2021年8月24日 更新

抜群のくつろぎスペースでカフェタイム☆エースホテル京都【烏丸御池】

烏丸御池、新風館の施設の一部「エースホテル京都」☆ゆったりとしたロビーラウンジのフード・ドリンクを担うのは「スタンプタウンコーヒーロースターズ」☆もちろん一般利用OKです☆

誰でも利用出来る極上スペース

 (211041)

新風館のリニューアルに合わせてオープンした「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」。

2020年6月オープンで1年を経過しましたが、続くコロナ禍の中、想定されていた賑わいとは程遠い状況だろうと思います。
逆に醸し出される落ち着いた雰囲気は、地元京都の方にとってはある意味ありがたい事。
この伸びやかで広がりのあるロビーはとても気持ちのいい空間です。
 (211037)

ロビーラウンジのフード・ドリンクを担うのは「Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウンコーヒーロースターズ)」。

エースホテルとは長年のパートナーでもあり、京都でのこの組み合わせも何の違和感もありません。
海外初出店で日本ではここ京都だけのお店です。
 (211035)

本来はホテルのロビーフロアとして、もちろん宿泊者対応ためのスペースでもありますがカフェ利用はOKです。

隈研吾氏が監修する高い吹き抜けの空間に木材を使ったデザイン。
凄く贅沢な空間です。
 (211040)

Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウンコーヒーロースターズ)

 (211052)

スタンプタウンコーヒーのショップはこちら。
ロビーの一角にコーヒーポットがデザインされたタペストリー。

ここがカフェなんだとひと目で分かる、いわゆる看板でなくこういうサインの出し方がお洒落です。
 (211043)

ちょっとクラシックな雰囲気のカフェカウンター。

クールさとは対局の、温かみを感じさせます。
 (211042)

テイクアウト用のカップか、店内利用前提のグラスかを選べます。
席の埋まり具合を考えて選びましょうか。
写真はコールドブリューコーヒー。
 (211051)

コーヒーはエスプレッソかエアロプレスで抽出。
ドリンク以外は焼き菓子系。
豆や、マグカップなどのオリジナルグッズも販売されています。
 (211039)

 (211044)

外側のこういうスペースも何気に良いですね。
 (211045)

 (211046)

ギャラリースペースではちょうど天野タケルさんの展示。
 (211038)

この場所を知らない方にとっては、ここで紹介した「新風館」「エースホテル京都」「スタンプタウンコーヒー」はどういう位置関係なのかは分かりにくいでしょうね。
要するに同じ敷地内の施設です。

その中のちょっと贅沢なスペースの紹介という事で。
京都ではかなり感度の高いとされる場所です。
折角だから全部楽しんでみて下さいね。

基本情報

■店舗名    Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)

■住所     京都市中京区車屋町245−2 エースホテル京都 1階

■電話番号   075-229-9000

■営業時間   9:00〜19:00

■定休日    なし

■駐車場    なし

■詳細ページ  https://www.stumptowncoffee.com/pages/locations-kyoto-ace-hotel


※ コロナ禍対応のため、特別な営業時間に変更されている可能性があります。
 ご訪問の折にはホームページ等のご確認をお願い致します。
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事