2018年2月10日 更新

甘味にお醤油★あられの匠の伝統美パフェ菓匠「京町家茶房 宗禅(そうぜん)」【西陣】

西陣パフェ『ひとえふたえ』と西陣を冠した独創的な傑作パフェ。生クリームにお醤油なんて蛇道、そんな既成概念を覆す至福の味わい、15層のハーモニーが織り成す、究極の奥深い多重奏スイーツ。

あられの匠の伝統美パフェ

 (86895)

京都西陣にある京都の人気土産物屋としてマスコミでも度々取り上げられている菓匠 宗禅。
西陣らしさを滲ませる風情ある町家の佇まい。
 (86896)

平成20年に「京あられ専門カフェ」としてオープン。
菓匠 山本宗禅プロデュースの元で
焼きアイス「五山の雪」をはじめ、西陣帯ロール、京パフェ織錦など、洋菓子の要素を取り入れた独創的なメニューを展開。
元機織をしていた部屋という店内は老舗の風格漂う和モダン空間。
充実しすぎの試食コーナー

充実しすぎの試食コーナー

店内で販売されているおかきの試食コーナー。
購入前に味見したいというニーズをこれほどまでに満たし、
お茶までサービスとなんとも太っ腹。
世界一小さなおかき

世界一小さなおかき

待ち時間にも世界一小さいおかきつき、まっている間にもお菓子を数種だしてくれますので、
おかき尽くしの一時を過ごせます。
メニュー

メニュー

カフェメニューはスイーツ、オムライスなどお食事もあり。

15層のハーモニー

西陣パフェセット ¥1150

西陣パフェセット ¥1150

この日、私達は西陣パフェ
京パフェセットお茶は冷たいほうじ茶か抹茶から選択でき私達は後者の温かいものをチョイス。
京パフェ…
秘伝醤油が隠し味の生クリーム、濃茶ねりもち、黒豆の卵せんべいなど
15種類もの甘味が層を成し未知の深い味わいを表現しています。
 (86898)

お醤油の塩味が甘さを引き立てます。
 (86899)

人肌程度の温もりのあるお抹茶。
まろやかでありながらも、抹茶の爽やかな苦味がパフェの美味しさを一層引き立てます。
 (86900)

パステルのはんなり可愛いルックスに、一つ一つのトッピングが特別感ある美味しさを表現、
一見、斬新な組み合わせがこんなに美味しいだなんて新たな発見でした。
お醤油と生クリームなんて邪道、そんな既成概念を覆す美味しさは特に印象的でした。
 (112656)

物腰柔らかなスタッフの温かいおもてなしにも京都の奥ゆかしさを感じとれます。
予約制で、あられ焼き体験など伝統を後世に伝える体験を楽しむことができます。静かな町屋で穏やかに流れる時間、西陣ならではの繊細さが光る秀逸甘辛パフェでした。

京町家茶房 宗禅 クチコミでの評判

京町家茶房 宗禅 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チョコに溺れる!満足保証!なジャンボサイズパフェ「からふね屋珈琲 本店」【河原町三条】

チョコに溺れる!満足保証!なジャンボサイズパフェ「からふね屋珈琲 本店」【河原町三条】

京都が誇るパフェ界の王様、からふね屋珈琲。豊富すぎるパフェメニューは一種のドリーミングかも知れない★
【京都老舗喫茶】ノスタルジックで温故知新*「静香(しずか)」【西陣】

【京都老舗喫茶】ノスタルジックで温故知新*「静香(しずか)」【西陣】

昨年外装とメニューをリニューアルしさらにパワーアップした西陣エリアの昭和喫茶店。ノスタルジックな雰囲気はそのままに、そのくつろぎは温故知新。
【京都パフェ巡り】大満足のBIGサイズ☆パティスリーメイドの絶品パフェ★シュハリ【松井山手】

【京都パフェ巡り】大満足のBIGサイズ☆パティスリーメイドの絶品パフェ★シュハリ【松井山手】

女性に人気の松井山手のおしゃれカフェ。こちらでいただけるビッグなパフェは上から下までチョコ三昧。ショコラの季節の到来に相応しいパティスリーメイドの創作パフェは味もボリュームもデラックスです。
「静かな活気」を感じる時代に流されない場所☆みんなが創る癒しカフェ「逃現郷」【京都・西陣カフェ】

「静かな活気」を感じる時代に流されない場所☆みんなが創る癒しカフェ「逃現郷」【京都・西陣カフェ】

西陣エリアでは代表的で特別な存在のカフェ「逃現郷」さん。8時から24時という営業時間はこの手のカフェとしては驚異的ですね。みんなに愛されるサードプレイス。こういうお店は今も昔も頼りになる存在です☆
お茶目なマスターとエンジョイカフェタイム★Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジ)」【北野天満宮】

お茶目なマスターとエンジョイカフェタイム★Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジ)」【北野天満宮】

とにかく陽気なマスターさん。異文化コミュニケーションしながら秀逸なコーヒーメニューとオージーメイドな フードメニューに舌鼓。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen