2019年11月24日 更新

【2019京都紅葉最新】大銀杏の黄色がまさに見ごろ!琳派・俵屋宗達ゆかりの日蓮宗寺院「頂妙寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は左京区、東大路仁王門通を西へ。ひっそりとした界隈にある穴場的お寺。境内にある大銀杏がちょうど見ごろ。11月24日時点。

 (170837)

平安神宮前の疏水に沿って東西に延びる仁王門通り。
東大路通りを更に西へ進むと日蓮宗のお寺が。文明5年(1473)に下総国出身の僧日祝によって創建。
 (170838)

当時の寺地は南は四条通、北は錦小路通、西は万里小路(現在の柳馬場通)、東は富小路通に至る地で、現在の下京区と中京区にまたがり、大いに発展。

天文五年(1536)の宗派間紛争(天文法難)により焼失し、大阪堺へ避難。天文11年(1542)後奈良天皇の命で旧地に再建。
 (170839)

その後も移転を繰り返します。

天正元年(1573)、織田信長の上京焼討ちにより、鷹司新町に移転。
天正7年(1579)、浄土宗との問答勝負(安土宗論)に敗れ、信長の命により洛中での布教を禁止。

不遇の時代を経て、天正11年(1583)に豊臣秀吉より安土宗論を検証され、再び布教が許され、現在の地に移転。その時の許状が現在も仁王門に掲げられています。
 (170841)

 (170842)

 (170843)

そしてこのシーズンには、境内にある大銀杏で黄色一色になる、知る人ぞ知る紅葉スポット。

 (170844)

さらには、琳派・俵屋宗達ゆかりのお寺としても知られ、宗達筆「たらしこみ」技法の重文・牛図など所蔵。

ひっそりとした雰囲気も他のお寺にはない魅力があり、穴場。ゆっくり黄色い世界を堪能できます。カエデばかりが紅葉ではありません!イチョウも見事です。ちょうど見ごろを迎えています。オススメです!

頂妙寺へのツイート

基本情報

名称:頂妙寺
住所:京都市左京区仁王門通川端東入ル大菊町96
電話番号:075-771-0562
関連URL: http://www.nichiren.or.jp/temple/map/kinki/kyoto/kyoto-shi-sakyo-ku/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers