2019年8月7日 更新

京都三条の昭和レトロ感溢れる大衆食堂「生そば 常盤」

三条寺町角にある創業は明治の老舗大衆食堂「生そば 常盤」でランチを頂いてきました!夕方までの通し営業なので遅めのランチにも重宝します。

三条寺町の昭和感溢れる大衆食堂

 (160344)

三条寺町角にある古くからある大衆食堂「常盤」
創業は明治11年という老舗。見るからに老舗感が漂っています。
 (160346)

すっかり少なくなった食品サンプルもこの通り。
いい味だしています。
 (160345)

店頭の看板はそば推しでしたが、定食メニューもたくさん。
焼き魚やおかずがセットになった人気の和食定食。
 (160347)

日替わり定食もあります。
この日は唐揚げ定食とクリームコロッケ定食でした。
 (160348)

店内ももちろんレトロ色全開、まさに平成でもなく昭和食堂。
このテーブルセットだったり、壁掛けテレビも懐かしさ満点です。
 (160637)

こちらは麺類のメニュー表。
一般的な麺メニューはほぼ網羅しているんではないでしょうか。
 (160638)

こちらは定食やどんぶりもの。
カレー天丼やにしん定食といった変わり種も。
カツライス、ビフカツなどの洋食メニューもあります。

ほっこりする味わいの定食

 (160349)

麺類から定食、どんぶり、洋食までメニューが豊富すぎるので、困ったときの日替わり定食に。
この日は唐揚げ定食(780円)に。
メインの唐揚げとサラダ、冷奴、小鉢、お蕎麦、漬物、多めのご飯、そしてふりかけがセットに。
ご飯は小にすると50円ひいてくれます。
 (160350)

メインの唐揚げは、大き目で食べ応えあり。
唐揚げと竜田揚げの間のような仕上がりで、サクッとクリスピーなのが特徴的。
下味もバッチリで美味しい唐揚げでした。
 (160351)

小鉢には冷奴ときんぴらごぼうという、大衆食堂ならではの安心感のあるチョイス。
なんだかホッコリします。
 (160352)

お蕎麦推しの食堂なので、お蕎麦も定食の一部に組み込まれています。
素朴で安心する味わいのお蕎麦。大衆食堂のお蕎麦はこうでないと!
 (160353)

年季のはいった卓上調味料も健在。

界隈に和洋中華など、色んなお店がありますが、
なんだか安心する街の大衆食堂です。アットホームなお店で心も体も満たしてください。

クチコミでの評判

基本情報

住所:京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町523
電話番号:075-231-4517
営業時間:[月・火・木]11:00~16:00 ※祝日の場合は~20:00
     [金・土・日]11:00~20:00
定休日:水曜日
関連サイト:http://www.geocities.jp/masamasa1974/tokiwa.html

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】二条城スグの創業80年余の老舗蕎麦!メニュー豊富で有名人もご贔屓「更科」

【京都ランチめぐり】二条城スグの創業80年余の老舗蕎麦!メニュー豊富で有名人もご贔屓「更科」

おおきに~豆はなどす☆今回は二条城スグの場所にある老舗蕎麦。豊富なメニューと通し営業、さらにデイリー使いにも最適なお店。有名人もご贔屓にする有名店。
京都1との呼び声も!祇園にたたずむ老舗蕎麦店の絶品親子丼「権兵衛」

京都1との呼び声も!祇園にたたずむ老舗蕎麦店の絶品親子丼「権兵衛」

祇園にたたずむ老舗の蕎麦店「権兵衛」。有名人のファンも多い人気店ですが、お出汁が効いた親子丼が評判ということでいただいてきました。
【京都ランチめぐり】寺町通に創業100年以上続く老舗蕎麦!とろける舌触りの季節限定冷やし穴子蕎麦☆「更科」

【京都ランチめぐり】寺町通に創業100年以上続く老舗蕎麦!とろける舌触りの季節限定冷やし穴子蕎麦☆「更科」

丸太町通から寺町通下る。キレイな店構えながら、創業100年余のお蕎麦屋さんの老舗。いつも前を通りつつ未訪。たまたま近くを通りかかり入店することに。
【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

地下鉄丸太町駅から少し南へ。渋い昭和風情をかもすお蕎麦屋さん。創業昭和5年の老舗。中でも、「キーシマ」と呼ばれるここの名物そばを求め、行ってきました。
【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

三条堺町にある明治38年(1905)創業の老舗のお蕎麦屋さん。この日はランチタイムを逃して難民になり、通し営業しているこちらへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン