷に全国郷土グルメがズラリ!夜を彩る催しも目白押し☆「鴨川納涼2017」

【京都夏の風物詩】鴨川河川敷に全国郷土グルメがズラリ!夜を彩る催しも目白押し☆「鴨川納涼2017」

毎年恒例イベント。昭和44年から続く、京都の夏の風物詩「鴨川納涼」。鴨川美化啓発活動を目的に、京都の魅力をPRする出展はもちろん、36道府県の県人会による全国の郷土グルメや京都府各地の名産が楽しめる露店も出店。
【2017ダイジェスト】祇園祭後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました!!【日本三大祭】

【2017ダイジェスト】祇園祭後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました!!【日本三大祭】

朝、スタート地点からスタンバイ。後祭開始からその様子を追跡取材。途中、花傘巡行にスイッチして祭は最高潮。その様子を早速ダイジェストでお届けします!
【初夏の風物詩】3500株のあじさいは見物!「藤森神社 あじさい祭」

【初夏の風物詩】3500株のあじさいは見物!「藤森神社 あじさい祭」

例年、6月上旬から開催される藤森神社の「あじさい祭」をご紹介します。藤森とはいいますが、最寄駅は京阪本線「墨染」駅になります。
【京都三大祭】絶対押さえるべき!今年は平日開催!!古式ゆかしい趣き再現☆「葵祭2017」

【京都三大祭】絶対押さえるべき!今年は平日開催!!古式ゆかしい趣き再現☆「葵祭2017」

初夏の風物詩。京都三大祭の一つ、葵祭。今年は月曜開催。すでにいくつかの前儀は無事終えており、いよいよ15日が迫ってきました。
2017年版!今年も和製ハロウィンに同行してきました!!京都立春の風物詩☆「節分おばけ」

2017年版!今年も和製ハロウィンに同行してきました!!京都立春の風物詩☆「節分おばけ」

2017年の節分おばけ。今年も同行してきました!今年一番人気のあのコスプレもあります!!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな